正社員になった直後に「妊娠発覚→育休」。それって迷惑?

話題

Kido

ワーキングマザー「」によると、育休(育児休暇・産休)制度を設ける会社は、従業員500人以上のいわゆる大企業で99.9%と、ほぼすべての会社が導入しているそうです。小規模の会社も半数以上が制定しており、もはや出産で会社を長期休暇することになんら周りの目を気にする必要はない時代になってきました。喜ばしいことだと思います。

 

ところが、昨年末、読売新聞の悩み相談サイト・発言小町でこんな書き込みが話題を集めました。「」と題されたこの書き込みは瞬く間にネットに拡散。好意的な意見も散見されるものの、批判的なコメントが多数寄せられ、それがさらにネット記事になる……一個人の相談にネットの住人が非難を浴びせるという、まさに異常な事態に。

 

相談の内容は、

 

「派遣社員から正社員に昇格した直後に妊娠発覚。正社員昇格の時も結婚の有無を報告しておらず、会社から厳しく窘められたばかり。今度は妊娠などとはとても言えない……。自分は非常識なのか? 辞めるべきか? ただ、本音では働きたい……。」

 

要約すると、そんな相談でした。

 

これに、「相当いい加減ですね」「周りは辞めて欲しいと思ってますよ。なんで今妊娠しちゃうの。迂闊すぎます。」と、早速、非難のコメントが寄せられたという訳です。

 

■相談者は本当に「非常識」「周りに迷惑をかける存在」なのか?

筆者は、このサイトで仕事とは?ということを常々書いています。基本的なスタンスは、「人として常軌を逸したこと」や「法律違反」をしなければ、どんな仕事の仕方、ゆくゆくは生き方をしても良い……と考えています。

 

なぜならば、同僚や仲間に迷惑をかける生き方はそれなりにデメリットもあります。しかし、気を使ってばかりが人生ではありません。美辞麗句を並べる職場の仲間や、テレビで大言壮語を多用する専門家があなたの人生を救ってくれるのか?と言えば、答えは否です。

 

もちろん、人に迷惑をかける生き方をすれば、それなりに制裁もあります。人に尽くす人はそれなりの施しを受ける場合もあるでしょう。しかし、自分らしさを失うまで、気を遣いすぎるのは考えものです。

 

そこで、今回の発言小町で一躍「非難される人」になってしまった相談者は、常軌を逸した人なのでしょうか?

 

筆者は、自信をもって「否」と答えたいと思います。

 

そもそも、職場は何のためにあるべきものでしょうか? それは、生活や自分の人生のためです。会社を成長させるために働いているという意見は間違ってはいませんし、ある側面では筆者も賛成です。しかし、それが最終目的ではありません。

 

チーム一丸となって仕事を頑張ること。それは、各々の生活を向上させるために行っている「手段」のひとつです。つまり、幸せな人生が送れない仕事は、もはや奴隷か、現代的な言い方をすれば単なるワーカホリックでしかないのではないでしょうか?

 

妊娠や結婚。それは、多くの人が人生で経験する通り道。そのチャンスに恵まれた人は、祝福されてしかるべきであって、仕事に自分の幸せを振り回される必要はないのです。加えて、結婚や妊娠は、タイミングの問題があり、いつでも思い立った時にコントロールできるものではありません。また、コントロールすべきものでもないでしょう。従って、どのようなタイミングであっても職場より、結婚や妊娠が優先されるべきです。

 

 

■では、結婚未報告、正社員直後の妊娠は許されるのか?

ところで、この相談には、2つのトピックが書かれています。それは、「正社員になるときに結婚しているという報告をしなかった」と、「正社員化直後の妊娠」。

 

この2つは、異なる話題です。ごっちゃにして考えてしまうと、余計に感情的な回答しかできないような気もします。

 

まず、雇用転換の直後に妊娠。これは、先ほどお話しした通り、全く非難されるべきではありません。では、もう1つの「正社員になるときに結婚している報告をしていなかった」はどうでしょう?

 

確かに、この点は会社なりに言い分もあるでしょう。将来の人員計画がくるってしまう。会社のルールから逸している。これは、正論です。

 

しかし、では、何でも報告すれば良いのか……。そうでもないと思います。

 

今、国を挙げて非正規社員の雇用転換を支援する動きが、法改正なども含め話題になっていることをご存知かと思います。実は、筆者も非正規から正社員への道を得た一人です。

 

しかし、正社員への道は非常に厳しいものでした。一度、いわゆる派遣社員を経験すると、世の中が「所詮、派遣社員」という目線で見るようになり、いくら正社員同様の仕事をしていても認められないのです。契約更新の度に、いつ仕事を失うか。とびくびくしていた記憶があります。

 

加えて、出産適齢期の女性の場合、未だに「将来は妊娠して会社を辞めるだろう」とみられがち。もし、この相談者の人事担当者が本当に「将来の人員計画がくるう」という理由で、未報告であったことに憤っているのであれば、まさに「彼女は将来辞めるのだから正社員化したくなかった」と言われかねない事態です。

 

加えて、オリジナルの相談内容を見てみると、

 

社員昇格の件は会社から直接言われ、やめるか正社員になるかという選択をその場で求められました。

 

と吐露しています。つまり、正社員を急ぎ求めていた訳で、会社にもそれなりに都合があったのです。その上で、結婚していることを報告していないことに憤るというのは、いささか一方的すぎるのではないでしょうか?

 

また、チャンスがあるのであれば、報告しないリスクをおかしたものの、それに挑戦した相談者を筆者は非難したくない。そう思います。

 

 

■結局、最も罪が重いのはネットで非難している人々

この相談者が、無事に育休が取れ、将来、復職ができるのかは誰にも分かりません。ダメ元で会社に掛け合ってみるしかない……とは思いますが、この話題を見た時に最も違和感を覚えたこと。それは、ネットで彼女を非難している人たち。

 

人に迷惑をかける。周りはよく思っていない。なとど、否定的な意見を述べているようですが、では、あなたが無事、天寿を全うするまで、仕事をして、お金を作り、そして生きてゆく過程において、迷惑を掛けずに生きてゆけますか?

 

自分の生活に余裕があり、特に懸念無く毎日を過ごせる方は、ぜひ、周りに気を使い、そして尽くすべきでしょう。しかし、もし、今、正社員のチャンスを断ったら? 出産を仕事のために先延ばしにしたら? 幸せのチャンスが逃げてゆく可能性だって否定できません。そんな選択に迫られた人に、「人の目を意識して行動しなさい」とはとても言えません。いや、むしろ、そんなことを言う方が無責任です。

 

なんだか、わだかまりだけが残ったニュースでした。

関連記事