ある東大出身芸能人の発言で考える。勉強さえできれば医師になれるのか?

ビジネス

citrus たむこう38

つい最近TVで東大出身の芸能人が話していることで気になることがあったんで、とりあげます。テーマ的には「学歴は必要か否か?」というのがメインテーマで、東大卒の芸能人とそのほかの芸能人が議論するみたいなものでした。

 

そのなかでとある東大出身の若い女性レポーターが、「最近興味があることとして医者」とかいってました。現在27歳でもうすぐお子さんが生まれるとかいう境遇の人でしたね。

 

まー、それはいーんだけどさ。その理由がきらーくに「いや、バイト代もすごいし、手に職つけようかなーと思って」みたいに言ってましたね。ようするに「なろうと思いさえすればいつでもなれる」。そーんなかんじでしたねー……。

 

「ばーーーーーか!!」ってかんじ(……ちょっと大人げないですけどね)。その場にいたら「大笑い」するか「どつく」かどっちかだったでしょうね。

 

で、実際「勉強さえできれば医者になれるか?」……「おそらく無理です」。というか「ぜーったい無理です」。

 

ただし正確にいうと「ライセンスはとれるけど医者にはなれない」ということです。

 

まず「医学部に受かること」。これは「ある程度以上勉強ができて」「ある程度以上経済力があれば」何とかなります。今はデビューするのに「学生生活6年」+「研修医2年」はどんなに急いでもかかりますから。その間何とかする財力と勉強する学力は必要です。

 

ちなみに「医学部に入るまでの学力」はなんの参考にもなりません。「医学部6年間の勉強」はまたまったく新しいことを勉強します。でもほかにも「ご遺体の解剖を夜遅くまでしたり」「実習であちこちの病院を回わったり」、本読んで勉強している以外に、山ほどすることがあります、体力もがっつり必要です。

 

次には国試となります、まぁこれも頭脳があれば何とかなるかも知れません。しかし天下の東京大学でも国試は落ちる人はいます。「落ちたのは数人だけ、合格率99%」……とか言っても「受験者数も100人」とかしかいませんから、そのうちの数人って結構インパクト大きいですよ。でも、まあ何だかんだ言っても、「頭だけ」で何とか国試突破まではいけるでしょうね。

 

 

でもそれは「ようやくスタートラインにたった」ということ。「医者になるのは実際には国試を受かって、ライセンスを手に入れたところが0」なんです。そこからスタートで、ゴールじゃまったくありません。

 

私の経験ではそこから一人前になるには「20年」必要だと思います。そこまでいかなくとも「プロとして診断料をいただける価値を持つまで」で「10年」が必要かと思います。ということは「医者になるまで最低16年」必要です。しかもそこまで「進歩し続けることが大前提」です、ぼーっとはしていられません。

 

ていうことは今27歳の人が医者になり、お金をちゃんともらえるようになるのは、最速で「44歳」ということになります。そこまでいかなくとも「学生生活6年+研修医2年」だけと考えても「36歳」になります。

 

でもそもそも「医者を雇う側」からすると「医者になったばかりの研修医」なんて雇いません。「それなり以上の経験や実力」がある医師にお金を払って雇うのです。今や医者はたくさんいますから、雇い側もしっかり選びます、実力いかんです。だから何にもできないひよっこに大金をはらう医療機関は今や絶対ありません。

 

勘違いしないでほしいのは、もちろん「東大出身で優秀な医者」はたくさんいます。私も沢山そのような知人を知っています。でも彼らは東大だから優秀なのではありません。優秀な医者が東大出身だったというだけです。「ばかだ大学」出身でも「東大」よりも優秀な医者もいます。

 

実際医者の世界ではほとんど「出身大学」は話題になりません。しかも少なくとも「出身大学を聞いてみて目の色を変える」とかありません、100%ないです。むしろ「今現在どのくらい実力があるか?」。これしか興味がないのです。出身大学なんて何の意味もないのはみんなわかってますのでね。

 

 

これは「医者の世界に限らない」話ですが、「過去の話をしているようじゃダメ」ですね。それより「今」ですよ「今」。「今自分は何をしているのか? 何をできているのか?」。それを胸張って話せるようになっていなければだめですね。むしろ「良い年して遠い昔の出身大学を自慢している」なんてある意味「哀れ」にみえてしまいます。「それしか自慢できるもんないのかよ?」ってかんじ。

 

まー、ひがみなのかもしれませんが、「あほあほ大学」出身の私ですが、根性根気が売りでここまで来ましたが、今していることは胸を張って誰にでも言えます、たとえ「小さな世界」なのかもしれませんが。「自分の手の届く範疇ではフルパワーで医療活動をしている」と、声を大にして言えます。

 

別に東大出身京大出身の医師と話す機会があっても、全く負けてる気もしません、なんの恐縮もありません。「多少勉強ができる」なんてことより「根性根気、あきらめない気持ち」これのほうがはるかに大事ですから。

 

あ、はじめの「東大出身の芸能人さんたち」ですけどね、もちろんTV上の演出もあるし、編集もあるでしょうが、もしちょっとでも本気で彼らが思ってるんであれば言ってやりたいですね。

 

「医者なめんじゃねーよ」。というか、「あんたら今なにやってんの? 東大出たとか言ってもそのレベル? 出身大学の話なんかしてねーでもっと売れてみろよ」といってやりたいですね。「なりたくてしょうがなくて、なんとかなれた一医者」としてはめっちゃ腹立ちました。

 

……はぁはぁ、すいません、ヒートアップしすぎました。と、いうことで「頭脳より根性根気」というお話でした。

関連記事