僕たちの、美しき女神たち──#43 木村好珠さん(精神科医)

ライフスタイル

医大生時代に「ミス日本」準グランプリを受賞。的確なアドヴァイスをくれ、“安心して話せる”木村好珠さんこそ、美人名医にふさわしいかもしれない。

 

 

木村好珠さん(医師)

 

パーソナルデータ
年齢:27歳

 

誕生日:1990年2月28日

 

出身地:東京都

 

血液型:O型

 

身長:165cm

 

靴のサイズ:24cm

 

住まい:港区

 

趣味:スポーツ観戦(特にサッカーと相撲)、釣り、サバゲー

 

特技:ピアノ、テニス

 

性格:好奇心旺盛

 

よく行くお店:本屋、カフェ

 

よく聴く音楽:Bruno Mars、Ed Sheeran、DJ Khaled

 

好きな男性有名人:Leroy Sané(マンチェスター・シティ)、David Silva(マンチェスター・シティ)、Paulo Dybala(ユヴェントス)

 

個人的に、いいイメージの企業:amazon

 

好きな言葉:「努力して損することはない」 父が語ってくれた言葉です

 

好きな色:赤、ターコイズブルー

 

好きなビーチやリゾート地:ハワイ、イタリア

 

好きなファッションブランド:Mila Owen

 

好きなバッグのブランド:CHANEL

 

普段使っているコスメブランド:MACが好きですが、プチプラも多いです。特にVisseのリップは発色よくてオススメです

 

週末の過ごし方:サッカー観戦

 

お酒はどのくらい飲めますか?:飲む時はかなり!みんなで楽しい雰囲気は好きです♪

 

GQ JAPANの印象:とにかくオシャレ! それでいて、その時代のトピックをしっかりクローズアップしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■友人との別れが彼女の運命を変えた

 

Photos: Tomoya“TANY”Taniguchi 
Hair & Make-up: Ryo Matsuda @ Y’s C Words: Aoi Itabashi

 

8年前、「現役医学生アイドル」として注目を集めた美女がいた。

 

ミス日本コンテストで準グランプリを獲得し、ミスマガジンではファイナルに進出。その華あるルックスと知性あふれる発言で、グラビアからテレビ、ラジオに多く露出した木村好珠さん。しかし、医師免許取得へ向けて学業に専念することに。

 

そして現在、研修医も終え、晴れて「美人女医」の資格を持った彼女は、自身の大きな目標に向かって突き進んでいる。

 

「昔から勉強が好きで、将来は理系に進もうと思っていました。その頃友人が病気になり、何もできない悔しさから医師になろうと思ったんです」

 

しかし、医者になるのはそう簡単なものではない。医学部に入学したまでは良かったものの、入学後も勉強や実験漬けの日々、さらには国家試験、卒業試験と毎日の睡眠は3時間程度も珍しくなかったそう。

 

「いろいろな勉強や研修を得て、精神科で人の生き方を支える医者になりたいと思いました。今の時代、鬱病も増えてきています。医者として、命を救うことの素晴らしさを知った上で、生きていこうと前向きになれるサポートがしたいです。医者は一生勉強です。日々経験を積むことで勉強しながら、現在は海外での勉強も視野に英語も文法から学び直しています」

 

 

■ようやく見つけた最高の専属トレーナー

 

驚くほどの苦労を重ねながらも心折れず、医者として一歩一歩進む彼女には大きなゴールがあった。

 

「私の心の支えはサッカーで、中学生の頃から欧州リーグの観戦が楽しみでした。今も変わらず、休みの日は昼間はスタジアムへJリーグ観戦に、深夜は欧州サッカーを多いときには三試合観ているほどです」

 

「日本選手と海外選手のメンタル力の違いや、メンタルケアへの大切さなどを医師の立場として考えて、将来はスポーツの選手候補になる子供達のメンタルケアに携わりたいです。やはり子供のうちからメンタルを鍛えるのがいちばん。それは、たとえスポーツを辞めても必ず将来役に立ちます」

 

そう多くのビジョンを語る彼女の瞳はキラキラと輝いていた。まさに才色兼備、かつ自分をしっかりと持つ。

 

周りの医者や患者さんが放っては置くはずがない。

 

「休みはサッカーを1日中観たりして引き篭もっているので、恋愛から遠ざかる一方で……」

 

「でも、もしマンチェスター・シティのレロイ・サネが結婚してくれるって言ってくれたら、今すぐにでもイングランドに行きます!」

 

理想の結婚相手にサッカー界の新星を指名するあたりは、さすがの欧州サッカーマニア。

 

どんなに心が苦しいときも、美しさとチャーミングさ、知性を兼ね合わせ、良き理解者として寄り添ってくれる彼女がいてくれたら、どんな難関でも突破できるだろう。

 

さて、彼女を生涯専属のメンタル・トレーナーに射止めるのは誰だろうか? 僕たちもメンタルを鍛えて立候補したいところだ。

 

恋愛観


好みの男性像:落ち着いてる人、笑顔でいてくれる人

 

好みの異性の仕事・業種:どんな仕事でも新しいことに色々自分で挑戦していっていれば問題ありません!

 

男性の好きなファッション:シンプルなものが好きです

 

スーツの男性は好きですか?:好きです。ストライプが入っているのがいいかな

 

男性が乗る好きなクルマ:ポルシェ カイエン, BMW X5

 

男性がつける好きな時計:BREITLING

 

好きな相手がとても仕事が忙しかったら、あなたはどうしますか?:仕事を頑張ってほしいです。待っていていいのなら、彼の家でご飯をつくって待ってます♡

 

男性の身体のパーツで見るところ:大臀筋

 

ドキッとする告白のシチュエーションと言葉:2人きりの車の中で、ストレートに好きですって言って欲しい

 

お金を気にしないでいいなら、最高に贅沢なデートプランは?:海外のコテージで静かにゆったりしたい♡

 

今年のお誕生日はどうすごしましたか?:焼肉食べて、カウントダウンしてもらいました!

 

今までのプレゼントで一番嬉しかったものは?:可愛いって言っていたネックレスを覚えててくれた。手紙をつけてプレゼントしてくれました

 

今までのプレゼントで一番困ったものは?:ないです。好きな人がくれたものは、なんでも嬉しい!(笑)

 

彼氏からもらうバースデープレゼントの妥当な金額は?:その人にお任せします

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Read more!