【料理写真】プロが伝授! ミラーレス一眼で料理をおいしく撮るウラ技とは?

ライフスタイル

スマホで撮影した料理をSNSやブログにアップしている方も多いのでは? その一方で、イマイチおいしそうに見えない、「いいね!」があまりつかない、なんて嘆いている人もまたかなり多い昨今。料理をおいしそうに撮るのって、意外に難しいですよね。

 

そんな迷える子羊たちに朗報! 今回から数回にわたって、「食楽」はじめ数々の料理雑誌で活躍しているプロカメラマン・鵜澤昭彦さんに、デジタル一眼を使って料理を「おいしく」「きれいに」「おしゃれ」に撮影するテクニックを伝授してもらうことになりました。スマホでの撮影にも使えるテクニックが盛りだくさんですよ!

 

 

■1限目 構図のはなし

 

人物を撮影する際、被写体となる人の表情やアングルって気になりませんか? 実は料理だって同じ。撮影する角度やアップ度合いによって随分と表情が変わってくるんです。

 

 

まずはこちらのショートパスタ。遠目からお皿全体を撮影したものですが、何か物足りないと思いませんか? それは表情がよく分からないからです。

 

そこで次の写真ではお皿の縁がきれるまでアップにして撮影してみました。

 

 

どうでしょう。撮影する角度を低めにしアップにするだけで、立体感が出て随分おいしそうに見えますよね。料理を見る視点を低めにしてアップにすると、パスタに当たった光や影がはっきりわかり、そこに表情が生まれてきているのが確認できます。

 

では次の写真を見てみましょう。

 

 

多少引きめにし、お皿を画面の中心から少しずらして、お皿の縁を切るように撮影してみました。臨場感という意味では先ほどの写真にかないませんが、お皿の脇にあるフォークと相まって動きが感じられます。これからこのパスタを食べるんだというストーリーが生まれます。

 

それではもう一品。男子が大好きガッツリ系の代表としてカツ丼を用意しました。

 

 

■高さのあるカツ丼を美味しそうに撮るには?

 

 

これはこれでカツ丼の全体がよくわかり、丼の高さも出ていて十分においしそうなのですが、

 

 

さらに拡大すると、玉子の半熟部分のふわとろ感が見えてきます。思わずがっつきたくなります。どちらの写真がより食欲をそそりますか?

 

なお、料理の中にはカツ丼のように中身がよく見えないものも多くあります。

 

そこで登場するのがご存じ「箸上げ」や「スプーン上げ」「フォーク上げ」といったテクニック。

 

 

 

箸上げした部分にピントをあわせると、被写体とレンズが近いので、たとえ絞りを絞って撮影していたとしても、ピントが浅めになり、上のようなボケ味のある写真が撮れます。

 

 

■薄いピザをおいしそうに撮るためのウラ技!

 

“目線を下げて料理の立体感を出す”というテクニックは、ピザなど扁平で表情が出にくい料理を撮影する際にも効果的です。

 

 

 

真俯瞰から撮影するとInstagram風に。

 

 

ちょっとオシャレに見えませんか?

 

これまでは単品料理の撮影テクニックを見てきましたが、次は定食やコース・セット料理の場合のテクニックをご紹介します。

 

 

■定食をもっと上手に撮影する方法
 

 

おなじみ生姜焼き定食。全部の皿を収めようとすると、どうしても表情が乏しくなり、あまりおいしさが感じられません。昔、宿のパンフレットなどでよく見かけた料理の集合写真がその典型ですね。

 

ここで大切なのは、主役となる皿を決めること。この場合はもちろん「生姜焼き」となります。

 

では生姜焼きが主役になるように、お皿の位置を動かしてみましょう。

 

 

生姜焼きを画角の中心に置いて向きを変えてみました。これだけでも随分と雰囲気が改善されます。

 

もっとお皿の位置を変えてみましょう。

 

 

生姜焼きの主役度が増し、写真に力強さとはっきりとした意志が感じられます。

 

今度は、左下に茶碗を入れて前ボケ部分を作り、さらに視線が定食のプレート上にひきつけられるようにしました。

 

 

他の皿が、画面に少しでも残っていれば、主題である生姜焼きをアップにしても、定食感は十分出てきます。複数の料理が上手く撮れない場合は、このようにお皿の位置を入れ替えたり、縁をカットすることで解決することが多いですよ。でも料理は食べるもの。あまり撮影にかまけ過ぎず、出来たてのアツアツを楽しんでくださいね。

 

以上、「構図のはなし」いかがだったでしょうか。

 

まずはいかに写真で料理の表情を表現するかを主眼において、さまざまな料理で実践してみましたが、実はこの「表情」を作り出すのに欠かせないもうひとつの要素が「光」です。

 

そこで次回はいかに「光」を味方につけるか。そのテクニックを中心にお届けします。

 

(文:編集部 撮影:鵜澤昭彦 料理・スタイリング:みなくちなほこ)

関連記事

Read more!