「パソコンを使えない、電話応対が苦手な若者」に思う、教えずにできる仕事はないということ

若い世代でパソコンを使えない人が増えているという新聞記事がありました。スマートフォンの普及や、親・学校のパソコンへの理解不足、経済的に苦しい家庭が増えていることなどが原因と考えられるとのことで、IT企業でさえも使えない新入社員がいて困っているケースがあるそうです。

 

若者向けのパソコン講座を運営している団体によると、「学生時代までスマホだけだったため、パソコンのキーボードに不慣れで、エクセルやワードを使ったことがない人が増えている」「LINEばかりを使っていて、ビジネスメールとのギャップが大きい」ということで、就労のためにも技術習得の必要性が高まっていると言っています。

 

私がこの記事を見た時に思ったのは、特に不思議な感じや驚きもない、最近ではごく当然で普通のことで、若者たちがみんなパソコンが得意で使いこなしているというのは、思い込み以外の何物でもないということでした。

 

そもそも、若者にパソコンの使い方を教える必要がないと考えるようになったのは、いつから始まったことなのでしょうか。

 

私の時代の経験で言えば、新卒で入社したのはIT系の会社で当初の職種も技術職でしたが、学生時代はコンピューターなどさわったこともなく、それに関係する授業を何回か受けたのみという状態でした。当時はその程度の人がほとんどでしたから、みんな仕事をするために相当基礎的な知識から研修を通じて学んでいきました。

 

その後、世の中の技術はどんどん変わっていきますし、入社してくる人たちの知識や経験のレベルも変わっていきますから、それに合わせて教える内容は変わっていきます。

 

確かにパソコンの普及は進み、それなりに使いこなす人が増えてきたことは間違いありませんから、教える内容もそれに合わせてアレンジしてきたと思いますが、さらに時代が進むことで、今度は日常でパソコンを使う機会がなくなってきた訳です。

 

 

ですから、昨今の若者のパソコンスキルのことも、時代に合わせてこれと変わらない認識で対応すれば良いだけのように思いますが、それがなかなかそう考えられず、愚痴の一つも言いたくなる理由は何となくわかる気がします。

 

それは、例えば技術スキルのように時代とともに進化していくものについて、教える内容は古いものを捨てて新しいものを取り入れるような、新陳代謝をさせていくものがほとんどです。電卓をそろばんに戻すというような、時代をさかのぼる流れはありません。

 

ただ、若者のパソコンスキルについては、これまで徐々に教える必要がなくなってきたことを、またあらためて扱わなければならなくなってきたということで、そこに退行現象のようなことに対する抵抗感があるのではないかと思います。

 

以前書いたことがありますが、があります。携帯電話の普及で、電話機は一人一台のパーソナルなものになり、家の電話にかかってくるのは用がないセールスの電話くらいで、他人にかかってきた電話を取り次ぐという経験自体が、ほとんどなくなってしまっていることが大きな理由の一つと思われました。

 

これについても、現場ではずいぶん嘆きの声を聞きましたが、この時の様子と似ている感じがします。教えなくて済んでいたことを教えなければならないという、後ろ向きなことに対する抵抗感です。

 

しかし、電話応対もパソコンも、本人に経験がなく、仕事には必要なのだとすれば、それは教えるしかありません。「今さら……」と思っても、それはやるしかありません。

 

原点に戻って考えれば、やはり「教えずにできる仕事はない」ということなのではないでしょうか。

関連記事