意外に知られていない! 万能食材「玉ねぎ」の美味しい「皮」の使い方

ライフハック

citrus 味博士の研究所

■玉ねぎの「皮」にも使い道があった!

 

あなたの台所に必ずある食材の一つと言えば玉ねぎでしょう。単品で主役として食べても良し、様々な料理の補佐役として料理を彩るも良し。そんな万能食材です。

 

ところで、玉ねぎの皮の部分はどうされていますか? 多くの方は捨ててしまっていると思いますが、実は玉ねぎの皮は、“ある意外なもの”に変身するんです。

 

ここでは意外に知られていない、玉ねぎの皮についてご紹介したいと思います!

 

 

■玉ねぎの皮は飲みやすいお茶になる

 

驚くことに、玉ねぎの皮からはお茶を作ることが出来るのです!

 

作り方はとっても簡単な3ステップ。

 

 

●(1)玉ねぎ1つ分の皮をよく洗って乾燥させる

●(2)500mlの水を沸騰させて、乾燥させた玉ねぎの皮を入れる

●(3)10分ほど煮出して、お湯が淡い茶色に染まったら皮を取り出して完成

 

香りとしてはまさにオニオンスープです。そのまま飲むと少し苦いのでお水や白湯で薄めて飲んでください。薄めて飲むと、そのオニオンスープのような強い香りが、ほのかな玉ねぎの香りに変化して、非常に飲みやすくなります。

 

 

■寒い時期にこそ飲む意味がある

 

「そんなオニオンスープもどきをわざわざ作る意味はどこにあるんだ!」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

実は玉ねぎの皮には「ケルセチン」という物質が含まれています。こちらはポリフェノールの一種で抗酸化作用を持ち、血行を良くしたり脂肪の吸収を抑えたりする働きがあると言われています。何かと手足が冷えがちで、たくさん食べてしまいがちな寒い季節にはぴったりのお茶なのです。

 

あなたもぜひ、この冬は玉ねぎの皮茶を試してみてくださいね!

関連記事

シェア
ツイート
送る