嵐メンバー5人は? 有村架純は?──2017紅白歌合戦の衣装をプレイバック!

エンタメ

第68回NHK紅白歌合戦が12月31日にテレビ放映された。出場歌手46組、司会者、ゲスト審査員らの華やかな衣装の一部を、『GQ JAPAN』的視点で振り返る。

 

文・沖浦裕明(GQ)

 

左が二ノ宮和也着用のボッテガ・ヴェネタ2017-18年秋冬コレクション。右が有村架純着用のアルマーニ

大晦日の風物詩のひとつが紅白歌合戦。老若男女に親しまれる国民的なテレビ番組だけあって、出場歌手のパフォーマンスも特別バージョンやこの日だけのコラボレーションが毎年行われる。2017年は、NHKの朝ドラ「ひよっこ」の主題歌を歌ったソロデビュー30周年の桑田佳祐が横浜アリーナから中継ライブを行ったり、2018年9月の引退を発表している安室奈美恵が特別ステージを披露したりと、キャリアの節目を迎える大物歌手が勇姿を見せた。1年の最後の晴れ舞台に、出場歌手や司会者らの装いにも気合いが入る。特注コスチュームやハイブランドの最新アイテムが散見された衣装をここで振り返ってみたい。

 

二宮和也着用のボッテガ・ヴェネタ2017-18年秋冬コレクション / Photo: InDigital

大野智着用のボッテガ・ヴェネタ2017-18年秋冬コレクション / Photo: InDigital

昨年の相葉雅紀に続き、個人での白組司会を務めた嵐の二宮和也は、計6着の衣装を着用した。白組の「白」をコーディネートのポイントにちりばめたタキシードやジャケットスタイルが中心だった。そのなかで注目が、後半戦のスタート時から着用した首元と裾を白地に切り替えた黒ニットに蝶ネクタイを合わせた上品なカジュアル・スタイル。これはボッテガ・ヴェネタの17-18年秋冬メンズ・コレクションのランウェイで登場したアイテムだった。

 

同様に、嵐のメンバーはところどころで各々、ハイブランドのカジュアルかつ上品な装いを披露した。中盤の特別企画「夢を歌おう」では、出場歌手が揃って合唱する中で大野智が二宮と同じボッテガ・ヴェネタ17-18年秋冬コレクションの白いスタンドカラー・ブルゾンを開襟で着用した。

 

櫻井翔が着用したルイ・ヴィトン2018年プレ・スプリング・コレクション / Photo:ルイ・ヴィトン公式HPより

一方で、ルイ・ヴィトンのコーディネートも目立った。初出場の竹原ピストルの紹介に登場した櫻井翔はルイ・ヴィトン18年春夏のブラウン調のレザー使いが上品なヴァーシティ・ジャケットを、二宮の衣装チェンジの間に司会をアシストした相葉雅紀が同じくルイ・ヴィトン18年春夏のネイビーのPコートジャケットを着用していた。紅組と白組のコラボレーション企画で椎名林檎とトータス松本のデュエットをナビゲートした松本潤も、2018年春夏のトレンドに浮上しているハワイアンシャツの赤をルイ・ヴィトンからチョイスし、同ブランドのシティジャケットと合わせた。

 

松本潤が着用したルイ・ヴィトン2018年プレ・スプリング・コレクション / Photo:ルイ・ヴィトン公式HPより

松本潤が着用したルイ・ヴィトン2018年プレ・スプリング・コレクション / Photo:ルイ・ヴィトン公式HPより

有村架純着用のアルマーニ

有村架純着用のレッド ヴァレンティノ2018年春夏コレクション / Photo: InDigital

紅組司会を2年連続で務めた有村架純は計4着のドレスを着用した。オープニングでは、アルマーニの赤のベアトップドレスで登場。放送後半のスタートはレッド ヴァレンティノの18年春夏のシースルードレス姿に。その後ふたたびアルマーニの黒のイブニングドレスに着替え、最後はランバンの赤のワンショルダードレスでエンディングまでを務め上げた。

 

有村架純着用のアルマーニ

アディアム制作の衣装を着るPerfume / Photo: Perfumeスタッフの公式Twitter @Perfume_Staffより

特注の衣装もステージに花を添えた。10年連続出場のPerfumeは、メイン会場のNHKホールを飛び出し、渋谷セルリアンタワーの屋上で「TOKYO GIRL」をパフォーマンス。ペールピンクのパネル生地が風になびくオリジナル衣装だった。オープニングでは、アディアムの18年春夏と18年プレ・スプリング・コレクションのルックをベースに特注デザインした衣装を3人それぞれが着用した。

 

「TOKYO GIRL」披露時のオリジナル衣装 / Photo: Perfumeスタッフの公式Twitter @Perfume_Staffより

今年デビュー10周年で休養から1年半ぶりに復活したSuperflyの衣装は、スタイリストのShohei Kashimaが担当した。復帰後にベリーショートにイメチェンした越智志帆は、花柄のノースリーブドレスに同系色の黄・赤・橙、桃色の花柄をプリントしたオーガンジーを重ねた華やかなドレス姿だった。さらにカラフルな花が敷き詰められたステージで、代表曲の「愛をこめて花束を」を伸びやかに歌い上げ、復活を印象づけた。

 

「HAPPY」を紅白バージョンで披露した三代目J Soul Brothers / Photo: NHK紅白歌合戦の公式インスタグラム@nhk_kouhakuより

LDHアパレルの自社制作衣装で毎回力作を揃えるのがLDH所属組だ。今年は年間最多ドーム公演記録を樹立した三代目J Soul Brothersと、11人体制でリスタートしたE-girlsが出演。三代目J Soul Brothersは、銀のスパンコールに黒の英字デザインをちりばめたタキシードと側章パンツを7人全員が着用。

 

LDHアパレルの小川哲史社長が制作した衣装 / Photo: 小川哲史LDHアパレル社長のインスタグラム@satoshiogawa92より

歌唱後に紅白歌合戦の楽屋トークに出演するE- girls / Photo: NHK紅白歌合戦の公式インスタグラム@nhk_kouhakuより

反対にE-girlsは、11人全員が色とりどりでデザインも異なる別々の衣装姿で目移りするようなダンスパフォーマンスを繰り広げた。

 

初出場組では、デビュー30周年のロックバンド、エレファントカシマシがこだわりを見せた。ヴォーカルの宮本浩次は普段からN.ハリウッドのスーツを好んで着用するが、10年ぶりに大々的に衣装を新調したことを29日のリハーサル時の会見で明かした。当日は尾花大輔デザイナーが丹精込めて制作したスーツ姿で代表曲の「今宵の月のように」を熱唱した。

 

宮本浩次の衣装はN.ハリウッドの尾花大輔デザイナーの手による / Photo: 尾花大輔N.ハリウッド・デザイナーの公式インスタグラム@daisuke_obanaより

渡辺直美の主演ドラマ主題歌「キラキラ」で共演したAI / Photo: NHK紅白歌合戦の公式インスタグラム@nhk_kouhakuより

そのほかにも、渡辺直美とデュエットしたAIがグッチの18年プレ・スプリング・コレクションのトラックパンツを着用、ゲスト審査員では鈴木亮平がジョルジオ・アルマーニのスーツを着用した。

 

AIが着用したグッチ2018年プレ・スプリング・コレクション / Photo: InDigital

木村佳乃が着用したディオール2017年春夏コレクション / Photo: InDigital

また、「ひよっこ」で主人公の母親役を演じて会場に駆けつけた木村佳乃は、ディオールの17年春夏コレクションを着用していた。

 

歌合戦の結果は、得票数223万7644対143万2371で白組が勝利した。

関連記事