ノーマルタイヤで大雪にハマったとき、助けに来てくれるロードサービスはどこ?

 

先週の大雪では、筆者の自宅近辺の緩やかな坂道の途中に雪で動けなくなった車が多数、放置されていた。中でも目についたのは引っ越し屋のトラックである。雪道対策をしないまま遠い場所から横浜近辺に来て大雪に遭遇。チェーンを買おうと思ったけどもう時すでに遅し。全部売り切れ…という状況だったのかもしれないが、今回の雪は数日前から「大雪注意」と予報が出ていた。プロドライバーなのだからもっと天気予報や降雪の情報には敏感になるべきではないかと思う。

 

 

さて、今回はそんな大雪+夏タイヤでスタックした場合、JAFや自動車保険に付帯されるロードサービスは助けに来てくれるのか?という話である。簡単に結論から書いておこう。

 

○JAF

△代理店型自動車保険付帯のロードサービス(共栄火災、セゾン自動車保険のみ夏タイヤ+雪道スタックにも対応)

×通販型自動車保険のロードサービス

 

ざっくり書くとこうなる。代理店型も通常の契約ではダメな場合が多くJAFと提携した付帯サービスの場合のみOKとなる。JAFと提携している保険会社は、あいおいニッセイ同和損害保険(株)、AIU保険会社、共栄火災海上保険(株)、JA共済(全国共済農業協同組合連合会)、セゾン自動車火災保険(株)、(株)損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険(株)、など11社。

 

以下の表が分かりやすいかと思う。各社多少の差はあるが、JAF+保険付帯サービスと、保険付帯サービスのみを比較するとサービスにかなりの違いがあるのがわかる。

 

 

■通販型自動車保険のロードサービスは「夏タイヤ+雪道スタック」での出動はほぼナシ

 

それでは、盛んにテレビCMで保険料の安さをアピールしている通販型自動車保険ではどうだろうか?調べた限りではタイヤチェーンの着脱も、雪道スタックからの引き上げにも対応していない模様。通販型ではJAFとの提携サービスもない。

 

以下はソニー損保の降雪時合のロードサービス対応条件である。これら「すべての」要件を満たすときに出動してくれるということなので、夏タイヤ+雪道スタックの場合は、出動無し、ということになる。

 

「走行中に、降雪を原因とし走行不能となった場合」

 以下の要件をすべて満たす場合に限り、自力走行可能な場所への引き出しを実施

  (イ) トラブル現場が、ご自宅の駐車場などの通常保管場所ではない

  (ロ) 雪対応タイヤ、またはチェーンを装着している 

  (ハ) お客様自身で一定の除雪作業を行ったにも関わらず、トラブルが解決しない

 なお、チェーンの脱着・タイヤの履き替え(パンク時以外)や除雪費用は、サービス対象外

 

<ロードサービス 利用規約抜粋>

 

■損保会社が雪道スタックの引き上げに来ないわけ

 

車のトラブルに対応するという点では、雪道でのスタックにもロードサービスを出動させて欲しいものだが、そもそもなぜ来てくれないのか?電話で某損保会社に聞いてみた。

 

「緊急ロードサービスは、故障でも事故でもない場合は出動しません」ということだった。あっさりと断られた。

 

確かに、雪にハマって動けないことは故障でも事故でもない…なるほど。雪でスリップして事故った場合なら来てくれる、ということなのだろう。なお、夏タイヤで雪道を走るのは道交法違反でもある。

 

 

 

■JAFならどんな時も絶対に来てくれるらしい。時間は経っても必ず!

 

JAFのロードサービスは早く優秀なことでおなじみだが、JAFはどんな状態でも来てくれる。夏タイヤを履いてハマってしまっても、時間はそれなりにかかるだろうが、いつかは来てくれるとのことだ。しかもタイヤチェーンの着脱までやってくれるという。

 

 

ところで、JAFはどうやって雪道から脱出させるのだろうか?これには、オートソックという布製チェーンを使うのが一般的らしい。オートソックをスタックしている車のタイヤにかぶせて脱出させるとのこと。オートソックは筆者も使ったことがあるが圧雪路ならとても素晴らしいグリップ力を発揮してくれる。ただし水分の多い雪、アスファルトがところどころ露出しているような道はNGだ。

 

 

■雪の予報が出たらやっておくことは?

 

 

雪の予報がでたら、車で出かけないと決めている人以外は、チェーンなどのすべり止めを用意し、ガソリン満タンにしておくのがおすすめ、というよりも必須だ。布製チェーンは意外と適用範囲が広くわが家にある2台の車のタイヤサイズ(205/50R16と195/65R14)には同じ型番で対応できた。ただし装着はしっかりやること。布製チェーンをつけて高速道路10分走って停めてみたら両輪とも姿が無くなっていた…なんてことも結構あるようだ。高速道路上なら取りにも行けないのであきらめるしかない(本線上を歩くのは危険なので絶対NG)。新品で装着してわずか10分で吹っ飛んで行くなど悲しすぎる…装着はしっかりと行うべし。

関連記事