漫画家・東村アキコ、野呂佳代が考えた「胸キュンシチュエーション」のセンスをメッタ斬り?

エンタメ

多くの女性が抱える悩みを、人気俳優演じる守護神・ウラーザくんが裏ワザで解決してくれるWebオリジナルショートドラマ『』。作品のタイトル画を担当した漫画家・東村アキコに、このドラマのキーワードでもある「キュン止め」や、ご自身の過去の恋愛や役立つ恋の裏ワザなど、あれこれ聞いてきました!

 

漫画家・東村アキコが野呂佳代の恋愛観に物申す!?

 

第3回 野呂佳代プレゼンツ!妄想胸キュン♡シチュエーション

 

スタッフ ドラマの中では、野呂佳代さん演じる女の子がかなりの妄想体質なんです。今回、野呂さんに胸キュンシチュエーションを考えてもらったので、東村先生、共感できるかどうかジャッジお願いします!

 

 

野呂ちゃんの胸キュンシチュエーション①

 

車の運転で、駐車するときに助手席側から後ろを見たりして、ステキなとこを見たあと、エンジンを切ってよし、と一呼吸置いた時。そしてエンジンの音がピタっと止まった時の雰囲気

東村 あのさー、機械の要素が強い! でも、車の密室のキスされそうな雰囲気っていうのは、すごい分かるんで、まあこれが平均として、共感度は50%で。ハイブリッドカーだとダメだから、プリウスだとダメだなっていう。音するやつで!

 

 

野呂ちゃんの胸キュンシチュエーション②

 

お料理を作って待っていてくれて、「うわぁ」なんてこちらが喜んでいて、席に着くと、「さぁ食べて!」と言っている男の人の顔

東村 うーん、自分の好きなタイプの男の人が「さあ食べて」って言ってくれてたら、もう90%って感じだけど、なんだろう、タイプじゃない人が「さあ食べて」って言ってたら、なんかキモいな、押し付けがましい奴だなってことで10%!

 


野呂ちゃんの胸キュンシチュエーション③

 

お花屋さんで働いている男性。

 

私が選んだお花をバランスよく整えてラッピングしてくれる時の手際の良さとセンス

東村 お花屋さんで働いてる男性……これはわかる。私これは90%です。こういう職人芸みたいなの見せられると私もすごい弱くって。私、飴細工のおじさんとか子供の時からすごいキュンキュンしてた。集中して職人が芸術的なことをやってる姿に色気を感じる。器用な人いいよね。不器用な男が可愛いとかもわかるんだけど、それ最初だけ。一緒に生活したら不器用な男って嫌なもんだよ。1年くらい経つと「米の水加減覚えろ!」みたいになってさ。「新米は少し減らすって何回言ったらわかるんだよ!」となるわけよ。

 


野呂ちゃんの胸キュンシチュエーション④

 

コーヒーショップのテイクアウトの時、「お待たせしました!」と渡された、帰り3歩くらい歩いた時、ふと気づく。【いつもありがとうございます!頑張ってください】って書いてあったら、キュン(笑)私はやられたこと無いけど

東村 コーヒーショップでテイクアウト……。野呂さん文章うまいね。すごくいい! 100%です。私これ一番好き。これぞ教科書のようなキュンだと思いますね。こういう間接的だからこそ気持ちが伝わるって言う、質の高いキュンなんじゃないですかね。なんかこう知的キュンじゃないですか? これ、オシャレ!

 


野呂ちゃんの胸キュンシチュエーション⑤

 

ピアノを弾き語って、終わった後のゆっくり弾いて終わる時のラスト2、3本の指。弾いた後、目が合ったら一発落ちです

東村 これもいいわ〜。この人は作家になれるのではないか。これも80%で!なんかさ、「可愛いね」とか「その服いいね」とかでキュンキュンするのは高校生までで、大人のキュンは、こういう自分にベクトルが向かってないところでも男の人のキュンを拾えるかどうか。これぞキュンの上級者と思いました。

 

スタッフ 東村さんの漫画に採用するとしたらどのエピソードを?

 

東村 コーヒーショップはマジでやりたい。エンジンもね。すごいセンスいい人なんだね。

 

スタッフ 最後に、ウラーザくんを見てくれる世の女性にメッセージをお願いします!

 

 

東村 家に帰って暇でやることもなくて、彼氏もいなくて、仕事も疲れて、ご飯を作る気力もなくて、カップラーメンとかコンビニのパンとかそういうものを適当に食べて、ビールとか缶チューハイを一人で開けてプシュって飲んで、そういう時に見てください!

 

そういう瞬間って寂しくもあるけども、やっぱ独身女性の醍醐味でもありますから。で、これを見てキュンとして、「こういう彼氏がいればいいのに」と思いながらまたグビリとやると。それでいいじゃないですか。それで十分幸せ。で、これを見て、キュンキュンアンテナを張って、身近なところでキュンがあるかもな~っていう気持ちに持っていって、実生活につなげていってください!よろしくお願いします。

 

(執筆:古賀文恵)

 

東村アキコ

漫画家。代表作は、愛息ごっちゃんの成長を描いた育児エッセイ漫画『ママはテンパリスト』の他、2014年の映画化に続き、2018年にドラマ化もされた『海月姫』。さらに、2017年のドラマ化が話題となった『東京タラレバ娘』など人気作多数。現在も3本の連載を抱えており、【日本一筆の早い漫画家】の異名を持つ。

 

 

私の守護神ウラーザくん2

 

多くの女性が抱える悩みに対して、人気俳優演じる守護神・ウラーザくんが裏ワザを紹介・解決してくれる1話完結のWebオリジナルショートドラマ。ウラーザくん役には今、注目のイケメン俳優・アーティスト、藤田富、和田颯(Da-iCE)、財木琢磨。ヒロイン役には同世代の女性から人気を誇る野呂佳代を抜擢。また、『海月姫』『東京タラレバ娘』の原作者、東村アキコがタイトル画を描きおろし、番組に花を添えています。

 

   

 

   

 

   

 

出演:藤田 富、和田 颯(Da-iCE)、財木琢磨/野呂佳代
タイトル画:東村アキコ
配信:2018年2月17日(土)10時~
*以後、毎週土曜日朝10時よりおよび提携サイトにて1話ずつ配信
制作著作:「私の守護神ウラーザくん2」製作委員会

関連記事