仕事ができる人かどうかは、ここを見れば分かる!

ビジネス

citrus 編集部

頭がいい人や、単純に作業スピードがはやい人=仕事がデキる人ではありません。どんな仕事も相手があってこそ。相手に気をくばったり気持ちのいい雰囲気を作ったり… 一緒に働きたいと思う人のところにいい仕事がやってきたりするものです。あなたの周りにいるアノ人が仕事ができるかどうか、こんなポイントでチェックしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

仕事ができるひとは、「いい空気をつくる」ことに長けている人が多いもの。初対面の相手への自己紹介、何気ない会話の中で「一緒にいて心地よい人」になるためには、言葉選びはとても重要。ビジネスだけでなく日常でも応用できる“ちょっとしたコツ”をご紹介します。

 

 

 

 

「スピードは成功のカギ」「素早いメールの対応が勝負を分ける」というのは実はNG。仕事で一番大切なのは「時間」であることを忘れないこと、その結果、メールを書く時間も読む時間も無駄にしないために気を配れる、それができるビジネスマンです。

 

 


 

「忙しすぎて休みが取れない」というのは仕事ができない人の言い訳。デキる人は、わずかな隙間時間を休息にあててリセットし、効率よく働きます。そして、貴重な休日はダラダラ過ごすのではなく、仕事のプラスになることをして過ごします。ここでは具体的な過ごし方についてご紹介しています。

 

 

 

 

「スーツにリュックは邪道」という意見はまだまだ多いかもしれません。しかし、効率や機能を追求すれば、リュックも選択肢のひとつですね。リュックを背負ってるビジネスマンを見ていると、仕事ができるかどうかがなんとなく分かるようですが、いったいどこをチェックすべきなのでしょうか。

 

関連記事

Read more!