当てはまる人は要注意!あなたの「SNSバカ」診断と「SNSトラブル」回避法

ライフハック

citrus 編集部

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど、SNSなしの生活は考えられないという人も多いはず。有益で楽しい情報共有だけならよいですが、ときどき残念なユーザーがまぎれていることで、不快な思いをすることもありますね。うっかりそんなSNS地獄にはまらないための心得をご紹介します。

 

 

SNSをやり過ぎると、バカになることはあっても賢くなることはありません。うっかり落とし穴にはまらないように、SNSを使う上での注意点をあらかじめ押さえておきましょう。ということで、ここでは「SNSをやり過ぎるとバカになる7つの理由」をご紹介します。

 

 

 

使う言葉はその人の「本性」を表わしてしまいがち。ただ、何気なく使っていることもあるし、周囲の人や環境の影響で「そういう言い方がカッコイイ」と勘違いしている気の毒なケースもあります。知らないあいだに読む人をウンザリさせたり「もしかして困った人なのかな」と誤解されたりしないために、気を付けたほうがいいフレーズをチェックしておきましょう。

 

 

 

無神経なコメントや不躾なアドバイスにカチンと来ることも多々ありますが、本音をそのまま書いてしまうのはタブー。心穏やかにSNSを楽しみ、あくまで「いい人」を演じるために、カチンと来たときに繰り出したい「無難なフレーズ5選」をご紹介。単に無難に返すだけではなく、裏には悪意と本音がこめられているので、こっそりスッキリすることもできます。

 

 

 

いわゆるクソコメにイラッとさせられたり、何気ないつぶやきに斜めの方向から噛みつかれたり。これからもSNSとの心地よい関係を続けるために、いろんな“SNS地獄”の果敢で無難な歩き方を会得しましょう。SNSにはたくさんの“地獄”が存在していますが、今回は次の5つを取り上げました。

 

関連記事