“キレイ事”じゃ済まない就活事情。女子にスカートを勧めた大学に罪はない

 

Yahoo!ニュースに『株式会社エイリスト 就活SWOT』の代表をお務めになっている、酒井一樹さんというヒトの『』なるタイトルのコラムが掲載されており、なかなか興味深く拝読させていただいた。

 

なんでも、

 

就活解禁後の3月4日深夜、NHKが『就活応援TV』という番組を放映。その番組中で話題になり、ネットでも議論を呼び起こしたのが「女子就活生は面接でスカートとパンツスーツのどちらを履くべきか」といったテーマで、番組に登場した女子学生は、「大学からの指導でスカートを勧められた」と証言した。

 

……らしく、それに対して

 

「そんな事を指導する大学側はおかしい」「スカートでなければ採用しないなんてセクハラでは」などの意見が噴出した。

 

……のだそう。(※ちなみに、文中には「番組では女子学生の発言しか紹介されていないため、実際に就職指導を行った人間がどのような表現をしたかは定かではない事を申し添えておく。拡大解釈されて非難されている感も否めない」との用心深い注釈が加えられていた。ディフェンスの面でも抜け目ない、優れた原稿だと言えよう)。

 

酒井さんは、

 

パンツスーツはストッキングの伝線を気にせず済むなどのメリットがあるが、スカートに比べて身体の線が出やすく、体格・体型を選ぶため、着こなしがむずかしい。

 

……と、スカート・パンツスーツ双方の長所・短所を述べたうえで、

 

スカートであれパンツスーツであれ、「本人に似合い、着こなせる」服装が良い

 

……との個人的見解を導き出しているが、同時に「世の中のすべての面接担当者が、服装の選択で合否を左右させない」とはかぎらない……と、“キレイ事”だけでこの問題を結論づけることに関しては、慎重な姿勢を見せている。

 

私も、酒井さんのこの「慎重な姿勢」には猛烈に同意する。なぜなら、日本に何千人だか何万人だか、見当もつかないほど多く実在するに違いない有象無象の就活面接担当者のなかに、「女性たるものスカートを履いて女性らしく振る舞って然るべき」的な男尊女卑思想や「女性の太もも(もしくはストッキング)には目がなくて…」的なフェティシズムを潜在的に秘めている男性が一人もいない可能性は、むしろ稀、ほぼあり得ないからである。そして、たとえそういう偏見や特殊性癖の持ち主が面接担当者中に紛れ込んでいる確率が1/1000クラスの微少な数字だとしても、0%じゃないかぎり、大学側の就活指導が「スカートのほうが無難」となってしまうのも致し方ない……と私は考える。

 

そりゃあ、「スカートじゃなかったから不採用にされるような会社なんか、こっちから願い下げよ!」と逆三行半を突きつけるのは簡単だ。しかし、残念ながら「アナタが面接で落ちた理由はスカートを履いてこなかったせいですよ」と企業側が親切(?)に説明してくれるケースは、100%まずない。倫理や道徳の観点で「間違っている」だとか「古い」だとかと論じ合う話ではなく、「大学側のスカート指導」はコンマ数%の“悲しいリスク”を回避するための“万全を期した一手段”に過ぎず、あなたが第一志望にしている「名の通った一流企業」が「一流だから」と言って、「すべての面接担当者がリベラルな聖人君子である」とも断言はできないのである。

関連記事

Read more!