【結婚・離婚の幸福論】年上好き高橋由美子、同世代男性との不倫はどこまで本気か?

 

先日、女優の高橋由美子さんに不倫報道がありました。お相手の既婚男性は、子どももいる40代の実業家。一緒にラブホテルに入る姿をスクープされたことを受け、高橋さんもはじめは「それがお付き合いしてることになりますか? あなたたちが思っていらっしゃるホテルに入ったってことが、本当かどうかはちょっと私もヤブサカではありませんので、肯定も否定もしないです」と逆ギレともとれるようなコメントをしていたものの、その後「軽率過ぎた行動は非難されて然るべき。悔い改めましてここにおわび申し上げます」などと謝罪をしていました。

 

「20世紀最後の正統派アイドル」というキャッチコピーのついた高橋さんは、当時、歌やドラマで活躍。その愛くるしいキャラクターに心をつかまれた男性ファンも多かったと言います。

 

最近は「酒豪キャラ」としても知られ、“ぶっちゃけ系”のトークが話題になっていた様子。アイドルの頃とはまるで違う一面を見せたことが話題になっていました。

 

高橋さんの不倫報道のお相手の男性の妻が週刊誌に語ったことによると、高橋さんと男性が知り合った場所は、酒豪キャラのイメージ通り、「飲み屋」だと言います。写真集も持っていたほど、もともと高橋さんのファンだった男性は、憧れの女性と出会えたことで気持ちがすっかり盛り上がってしまったのでしょうか。「(高橋さんのことを)好きすぎる」と、妻に離婚を切り出したとのことでした。今回の報道があったことで、今後は男性の思惑通り、「今の妻と離婚→高橋さんと交際続行&再婚」という展開になっていくのでしょうか。

 

気になるのは、高橋さんの本音についてです。というのも、高橋さんは以前から「年上の男性好き」を公言している人物。子どもの頃に好きだったのは、時代劇などでも活躍していた俳優の竹脇無我さん。その後、同じく俳優の津川雅彦さん、北大路欣也さんと、高橋さんよりずいぶん年齢が上の男性が好みであることを告白していました。

 

じつは一般の女性でも、高橋さんのように「年上の男性好き」が少なくないのは事実。彼女たちが年上男性を好む理由は「人生経験が豊かなこと」にあります。同性代の男性と比べて人生経験が豊富な年上男性は頼りになり、女性側がいつでも「かわいい女の子」として扱ってもらえる居心地のよさがあるもの。仕事のこと、人間関係のこと、趣味のことなど広くて深い知識があるうえに経済力や包容力もあれば、「まだ若くていろいろなことに余裕のない男性より、成熟した大人の男性のほうが私にピッタリ」と思い込んでしまうケースもあるでしょう。

 

そうした「年上男性好き」の趣向性を考えると、高橋さんの今回のお相手は同世代ということもあり、理想の男性とは条件が異なります。であれば、今回の男性は、ひょっとすると今後もっと理想的な年上男性が出現するまでの「つなぎの恋人」と考えることもできます。アイドル時代から「モテ期」を経験しているだけに、「チヤホヤされたい」「女性としてまだまだ輝いていたい」といったシンプルな理由だけで既婚男性との恋愛に走ってしまった可能性も捨てきれないでしょう。

関連記事