ミネラルウォーターでミネラルは摂れる? 野菜ジュースの栄養は? “健康にいい”の誤解と真実

ヘルス・ビューティー

citrus 編集部

「ミネラルは体にいいからミネラルウォーターで補給している」

「野菜は1日350グラム摂りたいから野菜ジュースをたくさん飲む」

「砂糖や米などは白いものより黒いものを家族で食べている」

 

これらは、正解でしょうか?不正解でしょうか?あなたが健康にいいからと思いこんで続けていることがどこまで正しいのか、専門家が詳しく解説します。

 

 

 

コンビニなどへ行っても普通に見かける「ミネラルウォーター」。名前に「ミネラル」と入っているのだから、ミネラルの補給になるだろうと思った人もいるのではないかと思います。

 

その考え方は「正解・不正解」が入り混じっています。なぜなら、ミネラルウォーターにはたくさんの種類があり、含まれている成分も商品ごとに異なるから。

「ミネラル」を多く含む食品を見ると「体にいい」と感じて、つい買ってしまう……そんな人も少なくないようです。「ミネラル」とはどのようなもので、どんなときに必要なのでしょうか?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

厚生労働省、農林水産省では「野菜を1日350グラム以上食べましょう」と推奨しています。この350gは、「日本人の食事摂取基準」と呼ばれる、日本人に必要な栄養素量をまとめた指針から逆算して求めた数字です。

 

一方で摂取量は、日本人の平均摂取量は2017年12月20日現在の最新版である「平成28年 国民健康・栄養調査報告」で、平均276.5gです。

 

目標である350gには届いていません。

ではどのくらい不足しているかというと、目標量と摂取量の差は75g弱。これは「野菜の小鉢1杯分」くらいの量。では、野菜ジュースやコンビニ、スーパー等で見かけるカット済み野菜を利用するのはどうなのでしょうか?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

「黒いもの=健康説」は、かなり昔から言われているように思います。昨年、87歳で他界した我が伯父も40年くらい前、これを信じていたようで、「豆腐と白米は白いから、身体に悪いんだぞ!」と言い、豆腐入りのみそ汁の汁だけを飲んでいたのを子供心に記憶しています。

「黒いもの=健康説」は誤りであるとする情報にショックを受けた人も多いことでしょう。結局、白米と玄米はどっちがおすすめなのでしょうか? 白米と玄米、それぞれに長所と短所があるようです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

関連記事

Read more!