初対面で“感じのいい人”になる!「はじめまして」必勝法

人間関係

citrus 編集部

ビジネスも恋愛も、最初の出会いが大切。相手に好印象を与え、今後も付き合っていきたいと思ってもらえるために、覚えておきたい3つのコツをご紹介します。

 

 

印象を左右する材料の約6割が「視覚的情報」によるもの。そう、第一印象をUPさせようと思ったら何を話すか悩むより、まずは外見を整える事から始めるのが正解なんです。

ぱっと目に入ってくる情報で第一印象の6割が決まってしまうというのが現実。だからといって高級品で身を固める必要はありません。清潔感のある服装や髪形、明るい表情が効果的です。では第一印象を決める残りの4割は?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

スマイルや身だしなみ、話し方、信頼できる身振り手振りなど、好感度を上げる振る舞いは、ビジネスでも恋愛でもあまり変わりません。

 

初対面のタイミングでしくじると、巻き返しには案外時間がかかります。……なんて言うと、プレッシャーを感じるかもしれませんが、正直「中身なんてどうでもいい(笑)」んです。特殊な自己紹介なんて必要ないし、だいたいどこかで聞いたような内容なんですから。

自己紹介で何を話すか、その内容はそれほど重要でないというのは衝撃ですが、「NG項目」は抑えておく必要があるのだとか。4つのNGポイントをチェックしてみましょう。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

相手の年齢層や職業などを考えて、自己紹介のパターンを3つほど用意しておくといいそうです。親世代の方なら、名前の由来や実家の職業(両親が○○という気持ちで名付けてくれました/商売人の家庭で育った)。若い方なら好きなタレントや食べ物などの方が親近感を抱いてもらえるかもしれません。

『「聞き手との共通点を提示=目線合わせができる自己紹介」をすることで、一瞬でお互いの距離が近くなる』そうです。さらに、その後の関係につなげるためには、自己紹介から自然な雑談につなげたいところ。相手と共通の話題を探るために事前に準備しておくと役立つこととは?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

関連記事