いい人をやめると“ストレス”が減る! 今日から実践したい3つの心得

 

体調が優れない。心も優れない。とにかく生きるのが毎日憂鬱だ……。

 

体調が悪いわけでもないのにそんなふうに感じる時がありませんか? これは忙しく働くビジネスマンの宿命といってもいいでしょう。運動をしてもお酒を飲んでも、強い意思を持ってもなくならない鬱々とした気分。これは無意識のうちに心身に溜まったストレスのせいかもしれません。こんなときにおすすめの方法があります。

 

それは“いい人を辞めてみる”ということです。

 

“いい人を辞める”と言っても“悪い人”になれと言っているのではありません。ほんの少しだけ“自分本位になってみる”ということです。さて、今回はほんの少し「いい人」を辞めることよりあなたが抱えるストレスを軽減する方法についてご紹介したいと思います。それではさっそくいってみましょう。

 

 

■顔だけ出して切り上げる

 

気が進まない会合に参加しなければならないときがあります。その会自体が嫌で仕方がない。そんなときは無理して“いい人”になる必要はありません。ほんの少しだけ自分本位になって“あなたの大事な人生の時間”を有効活用いたしましょう。しかし「毎回断って社会性がないとは思われたくない」

 

“いい人”に限ってそのように考えます。

 

しかしここは「顔だけ出して切り上げる」と考えましょう。「最初だけになりますが顔を出させて頂きます」と言うのがポイント。0か100かで答えずに「最初だけ顔を出す」と中間をとるのです。そして本当に30分で失礼する。これであなたは「負のストレス」をその場から貰うことはありません。さらには周囲からの冷たい視線を受けることもなく、ストレスなく過ごすことができるのです。ほんの少しだけ自分本位になってみてください。それだけであなたのストレスはグン!と軽減されますよ。

 

 

■直勘でつながる。直感で避ける

 

「誰とでも仲良くしましょう!」

 

これは私たちが道徳の時間に教わった大切な教えです。しかし実際はこんな教えを守っていては身が持ちません。“いい人”になって無理してみんなと仲良くなる習慣、これがストレスを引き寄せ、不運をも引き寄せてしまうのです。ここでもほんの少し自分本位になってみることをお勧めします。できるだけ「好きな人とだけつながる」。これであなたのストレスは減り、シンプルに楽しい時間が増えるのです。この地球上にはあなたが出会っても出会っても出会いきれないほどの「相性ぴったりの人」が存在します。その好きな人とだけつながればあなたは十分幸せになれるのです。

 

無理して「苦手な人」「不快な人」と仲良くする意味はどこにもありません。仕事上必要な場合でも、必要最低限に留める工夫をします。頭では考えない。直感でつながり、そして直感で避ける。一見、冷たくてわがままで、大人げない行動習慣にも思えます。しかしあなたが苦手な相手は、あなたのことも同じように思っています。それを直勘で避ける。それだけで互いにストレスが消えてなくなる。お互いにとっていいことずくめなのです。この青臭い判断をあえていい大人だからこそやってみて欲しいのです。自分自身のために。

 

 

■思い切り遊ぶことを恐れない

 

「みんなが働いているのに自分だけ遊んでいるのは気が引ける……」 そんなふうに感じたことはありませんか? あるいは「もしこの先、失敗したら“あのときベストをつくさなかったから”と思いたくない」と思ってしまったり……、そして休日返上、昼夜を問わず働き続ける。

 

実はこれ私にも経験があります。

しかしこれにより、多くの人が心を壊し、体を壊し、あるいはビジネスを俯瞰で見れずに、非効率な仕組みのまま低い生産性のまま働き続けます。そして体を壊し、貯金もないまま途方に暮れてしまいます。しかし、良い成果をあげ、幸せになりたいのであれば、ここは少し自分本位になるべきです。そう、つまり無駄な気などつかわず思い切り遊ぶのです。

 

思い切り遊ぶこと、それは「ビジネスマンの責任」でもあります。なぜそこまで言えるのでしょうか? それはあなたが思い切り休日を楽しむことにより、心と体が健康状態を取り戻すから。そして心のバランスが整い、突然鬱病になったり、バーンアウトしてしまうことを避けられるからに他なりません。それだけではありません。悲壮感漂う表情が消え、物腰も声もオーラも朗らかになり、明るくなります。これは職場の人々のためでもあります。さらにもうひとつ、あなたの発想は豊かになります。

 

人生の判断のためにも、そしてビジネスにおいても良いことづくめなのです。心を病んだり、バーンアウトしたり、倒れたり…、これこそ徒労となり、そして同時に周囲への迷惑となるのです。もっともっと自分本位になり、そして生きることを楽しんでください。そして責任をもってしっかり“遊んで”ください。あなたと周囲のストレス軽減、そして創造のために。

 

 

さあ、いかがでしたか?

 

「短絡的な青臭い判断基準ばかり並べおって!」と、思いましたか?

 

しかし本当にそうでしょうか? 実際に試してみて頂ければあなたにもわかって頂けると思います。社会的責任のある大人だからこそ、あえて、“いい人”を辞め、少しだけ自分本位になってみて欲しいのです。自分のために、そして周囲のため、そして家族のために、“憎きストレス”から命を守って頂きたいのです。

関連記事