いい男が最後に選ぶ“いい女”の条件とは?

人間関係

citrus 編集部

一流のいい男が選ぶのはどんな女性なのでしょうか?どうせ美人でスタイルがいい女性でしょ……と諦めているアナタに朗報! 思い込みを捨て、男性たちが女性に望んでいることを覗いてみると、自然と見えてくるはずです。

 

 

 

「結婚してください、僕があなたを幸せにします」

 

「はい、私を幸せにしてください」

 

女なら、誰しも夢見る瞬間だと思う。しかし、断言しよう。男に幸せにしてもらいたいと思っている女ほど白馬の王子様なんて現れやしない。いい男になればなるほど、そんな女を選ばない。間違いない。

条件のいい男と結婚して仕事を辞めたい…なんて考えている人は、「結婚生活とはあなたがお姫様扱いをされて、夫という白馬の王子様に守ってもらうことではない」ということに気づかなければなりません。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

女性の間では、女性独自の視点で自らを「勝ち組」「負け組」にふるい分ける習慣が見て取れます。そんな女性達の本音が男性達の耳にも漏れ聞こえてきます。好きな仕事で成功し、収入もあり、結婚して子供も産み、高学歴で高所得な夫と結婚し、一等地に持ち家――そのような女性を「勝ち組」と称し、その逆に、未婚、未出産、低所得、あるいは離婚などの女性を「負け組」と称する文化があると聞きます。

 

しかし、男性達から見れば、既婚であろうが未婚であろうが、出産・未出産、バツイチに関わりなく「笑顔で幸せそうに人生を謳歌している女性」のほうが「勝ち組」に見えるものです。

仕事ばかりしているからモテないというのは勘違い。仕事を頑張り自立している女性、苦悩しながらも自分らしく生きている女性は魅力的に映るものです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

やさしくて、人当たりが良くて、マナーも完璧、約束も守るし、ひとの悪口も言わない。男性には尽くすし、浮気もしない。男を立てる癒し系。見た目だってオシャレにしている。それなのに好みの「いい男」からからっきしモテない。寄ってくるのは好みではない男性ばかり。

間違ったことはしていないはずなのになぜかモテないという人は、「ただのいい女(ひと)」。「本当のいい女(おんな)」になって自分の魅力を引き出すにはどうしたらよいのでしょうか?実践的なテクニックをご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

関連記事

Read more!