「お酢+ウスターソース=バルサミコ酢」を味覚センサーで検証!

ライフスタイル

citrus 味博士の研究所

■バルサミコ酢を買うのに躊躇した時の代用品

 

 

サラダのドレッシングや炒め物の味付けに使われるバルサミコ酢。バルサミコ酢はブドウから作られる果実酢で、お値段もピンからキリまであります。バルサミコ酢は、普通のお酢や砂糖などの調味料よりも使用頻度が下がるため、1本買うべきかどうか迷いがちな存在です。

 

「1本まるまる使い切れるか分からない割にはお値段が……」

「料理でほんの少しだけ使いたいんだよね……」

 

今日は、そんなバルサミコ酢に対する複雑な思いを解消してみようと思います!

 

 

■お酢+ウスターソース=バルサミコ酢?

 

先日、ネット上で、「お酢とウスターソースを1:1で混ぜるとバルサミコ酢になる」という話題が盛り上がっておりました。お酢やウスターソースであれば、バルサミコ酢よりはおうちに常駐している可能性が高いでしょうし、このお話が本当であれば、とっても便利です!

 

味が似ているかどうかを確認する時に役立ってくれるものといえば、味覚を数値で表せる味覚センサー「レオ」! レオくんを使って、お酢+ウスターソースとバルサミコ酢の味を比較してみましょう。

 

結果はこちらです。

 

 

お酢+ウスターソースのほうが甘味や旨味がやや高いものの、酸味が一番強く、次いで塩味が強いという味覚のバランスが似ていることがわかります。これはかなり再現性が高そう! 実際食べてみても、バルサミコ酢として見事に違和感がありません。

 

あなたも料理でちょっぴりバルサミコ酢を使いたいような時は、ぜひお酢とウスターソースで代用してみてくださいね!

関連記事