自分の時間を最大限に! 「仕事の効率」を上げる3つのコツ

ビジネス

citrus 編集部

同じ仕事をするなら少しでも短時間で効率よく片付けたいところ。無駄な仕事に翻弄されず、与えられた時間を最大限に使ってノー残業で退社したいアナタ、特別な才能や必要以上の努力は不要! いますぐできる仕事効率アップのコツをご紹介します。

 

 

 

調査結果によると、1カ月の平均労働時間が200時間を超えたのは、女性の18・5%に対して男性では42・4%と、男性の長時間労働が目立ち、その人たちの7割は、労働時間を「もっと短い方が望ましい」と考えながら、実際には長時間労働に縛られているということです。

「残業を減らせ」「早く帰れ」と上司に言われたところで、そう単純に仕事が終わるわけではないという現実。かといって「生産性を上げる」というと難しく感じます。では「生産性を下げている仕事をやめる」と考えるれば? できそうな気がしませんか?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

会議を企画する人にとっては、自分たちの仕事に必要という認識でしょうが、例えばある人が一日どのくらいの時間を会議に割かれているかなどと言う、全体最適が考慮されることはたぶんほとんどありません。ここから、会議ばかりで肝心な仕事が進まないというようなことが起こります。

「とりあえず集まって話そう」という会議をしたがる人が、思いのほか多いという職場は要注意。特に「定例会」というのはムダの度合いが高まります。そんな無駄な会議をなくす方法とは?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

1日12時間以上会社で働いていても、睡眠時間を1日6〜7時間は必ず確保ながら成果を出すことができるようになったという著者。

では、私は今の状態になるまでに何をしたのか。私が取り組んだことは以下の3つです。

 

  • 自分の時間を把握する
  • 無駄を減らす
  • 朝時間を使う
  •  

    この3つを行ったことで、私の時間の使い方は劇的に変わりました。

    著者が考えた「時間を生み出すための3つの施策」とは? スマホでダラダラとネットサーフィンをしたり、テレビを帰宅後すぐにつけて見てしまう傾向がある人は必読です。

     

     

    もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

     

    関連記事

    Read more!