私は何位? 47都道府県のキレイで賞発表

ヘルス・ビューティー

南北に長〜いニッポン。同じ40代でも住んでいる土地の気候や地形、自然環境によって生活習慣も食生活も違います。当たり前だと思っていたことが実はちょっと変? 他の都道府県と比べることで対策が見えてきます。

 

 

 

 

■目標は1日8,000歩。東北地方は運動不足?

【よく歩くで賞】

 

 

 

とにかく外に出る習慣を身につけましょう

激しい運動よりも、1日8,000歩のほどほど歩きが健康によいことが分かっています。効果を高めるには1時間のゆっくりウォークではなく中強度の速歩き20分。会話がなんとかできる程度の速度を目安にして。

 

 

お話を伺ったのは……東京都健康長寿医療センター研究所 青栁幸利さん

 

 

\その日の中強度時間がひと目でわかる/

 

 

青栁先生のおすすめは活動量計をつけること。それだけで意識が変わり毎日の歩数と中強度時間がアップ。アクティブ万歩計プラスTH-550 ¥5,500(山佐時計計器)

 

 

 

\1位の私が実践中!/

 

 

エレベーターより階段歩くことが美脚につながります

私の家の周りもそうですが、緑が多く自然環境に恵まれた千葉県。自然にウォーキングする習慣が身につきます。私自身もなるべくエレベーターを避けて階段を使ったり、地下鉄のひと駅分を歩いたりしています。(TEAM美魔女・モデル 駒田奈美さん(42歳))

 

 

\47位の私の対策は?/

 

 

コツは大股で歩くこと手がよく振れて姿勢も良くなる

秋田では車は一人一台。私の周りでも夜はすぐ店が閉まって夜遊びする場所もありません。日常生活ではあまり歩きませんが、活動量計をつけると運動意識が高まりますね。大股で歩くと腕も振れるし、背筋もしっかり伸びます。(マルチエンターティナー 由利栄美さん(50歳))

 

 

 

 

 

■必要量をクリアしているのは長野県だけ

【野菜もりもり賞】

 

 

 

食べるほどキレイになる野菜は美肌のもと

野菜はいくら食べてもOK。食べるほどキレイになれるのが野菜のうれしいところ。油の代わりに少量の水で蒸し煮にするウォータースチームなら栄養価を逃さず、素材の甘みを引き出してたっぷり野菜が食べられます。

 

 

お話を伺ったのは……インナービューティプランナー 木下あおいさん

 

 

 

\旬の野菜は食べる美容液/

 

 

野菜は旬を意識して食べるとお得。同じ野菜でも栄養価が2倍以上違います。季節に応じて体を温めたり冷やしたりする効果もあります。

 

 

 

\1位の私が実践中!/

 

 

採れたて旬の野菜は炒めてカサを減らしてたっぷり食べる

庭で野菜を作っている人が多い長野県。仕事柄、採れたての野菜をいただくことが多いです。たくさんもらった野菜は浅漬けにしたり、野菜ソースにしたり。レタスはオリーブオイルで炒めてカサを減らして食べきります。(テレビ信州レポーター 宮代香織さん(39歳))

 

 

\47位の私の対策は?/

 

 

おやつ代わりにミニトマト。カロテン、リコピンたっぷり

名古屋名物といえば手羽先や味噌煮込みうどん。私自身も野菜はお漬け物ぐらいしか食べていません。木下さんおすすめの対策は、ミニトマトをタッパーに入れおやつ代わりに食べること。これならパクパク食べられます。(TEAM美魔女・「京酒房染蝶」女将 今津典子さん(40歳))

 

 

 

 

 

■東海地方優勢! 1位は3年連続三重県

【美プロポーション賞】

 

 

 

PI値が35以下なら女性らしい理想体型

PI値とはウエスト+(太もも左+太もも右)-ヒップ−(トップバスト−アンダーバスト)[各部位㎝]を身長[m]で割った数値。数値が35以下なら女性らしいメリハリのある理想の体型。メジャーだけで簡単に測定できます。

 

 

お話を伺ったのは……ダイアナ プロポーションコンサルタント 小野由加子さん

 

 

\メリハリボディを作る1食9品目/

 

 

美ボディは栄養バランスが大事。1回の食事で肉・魚・貝・海藻・豆類・卵・乳製品・野菜・油脂の9品目の摂取を意識して。

 

 

\1位の私が実践中!/

 

 

年100講演をこなすハードワーク。リラックスヨガで癒します

三重県は犬を飼っている人が多い県。私も愛犬との散歩で自然に歩く習慣が身についています。日常生活では年100回近くの講演に飛び回っているため、夜はリラックスヨガでほぐすのが日課です。(会社役員 伊藤奈緒さん(41歳))

 

 

\47位の私の対策は?/

 

 

ゴムベルトを使ったPI体操で代謝を上げて正しい姿勢に

ダイアナが開発したメリハリPI体操は各1分で簡単。ベルトを輪っかにして両足を入れ左右に体を傾けるだけで骨盤が整い(1)、腰に巻き付けたベルトの端を持って上げ下げすれば肩甲骨を動かすことができます(2)。(モデル 雪子さん(36歳))

 

 

 

 

 

■島根は4連覇。東北・北陸も色白美肌エリア

【美肌で賞】

 

 

 

夏は〝毛穴熱風〟が肌の潤いを奪います

美肌に影響するのは日照時間と湿度、そして風の向き。夏は山と海から吹き込む〝毛穴熱風〟で肌表面のうるおいを奪います。肌の砂漠化を防ぎ、ふっくらしたキメを取り戻すには乳液をたっぷり使って油分を補うことが大事。

 

 

お話を伺ったのは……ポーラ 美容研究室主任研究員 山川弓香さん

 

 

\サングラスは秋もかけて/

 

 

目から入る紫外線でメラニンが発生。サングラスは11月までかけるのがオススメ。FIGARO SOFIA ¥15,000(パリミキ)

 

 

 

\1位の私が実践中!/

 

 

美肌の秘訣は毎日入る温泉。無添加の石鹸でやさしく洗顔

島根は温泉豊かな土地。私も役得で温泉には毎日入っています。おすすめはさっとつかる全身浴。短時間でも血流がよくなります。洗顔は、同じ山陰地方の会社が作る栃の実エキス入りの無添加石鹸「赤のとち姫」でしっとり。(島根県安来市さぎの湯温泉「竹葉」女将小幡美香さん(46歳))

 

 

\47位の私の対策は?/

 

 

顔のコリをほぐすと血行が上がり肌の透明感がアップします

ポーラ山川さんおすすめの顔のコリほぐしマッサージは簡単で効果的。筋肉の交差点にあたる1眉頭の下、2小鼻の脇、3奥歯を噛みしめたときに動く咬筋-の3点を指の関節で円を描くようにほぐします。(税理士事務所勤務 田谷香代子さん(47歳))

 

 

関連記事