ネット通販でも失敗しない! 帽子のサイズ、国別表記のキホン

ライフハック

(c)a.collectionRF/amanaimages

5月も後半に入ると、晴れた日は日差しが真夏並みにキツくなります。となると、ビジネスの場面では多少難があるものの、休日にはパナマ文書……もといパナマハットのような夏用の通気性に優れた帽子が被りたくなります。今回はその、帽子のサイズについて。カジュアルな帽子ですとフリーサイズとかいわゆるSML表記のものが多いのですが、きちんとしたものになると話が違ってきます。実はこれ、靴のサイズと同様に結構細かいピッチでサイズが設定されていて、しかも国別で表記が異なるのです。

 

まず、フランスやイタリアなど大陸側のヨーロッパと日本のサイズの表記方法は同じです。これはとても単純で、「本体の腰(頭部をグルッと押さえる部分)の一周分を、1cmピッチで示したもの」です。だから選ぶのにはそうは苦労しないはず。自分の頭で合わせる部分、例えば額と後頭部の一番尖った部分をグルッと一周測って55cmならば、それから+1~2cmしたサイズ=56cmとか57cmのものを選べば良いのですから。

 

一方厄介なのが、イギリスとアメリカのサイズ表記です。こちらは「本体の腰の長径(前後方向の直径)と短径(左右方向の直径)との平均を、1/8インチピッチで示したもの(ただし「インチ」の表記はしない)」です。要は人間の頭ベースではなく、メーカーが製造時に用意する楕円形の木型の大きさを基準に設定されている訳です。と同様にまたしてもヤード・ポンド法、しかもそんなところ頭に直にメジャーをあてて測れない(!)ので、こちらは実際に帽子を被ってサイズチェックするしかありません。そして更に厄介なのは、同じサイズ表記のものを被ると、イギリスのものよりアメリカのものの方が、どんな種類の帽子であっても明らかに1サイズ分小さく感じられる点。これは両者で楕円のカーブの曲率が異なるからで、アメリカのものの方がカーブがなで肩気味なのです。

 

え、もう頭がこんがらがっている? 大丈夫、今からこれらのサイズの換算方法をお伝えします。

・(ヨーロッパや日本のサイズ)÷8=(アメリカのサイズ)

・(アメリカのサイズ)-1/8=(イギリスのサイズ)

具体的には「日本やイタリアの60cm=アメリカの7 1/2=イギリスの7 3/8」

となります。上の式の「8」の根拠は「(円周率)3.14×(1インチのcm換算)2.54≒7.975≒8」から。円周÷3.14=直径ですよね! これだけ覚えておけば、海外のネット通販であってもサイズ選びを失敗することが、確実に少なくなります。

 

最後に、実際にお店で帽子、特にパナマハットを試着する際に気を付けてほしいことを一つ。天のツマミの部分は絶対に持たないで下さい。そこから編みが避けてしまうリスクが格段に高くなるからです。着脱の際は天ではなくて両手でつばを持って行うのが、パナマハットに限らずこの種の帽子でのマナーです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

服飾ジャーナリスト

飯野高広

1967年東京生まれ。大学卒業後、扱う商品も社風も非常にカタい某大手メーカーに11年あまり勤務し、2002年にファッションジャーナリストとして独立。執筆分野は紳士靴をメインにスーツなどの重衣料やシャツ、傘、バッ...

飯野高広のプロフィール&記事一覧
ページトップ