ウェディングプランナーは考えた「結婚式の費用が高いカップルほど別れやすいのか?」

話題

ono mihoko

ウェディングプランナーは考えた「結婚式の費用が高いカップルほど別れやすいのか?」

業界的には、なんてこと言ってくれんねん、ってな感じのニュースです(笑)。

 

 

米国の大学の研究だそうです。結婚式に約200万円以上かけた女性は、離婚した数が多いのだそう。

 

確かに高額ウェディングを挙げた芸能人や、海外セレブリティたちも離婚してる人が多いし……なんて思う前に一言、言わせて欲しいです。

 

結婚式が高額でも低額でもそこそこでも、離婚とはまったく関係ないのではないか、と。

 

そんなことよりも、花婿&花嫁の「金銭感覚」、「結婚式への思い」や「捉え方」が違うと、離婚率が高くなるのではないかと思うのです。

 

高額ウェディングでも花婿&花嫁2人ともが納得している、希望しているのであれば良いけれど、どちらかが高額ウェディングに疑問をもっていたとしたら、その後の2人の生活でもお金をはじめ、価値観の違いが大きくなるのではないかと。

 

実はウェディングプランナーなるもの、結婚式の準備をしながら「あ、このカップル別れるなー」と、うっすーら、わかったりします。

 

 

なぜそんな下世話なことを思わずにはいられないのかというと、あまりにもお2人(そしてお2人の親御様)の金銭感覚が違うとき。お金だけではなくて、結婚式への考え方などが全く異なる場合は、どうしてもどうしても頭をよぎるのですよ。

 

だから離婚に関して、結婚式の費用が高い・安いは、まったく関係ありません(それに離婚については結婚式費用より、プランナーの勘の方が当たると思う!)。

 

結婚ともなると、付き合っているときには考えなくてもいいことを、考えなければいけなかったり、話し合いが必要だったり。しかもはじめて2人で大きなお金を遣う結婚式準備だからこそ、お金に対する考え方や、結婚式そのものへの、ひいては家族への考え方なんかがやっぱり垣間見えてしまうもんです。

 

「結婚式なんてお金の無駄。だから結婚式はリーズナブルに!」というのが2人共通の意見だったら良いのですが、どちらかが結婚式をちゃんとやりたい、と思っていたのであれば確実に不満が残ります。

 

つまり、結婚式が高かろうが安かろうが、2人が似たような価値観を持っているかどうかのほうが離婚に大きな影響を与えるような気がします。

 

ちなみに、日本の結婚式費用は平均およそ340万円(ゼクシィトレンド調査2013)。200万円超えです。そして気になる離婚件数は平成15年以降、減少傾向(厚生労働省)です。

 

だから皆さん、心置きなく華やかな結婚式を挙げちゃいましょう(笑)。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ono mihoko

ono mihokoのプロフィール&記事一覧
ページトップ