バレンタインチョコの“性格”で選びたい。いま呑むべきウイスキーはコレだ!

ライフスタイル

 

日本ではセント・バレンタインデー(St. Valentine’s Day)に女性が男性にチョコレートを贈る……と言う奇特な習慣が根付いている。2月14日はローマ帝国時代、聖ヴァレンティヌスが殉教した日付というのが通説で以降、愛を祝う日として定着。キリスト教国では2月14日には、花やカードなどをカップルが贈り合うのが習慣となっている。日本と異なり、アメリカではむしろ男性が女性に愛を告白する日として意味合いが強く、一年でもっともプロポーズの多い日。夫婦でもこの日、旦那がバラの一輪も持たずに帰宅すると、夫婦喧嘩のネタになるほどだ。

 

日本では戦後、モロゾフやら、伊勢丹やら、ソニープラザやらが「チョコレートを贈る日」として商戦を展開。キリスト教国から眺めると、奇妙なお祭りに発展した。他国には存在しない3月14日の「ホワイトデー」まで存在し、それを見習ったお隣・韓国には、何ももらえなかった若者がコーヒーなど黒いものを口にする4月14日の「ブラックデー」まであるそうだ。「トリック・オア・トリート」は取っ払っても仮装して騒ぐは、「東方の三博士」も知らずしてクリスマスのデートに必死になるは、復活祭も祝わずしてチョコレートを買い漁る。もっとも最近では2月3日に、コンビニで海苔巻き買って喜んでいるだけに、日本人の商魂たくましさ、および乗りの良さにはほとほと感心する。

 

もっとも、そんな理屈をこねくり回していると、「偏屈な昭和のオッサン」とレッテルを貼られ、世間から疎まれるだけなので、ここは「長いものに巻かれろ」とばかりに、バレンタインデーに呑むべきウイスキーについて考察してみた。もちろん、好きなチョコレートに好きなウイスキーをペアリングして頂くのが本筋。ここでは贈られたチョコレートの「性格」に合わせ、呑むべき逸品をひねり出した。

 

 

1.義理チョコに合わせて

 

やはり、私のような中年ともなると、もう圧倒的に多いのが、この類のチョコレート。「ありがたい」と感じるばかりで、ついつい最敬礼しながら受け取ってしまうほど。そんな世の中の荒波を知る「義理チョコ」については、やはりスコッチ・ウイスキーの中でも癖のある「アードベッグ」、「ラフロイグ」、「タリスカー」などと合わせ、世間の辛さと一緒に味わいたい。お義理でしか味わえないバレンタインの、甘さよりも世の中の厳しさを、五臓六腑で感じ取ることだろう。

※関連記事:

 

2.友チョコに合わせて

 

女性同士、友達同士で贈り合うチョコレートを「友チョコ」と呼ぶらしい。友達同士にまで気を使わなければならないとは、それだけチョコレート業界も儲かろうと言うもの。そんな気遣いに溢れた女性たちには、日本ではあまり多くの種類が出回っていないアイリッシュ・ウイスキーなどいかがだろうか。ウイスキーの中でも三回も蒸留を重ねる洗練された一杯に友情を見出そう。このウイスキーを使用し作られたカクテル「アイリッシュ・コーヒー」も、チョコレートとのゴージャスなハーモニーを生み出してくれることだろう。

 

 

 

3.逆チョコに合わせ

 

男性が女性に、愛情の告白として贈るチョコレートを「逆チョコ」と呼ぶらしい。昭和のオジサンからすると、そのために日本ではホワイトデーが作り出されたのでは…と不思議に思うものの、時代は異なる。21世紀のスイーツ男子はバレンタインにチョコを贈るものなのだ。

 

男子たるもの、そうなるとチョコレートを渡しっぱなしにするのではなく、一緒にウイスキーも推薦してしまいたい。「スコッチのロールスロイス」と呼ばれる「マッカラン」などと一緒に贈ってしまおう。そして、チョコとマッカランを「やっぱり、あなたと二人で一緒に楽しみたい」などと彼女から言わせれば、しめたもの。く〜、憎いぜ、この〜!

 

 

4.マイチョコ(ご褒美チョコ、姫チョコ、俺チョコ)に合わせて

 

バレンタインデーに自ら食すために自身で購入したチョコレートを指す。これも細分化されているらしい。自身へ贅沢をプレゼントする「ご褒美チョコ」、女の子が自分にプレゼントする「姫チョコ」、男が自分で買う「俺チョコ」に分類される。もうそれぞれまったく性格が異なるプレゼントになってしまっている。せっかくの「ご褒美チョコ」には、自らのウイスキー・コレクションの中から、レアなモルト・ウイスキーを開けてしまうしかないだろう。この時まで満を持して保存しておいた一本のウイスキーの開栓。至福のひと時をどうぞ。

 

「姫チョコ」なら、柑橘の香りが華やかなスコッチ・ウイスキー「グレンモーレジィ」などいかがだろうか。梅酒とはもちろん異なる、スコットランド・ハイランド地方で生まれた大人のめくるめく世界へようこそ。「俺チョコ」なら「」の項で述べた通り、無骨に「ワイルド・ターキー」や「ジム・ビーム」など若いバーボン・ウイスキーのロックで煽ろう。自分でチョコを購入しないとならない不憫な独り身であったとしても、酒飲みの矜持を保ちたい。

 

 

5.ファミチョコに合わせて

 

男女を問わず家族でお互いに贈り合うチョコレートは、家内安全の証。そんな家族円満のチョコレートには、ライムストーン・ウォーターの甘みの効いたバーボン・ウイスキーを合わせたいもの。荒々しいバーボンを煽るのではなく、せっかくなので「ブッカーズ」や「ブラントン」といったプレミアム・バーボンで、家族の幸せを分かち合いたい。女性陣には、ケンタッキー・ダービーで定番となっているバーボンのカクテル「ミント・ジュレップ」に、チョコを合わせるのも素敵だ。

 

 

6.本命チョコに合わせて

 

日本のバレンタインデーの王道、チョコレートを渡して告白されるという本命である。これはもう、今自身がそろえているウイスキー・コレクションの中で最上のウイスキーをあてがってもらいたい。できるなら、モルトのレア物よりも、調和のとれた高級ブレンデッド・ウイスキーがよかろう。「サントリー響」や「デュワーズ」など中でも、辛うじて手に入る30年ものあたりでいかがだろうか。きっと本命の豪奢なチョコレートとともに至上の喜びを感じることだろう。え?「チョコは本命らしいが、別に好みの相手じゃない」? そんな贅沢をのたまう輩は、昨今流行りの「水素水」でチョコを喰っていればよろしい。

 

 

7.カノチョコに合わせて

 

いわずと知れた「彼女からもらえるチョコレート」。もうね、甘さたっぷりでチョコレートなんかいらないんじゃないかと思うんだが、「それでも」と言うならこの際、幸せを噛みしめるために、同じ蒸留酒でもウイスキーではなく、さらに甘みを感じるブランデーでもよい。暖炉の前で二人、ブランケットに包まれながら、ブランデーと愛のチョコレート…うーん、悪くない。け! そもそもそんな幸せな輩のために、絞ってやる知恵は持ち合わせてない!

 

以上、すべてBAR評論家を標榜する「たまさぶろ」による独断と偏見による推奨。決して、定められたウイスキーではない。バレンタインデーのチョコレートは、ぜひその味覚に合う粋なウイスキーと一緒に召し上がって頂ければ、これ幸い。もちろん、本稿に目を通した女性から、筆者への「ファンチョコ」も酷く期待している。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

BAR評論家

たまさぶろ

週刊誌、音楽雑誌編集者などを経て渡米。ニューヨーク大学などにてジャーナリズム、創作を学ぶ。CNN本社にてChief Director of Sportsを務める。帰国後、毎日新聞とマイクロソフトの協業ニュースサイト「MSN毎日イン...

たまさぶろのプロフィール&記事一覧
ページトップ