「巻き戻し」という言葉が若者に通じない? 共感必至のテレビあるある12連発!

ライフスタイル

Getkyrgyzdiary web

無音の0からフルボリュームの100まで101段階まで設定できるテレビのボリューム。でも、なんとなく5の倍数に設定してる、なんてことはない? あまり気にしすぎはよくない……といいつつ気がついたらボリュームを25にセットしていた!?今回はこうした共感必至のテレビあるあるを一挙に紹介!

 

 

 

 

【あるある1】製品の入っていた段ボールを捨てられない


テレビなどAV機器の入っていた箱や発泡スチロールってジャマだよね。万が一故障したときに輸送するため、そして下取りや中古で売却するときに買い取り価格を下げないようにとっておきたいけど、ぶっちゃけジャマだよね。

 

テレビの場合、購入後1年の下取り価格は半値以下、3年も経てば綺麗なものであっても1/5くらいの価格で引き取られることになる。例えば50万円した当時の60インチテレビの現在の下取り価格は箱を含む付属品がない状態で8万円。新品同様で10万円ほど。2万円の差でばかでかい段ボールと発泡スチロールをとっておくメリットは……。

 

【あるある2】でも、3か月ぐらいして一念発起して捨てる

そうなの。最初は後々のことを考えてとっておこうと思うんだけど、数ヶ月もすると部屋の隅とはいえデカい顔をしている箱が嫌になってくるのの。納屋とか蔵がある豪邸だったら確かにとって置くべき。でも普通の家屋なら廃棄してもいいんじゃないかな……。

 

【あるある3】捨てる前に取扱説明書と保証書は押入れに保管しておく

テレビの段ボールは表面積が大きい。畳んだとしても持ち運びは不便。だからこれまでの溜まった鬱憤をはらすかのように段ボールを切って小さくまとめて、リサイクルゴミとしてポイっと。

 

でも中に入っている取扱説明書と、外側についている保証書は忘れずにとっておくように!

 

【あるある4】保管場所を忘れたけど「最近はネットでみられるや」と思い直して検索する

一縷の望みをかけて、Googleで「<テレビの型番> 説明書」を検索すると…あった! PDFで見られるようになっている!

 

AV機器や生活家電、住宅設備の説明書リンクのまとめリンクサイトもあるので、もしGoogleで見つからないときは、そういったサイトを使ってもいいかも。

 

【あるある5】リモコン操作が効かなくなったら、乾電池をゴロゴロすると復活することがある

消しゴムのようなボタンを押しても反応が鈍い。むぎゅっと押し込んでも反応しない。えー、電池が切れちゃった?電池の予備はないし、コンビニまでは遠いし、でも見たいテレビはあるしで困っちゃう。

 

こんなとき、電池ボックス内の乾電池をボックスに入れたまま転がしてみよう。すると反応がよくなることがあるぞ。電気接点部分の腐食だったりで通電状態が悪かったんだろう。一時的な治療としては、アリ。でもできるだけ早く新しい電池に交換しよう。

 

【あるある6】久しぶりに画面を近くで見たら、めっちゃホコリついててビックリする

電気を消しているテレビに寄ってみると、産毛のようにホコリが群生していることがある。綺麗好きな人はもちろん、普段掃除をしていない人でも「うっわあ…」と引く瞬間だ。

 

電気を発しやすいテレビは、使っているうちに周囲のホコリやチリを引きつけてしまう。柔軟剤を薄めた水に浸した布巾で拭くと、柔軟剤の成分がコーティング剤代わりとなって静電気の拡散を抑えられる。でも本来、テレビは乾拭きしなければダメ。どうしてもコーティングしたいときは画面だけを、固く絞った布巾で水拭きすること。フレームとの境目はメガネふきなどで乾拭きしよう。

 

【あるある7】なんだかんだで金曜ロードショーの「ラピュタ」は見てしまう

国民的アニメといったら「ラピュタ」も外せない。2~3年ごとにテレビ放映されているジブリ映画の代表作の1つだ。

 

本当は最初から最後まで見たいけど、叶わないならバルス祭りだけでも参加したい! なんのことだって?パズーとシータが「バルス!」と叫ぶ瞬間に、Twitterで「バルス!」とつぶやくイベントのことなんだ。2016年1月15日に放送されたときは、なんど34万5397ツイートという記録を達成!次回はどんなハイスコアとなるだろうか?

 

【あるある8】というかジブリだと録画してしまう

レコーダーやテレビの録画機能に、「ジブリ」という自動録画カテゴリを作ってほしい人、いるんじゃない? ジブリ作品だけはいつまでも記録したい人にとって、必要不可欠な機能だと思わない?

 

【あるある9】テレビを消して反射して映る自分の顔に老いを感じる

黒い画面の中に映り込む自分の顔。明るいところで鏡で見るのも嫌んなっちゃうのに、黒自分の顔ってどんな×ゲーム!?今まで映画やゲームの世界にハマっていたのに、急に現実に引き戻された気分だよ。

 

でもこれ原因があるんだ。画面に近すぎるという原因があるんだ。テレビを見るときは画面の高さの約3倍の距離から見よう。例えば40インチなら約1.5m、60インチなら約2.2mの位置から視聴しよう。

 

【あるある10】「巻き戻し」という言葉が若者に通じない

えっ、と思うかもしれないけど、テープメディアが事実上なくなった現在において、「巻き戻し」って概念が伝わらなくなってきている。

 

【あるある11】「チャンネルをまわす」も通じない

「何を回すの?」とマジに聞かれること間違いなし。ブラウン管でチャンネルがツマミ式だった時代は遙か昔のこと。

 

【あるある12】「120分」「180分」「3倍モード」という用語が若者はピンとこない

これから失われていくであろう言葉もある。「120分」「180分」はもともとビデオテープの記録時間。録画用BD-Rにも目安として書かれているが、HDDに録画する現代においては次第に使われなくなっていくはず。「3倍モード」「3倍録」はレコーダーの録画画質設定に記載されていたりするが、今後はもっとわかりやすい言葉へと変化していくはず。

 

こうやって言葉は失われていくのか…。と昔を懐かしんでいるヒマはないぞ。新しく生まれる言葉に追いついていかなければすぐにオジサン扱いされちゃうのだから!
 

 

以上テレビあるある12連発。あなたが「あるある!」と感じたのはいったいいくつ?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Getkyrgyzdiary webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Getkyrgyzdiary web

Getkyrgyzdiary web

「モノ・コト・暮らし」の深掘りレビュー&ニュースをテーマに、「新」がつくものなら何でも取り上げるウェブメディア。取り扱うジャンルはデジタル・家電からエンタメ、ミニ四駆まで幅広い。スポーツコンテンツにも...

Getkyrgyzdiary webのプロフィール&記事一覧
ページトップ