【もやもや】「いきなりの電話は失礼」「かけてこないで」新年度スタートでさらに広がる世代間の仕事電話の意義

ライフスタイル

Suits-woman

知らない人からの「今、お電話よろしいでしょうか」はたいがいこっちにメリットがない。

新年度がスタートし、月曜日のニュースには各社の入社式の様子が多く紹介されていました。
LINEの入社式では、新入社員24人の代表として、人生の勝ち組を具現化したようなルックスの青年がご登壇。ハワイですか日サロですかと突っ込みたくなるほどに日焼けした肌に懐っこい笑顔。「私たちは、一般的にはデジタルネイティブやソーシャルネイティブと呼ばれる世代になります。(略)インターネットとともに人生を歩んできたといっても過言ではありません。(略)これからは自分たちが作り上げる側」という言葉は頼もしく、ああ、こういう優秀な若手が続々と入ってくる業界はIT系なんだなと改めて感じた次第です。

 

だが、しかし。

 

入社式後のご歓談時間かなんだかの写真をみて、うーむと思ったのです。みな一様にうつむいてスマホをいじっています。人がとなりにいても、しゃべってない。ぜんぜんご歓談じゃないのです(一組だけ、LINEアドレスを交換してるのかなっていう背中が写っていましたが)。
ただ、違和感は持ったものの、これが新しい時代をつくる側のあるべき姿で、こっちが古いんですよね……、という気持ちになったんですよね。

 

 

 

■いきなりの電話は「時間の搾取」

 

先日、知り合いの編集女子がいつになくプリプリとしていました。

 

聞けば、「社外の人がメールですむような内容なのに、わざわざ電話をかけてきた」とのこと。どうでもいい電話のせいで集中力が途切れた上に、時間もムダになったと怒っているのです。

 

「いきなりの電話は時間の搾取だ」というのが彼女の言い分です。搾取。奪われるだけでなく、相手がその利益を手に入れること。

 

そうでしょうか。

 

だって電話って、基本的に「いきなり」かかってくるものです。ぶしつけだからこそ「今、お電話よろしいでしょうか」と相手にお伺いをたてるべし、とビジネスマナーでも提唱されているのです。

 

でもその「よろしいでしょうか」が「とりあえず言ってみました」程度で、こちらの状況に関わらず、有無を言わせない感じがある。そのせいで「もう、勘弁して」「なんで電話してくるの?」という気持ちにさせられるんでしょう。「メールでよくない?」と。

 

確かに、電話はかけてきた相手にとって(だけ)必要で、かかってきたほうにしたら不必要な場合が多い。

 

彼女の場合も、「どうでもいい内容」だと思うのは彼女で、かけてきたほうにとってはどうでもよくない。だからかけてくるーー、という考え方も正しいのか正しくないのか。

 

「用事があるときは、まず電話をかける」。これが礼儀だと思ってるからだけなのでは。そうだとしたら、相手に「いやもう、それ古いんで。基本メールベースでいきましょうよ」と伝えれば、電話による「時間の搾取」はなくなるような気がします。

 

 

 

 

■「メールより電話が礼儀」世代の40歳以上

 

私が仕事を始めたころは、まだ携帯電話なんてなくて、編集部は常に固定電話が鳴っている状態でした。内線ボタンがいくつも点滅していて、取り次いでもらったときに番号を聞き間違えると、ほかの人の電話に出てしまったり、ボタン操作ミスで切ってしまったり。保留にされたまま、ずっとほったらかしになっていたり。

 

携帯電話が普及し始めたときも、「かかってくる電話をじっと待っていなくてすむ」ことや、移動時間を電話応対に使えることが嬉しくて。まさか、今のように、電話が嫌われるものになる時代がくるなんて、思ってもみませんでした。

 

彼女も「イマドキ連絡ツールで電話をメインに使ってるのは40歳以上だけだ」と言っていましたが、さもありなん。私もけっこう使う派です。むしろ、スマホは小さいタブレットという役割でしかなく、わざわざ電話のためにだけ1990年代からガラケー持ち。

 

初めての取材先や撮影依頼の1回目の連絡は電話だし、メールのやりとりで揉めて「こりゃ、直接話したほうがトラブルを回避できる」っていうときも電話だし、メールで文章にして証拠を残したくない話も電話でします。

 

とくに、今すぐ返事が欲しいときには、とりあえずかけてしまう。つながらなかったらメッセージを残し、メールで「今、お電話した件です」と送る。

 

書き出して振り返ってみると、自分は電話を「火急」な雰囲気を醸し出すものとして扱っているようです。たとえ、電話をして、たとえ相手がでなくても、こちらの重要度だけは伝えられる。それが電話。

 

だからやっぱり、自分がどうでもいいと思ってしまう電話の対応には、私ももやもやするってことですね。「え、それ、あなたにとって重要?」「どうしてかけてきた?」と思うからです。

 

 

かけるときも、胸を張って「これは私にとって、とても重要なことなんです!」ってときでないと今はもう使えない。使えなくなってしまっている。それが電話2017。

 

しかも、LINEやでつながっている人にはスマホから無料通話でかけますから、日常、ガラケーの出番はほとんどありません。ほとんど使っていないのに毎月5000円以上払っているのはムダっていう指摘もありますが、電話しかつながらない相手がひとりでもいる現状、電話は必要だし、やっぱり電話は受話器みたいな形をしていないと、どうもしっくりこないんですよね……。

 

相手のタイミングの良いときに電話をかけられる、これも運の良さ。

「印刷の締め切りギリギリで原稿のヌケがあることが発覚。焦って担当編集者(29歳)に電話をしたら、呼び出し音が1回鳴って、プチって切れちゃったんです。

 

受信ミスかなと思って、かけ直したら、“今、私、電話切りましたよね?切ったってことは出られないってことですよね? なのになんでかけてくるんですか?”と怒鳴られたことがあります。“すみません、メールします”と言ったら“いいです、出ちゃったんで。なんですか!”と怒っていて。正直、怖かったです。

 

知人に話したら“交通事故にあったようなもの”と言われましたが、なるほど、いきなりでひどく痛い。“そうじゃない、不可抗力って意味だ”と笑われましたが、今となっては、どうして1回目で切れた後、メールにしなかったんだろうという後悔が。もう彼女には電話しないって心に決めています」(42歳・広告会社勤務)

 

「PR会社からかかってくる“商品リリースを送ったんですが、見てもらえましたか”“イベント開催のお知らせを送ったんですが出席してもらえますか”、という電話に対応するのが本当に面倒。見て、興味があればこちらから連絡をするし、出席の送り状も出します。そうじゃないってことは、使えないということ。先方だって、仕事としてわかっているはずなのに。わざわざ電話をかけてこられると、年下の分際で失礼ですけど、この人、頭が悪いのかなって思います」(31歳・出版社勤務)

 

「終日外出していて、夕方会社に戻ったら“至急お返事ください”というメールが午前中に届いていて愕然としたことがあります。急いでるなら電話すればいいのにって思った一方で、電話がかかってこないっていうことは至急でもないんだな、とスルーしました。20代の子って、簡単にメールで至急って言葉を使いますよね。苦手です」(34歳・電機メーカー勤務)

 

「電話で取材の依頼をされても把握しきれないので、ひととおり話を聞いて、“改めてメールで企画書を送ってください”と言います。なので、その電話は時間のムダといえばムダですね。企画書が先にメールで送られてきて“〇月×日までにお返事ください”としてもらったほうが、確かにひと手間省けます。ただ、先に1本電話をもらって、そのときの感じがいい人のほうが、仕事がしやすいというのはあります。こういう考え方も古いって言われちゃうのかな(笑)」(41歳・食品メーカー勤務)

 

「電話が鳴ると、何か大変なことが起こったのでは、という気持ちにさせられるからイヤです。チャットでやりとりしているさなか、いきなり電話をかけてくる人がいて。“話したほうが早いから”って。でも、こっちは、シーンと静まり返った部署で電話に向かって話さなければいけない。すごくストレスなんです。そういうことがわからないんですよね。40歳超えた人って」(31歳・IT関連会社勤務)

 

「自分が用があるときにはもかけますけど、知らない番号や、出たくない時間には電話は出ないです。電話ってそういうものじゃないですか。相手が出ればしゃべれてラッキーだし、出なければメールでもLINEでも、ほかに連絡手段はいくらでもあるので。電話にこだわるっていうのがよくわからないです」(25歳・アパレル勤務)

 

「電話でアポを入れて来た人(たぶん20代前半)が、アポ当日の1時間前にメールで“今日は直前のアポが長引きそうで、伺えなくなりました”と送ってきた。メールのチェックができない状況だったので、気づかずにアポ時間に待ちぼうけ状態でした。1時間前のキャンセルは電話にしてほしかった……。なんで急ぎの連絡をメールにしちゃうんでしょうね?私は急ぎの案件は電話で、と思っていました」(36歳・IT関連勤務)

 

相手がどこにいて、どんな状況なのか、わからない状況でかける電話はハイリスク。冒頭の女性のように、直接、怒鳴られる人はさほど多くないと思いますが、知らないところで嫌われている可能性も。

 

ほうぼうで聞かれたのが「いきなりの電話」への嫌悪感。どうしても電話で話したいときには、メールなどで「この件につきまして、〇月×日の〇時ごろ改めて電話します」と書きそえておいたり、ケータイのメッセージやSNSで「今お電話していいですか」と聞いたほうが間違いがないのかも。

 

あとは、電話をかけて相手が出てくれたときには、超恐縮するとか。そういえば、大手広告会社から独立して起業して会社員時代の10倍稼いでいる40歳の男性の電話の第一声は、「あ~〇〇(相手)さん、追いかけまわしてしまって本当に申し訳ありません~」です。久しぶりの電話ででも、です。

 

彼にとって、電話は「便利ではあるが、追いかけまわされてると不快に感じる人がいるもの」という認識なんだと思います。そして、その感覚をもって電話と付き合っている彼は大成功している。そういうことなんだと思います。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ