バイクに当て逃げされて、ライダーモラルの悪さを実感した瞬間

話題

相京雅行

バイクに当て逃げされて、ライダーモラルの悪さを実感した瞬間

2020年までにバイクの販売台数100万台にする。という目標のもとに様々な課題が出されていますが、その一つがライダーのモラル。

 

が、伊豆スカイラインではライダーのモラルが悪く二輪通行禁止にするという案も浮かんでいます。

 

色々な場所でモーターサイクル関係者がモラルの向上などを訴えています。

 

私もバイクパーツを製造するメーカーの代表を務めていますが、バイクの魅力を広めるべく、バイクメーカーから広報車を借りて試乗インプレッションを書いています。

 

バイクを買うときに第三者の声はとても参考になりますし、色々なバイクを乗り比べた人の声は参考になるはず!という考え方のもと、今話題の車種だけでなくリリースされて、しばらくたっている車両のインプレも書いています。

 

しかし、先日とてもがっかりする事がありました。

 

信号待ちで止まっていると、突然隣に止まったビッグスクーターが倒れてきたのです。車種は恐らくホンダのFAZE。車両重量が180キロもあるバイクがのしかかってきたら、さすがに私も片足では支えきれません。そのまま、私もバイクと一緒に倒れてしまいました。

 

一瞬何が起こったのか解らなかったのですが、「ほんとすいません」と一言言うと、FAZEのライダーは走り去ってしまったのです。

 

一瞬のことだったので、全く何が起こったのか解らずボーぜんとしてしまったのですが、あ!と思いエンジンをかけて追いかけようにも、倒れてしまったバイクはすぐにはエンジンがかからずそのまま逃げられてしまいました。

 

 

今乗っているバイクはスズキからインプレッションの為にお借りしているGSX-R600という車両で、走行距離は500キロの新車みたいなバイクです。

 

転倒してしまった為、レバー、エンジンカバー、サイドカウルの一部に傷が入ってしまいました。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

相京雅行

スクーターからビッグバイクまで、幅広いジャンルのオートバイパーツの開発を手がけ、ライフスタイルに合ったバイクを提案。

相京雅行のプロフィール&記事一覧
ページトップ