現金144万円をあなたは燃やせますか?

マネー
現金144万円をあなたは燃やせますか?

お金を貯めようと思っても、天敵が目前に立ちはだかります。お金を貯めるときの天敵は数あれど、そのなかのひとつに「無駄遣い」があげられるでしょう。無駄遣いとは知らず知らずの内にやっているから厄介です。無駄遣いと確認したときには、あとの祭りですから面倒なやつです。

 

モノを販売するときに、「安く見せるテクニック」がありますが、お金を貯めるときには「高く見せるテクニック」を利用すれば無駄遣いを防げるかも?

 

高く見せるテクニックとは、日常生活の料金に当てはめてしまうだけ。非常に簡単です。

 

仮に10万円の品物を購入するかどうか、悩んでいるとしましょう。これを食費に置き換えてみたらどうですか? 外食ランチの予算が1000円ならば、100食分。1ヶ月に20回の外食ランチをするとなると、5ヶ月分となります。

 

その10万円の品物は、外食ランチ5ヶ月分に匹敵するだけの価値がありますか? どちらの方が価値があるのか? これだけでも無駄が減るのかも?

 

 

例えばタバコ。計算が面倒ですから1箱400円としましょう。1日1箱とすると、1ヵ月を30日として計算すると1万2000円。1万2000円あったら何ができますか? また、1万2000円を貯金すれば、1年間で14万4000円になります。10年続ければ144万円の貯金。

 

10年間タバコを吸い続けるというのは、144万円を燃やしているのと何ら変わりのない行為。こう言われてしまうと考えてしまいますでしょ(笑)?

 

考え方ひとつ、見方の角度を少しズラしてみるだけで、貯蓄も比較的楽にできるのかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ファイナンシャルプランナー

中村 毅

FP-RECO ご当地FP。1969年東京生まれ 某商社系運用会社にて個人向け資産運用を提供。退職と同時にファイナンシャルプランナーとして『何故、人は損をする行動を好んで取るのか?』をテーマに、個人向けライフプラン...

中村 毅のプロフィール&記事一覧
ページトップ