30歳過ぎてスニーカーはNG? 大人女子は黙って無印良品?

ライフスタイル

石田陽子

30歳過ぎてスニーカーはNG? 大人女子は黙って無印良品?

ゴールデンウィークは爽やかに晴れそうで、今日も暑いくらいです。インドア派の私でも体を鍛えたくなる季節。こんな記事を見つけました。

 

 

「30歳を過ぎてスニーカーって大丈夫なのかな……?」と不安に思う人も少なくないはずです。

 

(中略)

 

「かわいい」「個性的」が許されていた10~20代とは異なり、30歳以上の女子の着こなしには「上質さ」「品の良さ」などが求められます。過剰な遊び心は禁物です。

 

「色」というものは基本的に使えば使うほど「安っぽい」印象になります。これは全身コーディネートにおいても、アイテム単体においても同じこと。3色も4色も使ったコーディネートは、品がなく安っぽい印象に偏りがちです。

 

記事によると、10~20代の女子がカラフルなスニーカーを履くとオシャレに見えるけれど、30歳を過ぎたら、カラフルなスニーカーを履くと安っぽく見えてしまう。華やかなナイキは20代まで。30代以上はモノトーンでなければ品の良さは出せないとのこと。

 

スニーカーを堂々と履けるのは30歳までだったなんて……! 大人には遊び心も禁物で、モノトーンで品の良さを出す必要があると強要されるのも不思議な気がしました。

 

「大人がムリしてピンヒールを履くのはどうなの?」と言われるのも余計なお世話ですが、健康的で安全なスニーカーは老若男女におすすめなはず。色くらい好きなものを選ばせてくださいとも思います。

 

 

「大人は大人らしく」「子供は子供らしく」といっても、子供が子供らしくはしゃいだり声をあげたりすると、騒音として保育所などに苦情や脅迫などもあるそうですし、自分と関係のない年代が目立ったり、個性的な行動をとったり、楽しそうにしていることに異議を唱えたい人が増えているのかもしれません。

 

「大人の女性に無印良品のスニーカーをすすめる記事」から、明るい色やおしゃれは若い人のためのものという主張だけが強く感じられました。「大人の女性はこうあるべき」的な記事はたくさんありますが、人目を気にしてスニーカーも履けない大人なんて、むなしすぎると思いませんか?

 

「大人に見える」「美魔女に見える」「おばさんに見える」どう見られるか、他人の目を気にしてどんなに頑張っても、思ったように見てもらえなかったら、やっぱりむなしい。他人に気に入ってもらえるように、目立たないように、個性を消して、楽しまずにいたら、精神的に一気に老けるでしょう。

 

ファッションにおいてTPOを考えることや公共の場でのマナーを守ることは基本ですが、30歳を過ぎたら遊び心もカラフルな色も捨てなければいけないとしたら、人生はとても寂しくなると思います。楽しいことを見つけるのを私は諦めないし、これからもたくさん見つけていくつもりです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

石田陽子

恋愛ライター。日々ラブストーリーを追い求めるAll Aboutの恋愛ガイドです。建設会社勤務後、フリーライターになりました。NTTドコモiコンシェルほかインターネットサイトでコラムを執筆しています。

石田陽子のプロフィール&記事一覧
ページトップ