【スーツの基礎知識】シャツ×ネクタイの“失敗しない”組み合わせは?

ライフスタイル

&GP

 

スーツの着こなしで気を遣うのが、シャツとネクタイの組み合わせ。Vゾーンはセンスが現れる箇所であり、どちらも数多くの色・柄があるため、毎日迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、相性のいいシャツとネクタイの組み合わせを紹介します。

 

 

■襟の形とネクタイの結び方の相性

 

シャツを選ぶ際、色・柄の前に注意しておきたいのが“襟”の形です。あまり気にしていない人もいるかもしれませんが、実は襟の形で着こなしの雰囲気が変わります。そして、それぞれに似合う体型やスーツなどがあります。ここではビジネスシーンで実用的な3型について、その特徴と相性のいいネクタイの結び方を紹介します。

 

 

【レギュラー】

 

 

もっともスタンダードな襟の形で、どんなスーツにも似合います。ビジネス用シャツの多くがこのレギュラーカラーで、体型やネクタイの結び方も問いません。特にプレーンノットとの相性が抜群で、清潔感のある印象を与えます。大きさは時代によって流行がありますが、形状は普遍的。迷ったらコレ。

 

 

【ワイド】

 

 

襟が100〜120度に大きく開いているのが特徴。英国のウィンザー公爵が好んでいたことから「ウィンザーカラー」とも呼ばれ、相性のいいネクタイの結び方は、そう、結び目の大きなウィンザーノットやセミウィンザーノットです。レギュラーカラー同様に一般的な形のため使いやすく、首がすっきり見える点も◎。オーソドックスながら着こなしに変化と遊び心をプラスできる、近年大人気の襟の形です。

 

 

【ボタンダウン】

 

 

数あるシャツの襟のなかで、もっともカジュアルなのがボタンダウンです。襟の先端をボタンで留める仕様は、英国スポーツのポロから生まれたもの。そのためスポーティな印象を与えることから、スーツに合わせるのはあまりお勧めとは言えません。しかし“ジャケパン”スタイルとの相性はピカイチ。ノータイでもサマになります。ちなみにネクタイをする場合はプレーンノットがお勧めです。

 

 

■シャツ×ネクタイの組み合わせのコツ

 

ここからが本題。ネクタイとシャツの組み合わせについて、失敗しないテクニックを紹介します。ビジネススタイルを意識してスーツは汎用性の高い無地を使用し、ネクタイの人気4デザインを使ったVゾーンを披露。それぞれのネクタイに合うシャツの柄をピックアップしました。

 

 

【無地】

 

 

無地のネクタイは基本中の基本。もちろん無地のシャツにも合いますが、洒落感をアピールするなら柄シャツを組み合わせたいところ。特にお勧めなのは淡い色味のストライプシャツで、清潔感やスマートな印象を与えることができます。

 

 

【レジメンタル】

 

 

レジメンタルは日本のビジネスシーンでは定番のネクタイ柄のひとつ。英国の連隊旗から生まれたストライプ柄で、右上から左下にストライプがデザインされたものがイギリス式、その逆向きがアメリカ式とされています。レジメンタルはインパクトのある柄なので、無地シャツを合わせるとバランスよくまとまり、Vゾーンに華やかさをプラスできます。

 

 

【小紋柄】

 

 

小花柄やペイズリー柄など、小さな紋様が規則的にデザインされたもの。この小紋柄のネクタイは、レジメンタルとは対照的に、シックで落ち着いた印象を与えます。とはいえ紋様にニュアンスがあり、かつ総柄のため、シャツは無地を合わせるのがコツ。華美にならず、かといって地味でもないスマートなVゾーンに仕上がります。

 

 

【ドット】

 

 

小さなドット柄は品がよく、フォーマルな雰囲気があるためビジネスでの使用もOK。逆に大きなドット柄はカジュアル感が強いのでビジネスには不向きです。遊び心のあるデザインなので、シャツも柄モノを合わせて洒脱に。クレリックシャツやストライプ柄など、ドットとはパターンが異なる柄シャツと相性抜群です。

 

 

■注意しておきたいNGの組み合わせ

 

【似たパターンの柄×柄】

 

 

柄モノ同士の組み合わせは、ワンランク上のスーツスタイルを演出する上級テクニック。しかし、上記の同幅ストライプのように、似たパターンを合わせるとバランスが悪くなるのでNGです。メリハリが大事なので、ネクタイかシャツのどちらかに柄モノを取り入れて、柄×無地の組み合わせにすれば失敗することはありません。派手になりすぎないように気をつけて、ビジネスを意識した節度ある着こなしを楽しんでください。

 

(取材・撮影協力/)

 

(取材・文/津田昌宏 写真/伊藤恵一)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

&GPの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

&GP

&GP

&GP(アンドジーピー)は雑誌Goods Press(グッズプレス)がプロデュースする 家電、デジタル、スマホ、IT、クルマや乗り物、時計、靴、鞄、アウトドアなどの最新ギア、 how to、注目したい人物を紹介するwebメディ...

&GPのプロフィール&記事一覧
ページトップ