日テレ「映画天国」でLGBT作品を4週連続放送! 担当Pがアツく語った見どころ

エンタメ

citrus 編集部

6月といえば、LGBTにまつわる、さまざまなイベントが世界各地で開催される「プライド月間(Pride Month)」でもある。「レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー」の頭文字をとったLGBTは、性的マイノリティの総称だ。そんなLGBTたちが自らのセクシャリティーや性的指向にプライドを持つべく始めたのが、プライド月間。日本テレビは6月5日の「映画天国」<月曜深夜25時59分(火曜午前1時59分)~>から、プライド月間に合わせ、LGBT関連の映画作品を4週連続放送する。名付けて「LGBT映画祭」。放送にかける思いを、自ら「トランスジェンダーの当事者」と語る谷生プロデューサー(編成局編成センター編成部)にじっくり語ってもらった。

 

 

■日テレでは初めての試みだった

 

──今回、LGBT関連の作品を特集することになったきっかけ、このタイミングで放送する理由は何ですか。

 

「映画天国」用の作品を調達していたとき、映画会社さんからLGBTに関する作品をいくつかご提案いただきました。それは偶然というか……ある意味必然的な出会いだったかもしれません。


粛々と「映画天国」枠で通常放送することもできましたが、日本でLGBTという言葉の認知度が飛躍的に高まっている中、「こんな素敵な作品をまとめられるといいな」と思いついたんです。そして、どうせ放送するなら世界各地でイベントが盛り上がるプライド月間に合わせたいとも考えました。


我々はテレビ局ですから、世の中の気分やニーズにこたえるミッションがあります。そうした意味で、LGBTはとてもタイムリーなテーマでした。また、「〇〇祭り」は担当する「金曜ロードSHOW!」でも打ってきた仕掛けであり、今回も「このフォーマットなら視聴者の方に気に入ってもらえる」と予想しました。

 

 

──とはいえ、テレビ局がLGBTをテーマにした映画作品を特集するのは、珍しいと感じます。放送にあたり、困難に直面しませんでしたか。

 

確かに、日本テレビでは初めてだと思います。誰もやったことのない取り組みですし、なおかつLGBTもそこかしこで話題にされるほどメジャーなテーマではありませんから、エネルギーが必要でした。幸い、サポートしてくれる人、理解してくれる人がいたため、放送に漕ぎつけました。

 

 

■LもGもBもTも、見た目じゃなかなかわからない

 

──そう考えると、ものすごく画期的な取り組みですよね。難しいテーマですから……。

 

LGBTは、近年ようやく目にするようになった概念だと思います。海外ではレインボーを観たら、「LGBT」を連想するほどに認知されているそうですが、日本ではまだそのような連想をする方は少ないですし、「PRIDE」と聞いても、皆さん格闘技しか思い浮かびませんという方もいらっしゃると思います。だから「身近に(LGBTが)いないよね、LGBTのことあんまりわかんないよね」という方も多いというのが現実かと思います。


LもGもBもTも、見た目だけじゃなかなかわからないんです。放送する4作品が、「見えていないようで、実はつらい思いや苦しい思いをしている人がいっぱいいるんだな」「遠い世界の話じゃないんだな」と意識するきっかけになるといいですね。

 

 

──ありがとうございます。最後に、citrus読者へのメッセージをお願いします。

 

90年代に大学生だった方なら、『バラ色の人生』は「学生時代、渋谷の劇場で見た…懐かしい」と甘酸っぱい思い出とともにご覧いただけるかもしれません。グレン・クローズファンの方は、見逃していた『アルバート氏の人生』という素晴らしい作品に出会える機会になると思います。30代・40代で海外旅行の好きな方は『あしたのパスタはアルデンテ』を見て、『イタリアにもローマやミラノとは違う、こんな地方都市があって、こういう雰囲気なんだ……』と感じるでしょう。

 

あるいは、ロックンロール、ポップカルチャー好きなら、イギリス文化の香りを色濃く反映した『パレードへようこそ』を絶対お楽しみいただけると思います。炭鉱町を舞台にした作品はイギリス映画の十八番で、『ブラス!』や『リトルダンサー』など有名な名作がたくさんあります。『パレードへようこそ』はそうした作品の系譜に位置づけられる名作中の名作です。映画の楽しみ方は人それぞれですが、LGBTを取り扱った映画ということ以外にも、どなたでも楽しめる要素を見出していただける4本だと感じています。

 

LGBT映画祭の放送ラインナップは以下の通り。眠い目をこすりながら起きていれば、貴重な気づきを得られるかもしれない。

 

 

【放送ラインナップ】
★6月6日(火)1:59~3:58『あしたのパスタはアルデンテ』
★6月13日(火)1:59~3:58『ぼくのバラ色の人生』
★6月20日(火)1:59~3:58『アルバート氏の人生』
★6月27日(火)1:59~3:58『パレードへようこそ』
※放送内容及び放送順序が変更になることがございますのでご了承ください。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ