「日本人はどうして英語を喋らない?」フィリピン人の素朴な疑問

ライフスタイル

吉田和充

「日本人はどうして英語を喋らない?」フィリピン人の素朴な疑問

フィリピンのマニラに来ています。2014年の家族アジア放浪以来のフィリピンです。相変わらず、街からは猛烈なパワーが伝わってきます。街中で、建設工事が行われており、暑さと熱気と、埃と、交通渋滞で、すごいことになっています。

 

 

■フィリピン人の友達

 

2014年にセブ島に行った時、5歳だった長男は、現地でたくさんの友達をつくりました。いまだに、当時のことを思い出しては「楽しかった~」と言っています。

 

うちの長男は、英語がほんの少しできます。セブでは、現地の子が英語を喋っていたので、コミュニケーションが取れていたのです。

 

あとは、子ども同士なので、一緒に遊んでいるうちに仲良くなった、という感じでしょうか。

 

(当時の記事はこちら。『』)

 

長男にとって、英語がほんのちょっとでも出来るだけで、世界の人とコミュニケーションが取れる、と感じた最初の出来事だったかもしれません。

 

 

■なぜ英語を学ぶのか?

 

話は変わって、今回の滞在と自分自身のことを。

 

実はフィリピン人の先生とのスカイプ英会話を3年以上続けています。フィリピン人の先生は、概して発音が良く、ネイティブと変わらない英語を話します。もちろん、フィリピンではスカイプ英会話の先生だけでなく、ホテルでも、お店でも、みな当たり前のように英語が話せます。

 

近年では、母国語のタガログやセブアノよりも、英語を話すようになってきており、さらに「お金持ちや育ちのいい子ほど、親が英語を話すようにさせている」ようです。

 

そこで現地の人に、「フィリピン人は、みんな英語が上手だけど、どうやって勉強しているのか?」と聞いてみました。

 

すると「小学校から英語のクラスがあり、英語で勉強するから、誰でも話せるようになる」と言います。

 

逆に質問を受けました。「日本人はどうして英語を勉強しないの?」

 

「実は結構長い期間、勉強しているよ。でも、どっちかというと文法がメインで、使える英語は勉強しない」と答えました。最近は、以前より「使える英語」を学ぶかもしれませんが、それでもフィリピン人と比べるとまだまだです。

 

さらに「日本人は普段、英語を使わないの?」と聞かれたので、「日本にいたら全く使わない。フィリピン人はどうして(母国語じゃなく)英語を使うの?」と聞いてみたら、「だって、そのほうが多くの人としゃべれるでしょ? 実際、あなたともしゃべれてるじゃない?」と言われました。

 

このように英語を学ぶモチベーションは、非常に単純なのです。

 

 

「なぜ英語をしゃべるのか?」。それは世界中でより多くの人とコミュニケーションが取れるから。逆に話せないのは、コミュニケーションを拒否している、とさえ感じるようです。

 

日本にいると、英語を使う場面もあまりないでしょう。しかし、フィリピンでは、より多くの人と話したい、と思うから英語を学ぶ。そして実際に、「英語が使えないと話せない」というシチュエーションが周りにあふれているのでしょう。

 

今回、話したのは中華系フィリピン人、ブルネイ出身のマレーシア人、アメリカ×フィリピンのハーフ、そしてアメリカ人などです。実際、全員英語でないとそれぞれ意思疎通ができない状態です。

 

「多くの人とコミュニケーションを取りたいから、英語で話す」。この非常にシンプルな動機こそ、大人にとっての英語学習で一番効果的かな、とも感じました。

 

そういえば、うちの長男も同じでした。友達と話したいから「『こっちに行こう!』ってなんていうの?」「『一緒に遊ぼう!』ってなんて言うの?」って、よく聞いてきてましたから。

 

子どものうちから、「英語をしゃべれないと友達と遊べない」という環境においてしまうのは、子どもの英語学習では効果的かもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

吉田和充

クリエイティブコンサルタント 経営戦略、広報広告戦略の立案、実施、プロデュース、商品開発、新規事業立ち上げ、海外進出プロデュースなどのクリエイティブワークを行い、企業や店舗、個人の事業拡大のお手伝いを...

吉田和充のプロフィール&記事一覧
ページトップ