試されているのか!? トレンドの「ダサカッコイイ」はどう着こなせばいい?

ライフスタイル

出典:「」公式サイトより

日本のファッションメーカーのブランドロゴは英文字と相場が決まっているし、ファッション誌の名前もたいてい英文字だ。クルマに家電にマンションまで、欧文表記のほうがお洒落なイメージが保てるとみんながそう思っている。ココンチのサイトも「柑橘類」じゃなくて「citrus」だし。欧文=カッコいいという意識は、日本人の外国語コンプレックスと隣り合わせなのだと思う。

 

それなのにコンバースは100周年モデルの英語表記を、あえて日本語で書いてしまったものだから、どう反応していいのやら。これって残念な漢字をタトゥーにしちゃう誤った日本ファンがいる海外市場向けじゃないの? って思ったら、日本限定だっていうから2度どころか3度見した次第。なんというか「試されている」気がしてならない。これってホントにお洒落なの?

 

この春、GUCCIが「グッチ」とカタカナで書いたウチワ(!)を登場させて、業界人がびっくりしていた。しかもノベルティじゃなくお値段2万円だというからもう一度びっくり。面白がってなんかで反応した人と延髄反応で「超オシャレ!」と太鼓持ちに回った人、そして見て見ぬふりをする人と、様々な反応があってなかなか面白かった。はっきり言って、あれダサいです。

 

じつは今季のトレンドキーワードに「ダサカッコイイ」というのがある。グッチのコレクションはまさにコレ。大阪のオバちゃんが着るようなヒョウの顔がババーンと編み込まれたニットだとか、トラの顔の錠前がくっついたバッグだとか、「うちのおとーちゃんが」でお馴染みの大屋政子ちゃんが着るみたいなでっかいリボンがくっついた花柄のブラウスだとか「コレって、お洒落?」なアイテムだらけだ。これを「タッキースタイル(悪趣味スタイル)」と言う。ちょっと悪趣味なぐらいがお洒落なんだとか。

 

“ダサい”ものを、お洒落に転換するのがモードの得意技。イヴ・サンローランお得意の「ナード」はガリ勉の青瓢箪スタイルだし、トレンドの「ギーク」はアニオタかひきこもりの部屋着がベースだし。ファッションリア充にとって、よくわからないもの、見たことないものをトレンドという名の箱にぶちこんで、ガラガラ回してでてきたものが「あら、お洒落」となりがちです。「昔あったなー」ってものほど、若者は「なにそれ新鮮!」となるのは当然といえば当然のこと。彼らが知らない昔のもの=オジサンが若い頃に流行ったものを面白がるのは、構造脈々と受け継がれるファッションのスパイラル構造。80年代リバイバルとかオジサン赤面な流行が、「いまお洒落」って顔して世の中にでてこられると、どう反応していいやら本当困る。

 

たとえばオジサンたちはピンホールカラーシャツとかタブカラーシャツを80年代DCで経験してるし、くるぶし丈のツープリーツパンツも当時のまんま。小脇に抱えたクラッチバッグに至っては、コワモテ不動産屋が陣取るVIPルームにナンパした女の子を奪われたトラウマがあって持ちにくいいことこの上ない。どれもこれもちょこっとアレンジされているけど80年代バブルの頃、よく見たものばかり。いま見ると「ダサいなー」ってものほど、若者たちにゃ「新鮮」なのは頷ける。

 

しかしですね、はっきり言って、ダサカッコイイは一般人にゃ着こなせません。これってお洒落の試金石だと思うのですよ。おそらく、多分、コンバースは「ダサカッコイイ」を狙ったはず。てことは、かなりハイセンスなファッショニスタじゃないと履いちゃいけません。「コンバース100周年記念のモデルだからカッコイイ!」と延髄反応しちゃう人はもっとダメ。「王様は裸だ!」と言えない人もダメです。そこらのオッサンが履いてたら、パチもんだと思われますよ間違いなく。じゃ、どういう人が履くべきで、どういう人がハイセンスなのか。

 

「タッキー」や「ギーク」をなんなく着こなすファッショニスタなら、おそらくファッション誌なんか読まないお洒落ヒエラルキーの頂点にいる人です。マーケティング的に言えば、サイバーと呼ばれる三角形の頂点付近第1階層。恵比寿から渋谷まで、あらゆるショップをしょっちゅうパトロールしていて、インスタのフォロワー30万人ぐらいいる相当感度が高いインフルエンサーもしくは、『ハチミツとクローバー』で、美和子さんが持ってくるメチャクタださい服を、さらりと着こなしちゃう山崎くん。フォロワーと呼ばれる大多数の第2階層、つまりメディアを読み漁るお洒落好きは、アルベール・エルバスがデザインするAVANT CONVERSEのほうがずっといいと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ファッションエディター・ライター

池田保行

神奈川県横浜市出身。ファッションエディター・ライター。大学卒業後、出版社勤務を経てフリー。 2004年よりファッション エディター & ライター ユニット ZEROYON 04(ゼロヨン)を主催。 毎年1月と6月にイタリ...

池田保行のプロフィール&記事一覧
ページトップ