夏にご用心! 大人のわき汗力検定

人間関係
夏にご用心! 大人のわき汗力検定

梅雨シーズン真っ盛り。ジメジメした日も多いですが、そんな中、夏を先取りしたさわやかなニュースが流れてきました。

 

 

2011年にNHKの朝の情報番組「あさイチ」で、ある日、有働由美子アナウンサーのブラウスにわき汗が勢いよくにじみました。それに対して、視聴者から「見苦しい」という声が届いて、有働アナが番組の最後で謝罪。その後、「謝ることはない」「やっぱり気を付けるべきだ」「私も悩んでいる」など、ネットでわき汗論争が盛り上がりました。

 

私もその日の番組を見ていましたが、スルーしてもよかったのに、自身のわき汗の問題に堂々と立ち向かった有働アナの姿に、深い感銘を受けた記憶があります。その論争をきっかけに、各メーカーがわき汗問題の重要性に気づき、より効果的な新製品を開発。その結果、次々にヒット商品が生まれて、わき汗市場が大いに活気づいているそうです。

 

ただ、こうやって便利な商品がたくさん出ているにせよ、わき汗にまつわる悩みがなくなったわけではありません。わき汗というデリケートな問題に、大人としてどう立ち向かえばいいのか。夏を迎える準備の一環として、検定問題で考えてみましょう。

 

それぞれの問題について、もっとも大人だと思う選択肢をひとつ選んでください。

 

【問1】

憧れの女性と初めてのデート。とても暑い日で、街を歩いているときにふと見ると、彼女のブラウスにわき汗のシミが鮮やかに広がっていました。さて、どうしますか?

 

1.「ドラッグストアで制汗剤かパッドを買ってあげるよ」と気が利くところを見せる

2.「わー、見事なわき汗だね。○○ちゃんはわき汗もかわいいなあ」とホメ称える

3.「今日は暑いから、涼しいところに行こうか」と提案する

4.見て見ぬフリをする

 

【問2】

付き合って半年になる彼とのデート。とても暑い日で、街を歩いているときに彼がいきなり「うわー、わき汗がシミになっちゃった。恥ずかしいー」と言い出した。望ましいリアクションはどれ?

 

1.「近ごろは、いい制汗剤が発売されているみたいだよ」とやさしく教えてあげる

2.「じつは私、わき汗フェチなの。ちょっと嗅いでいい?」と気をつかってあげる

3.「夏の風物詩だね。朝顔やほおずきみたいで風流だと思うよ」と適当にまとめる

4.「えー、どこどこ? シミなんてぜんぜんないじゃない」と見えないフリをする

 

 

【問1】

1.「ドラッグストアで制汗剤かパッドを買ってあげるよ」と気が利くところを見せる

2.「わー、見事なわき汗だね。○○ちゃんはわき汗もかわいいなあ」とホメ称える

3.「今日は暑いから、涼しいところに行こうか」と提案する

4.見て見ぬフリをする

 

【答1】 1-× 2-△ 3-× 4-○

 

【解説】

この状況で、4の「見て見ぬフリをする」以外の行動に出るのは、あまりに果敢すぎます。相手と自分のキャラクターによっては、2ならギリギリ許されるでしょうか。いや、やっぱりリスクが大きすぎますね。1は大きなお世話以外の何ものでもありません。3はやさしい気づかいにも見えますが、ひとつ間違えると、初デートからいきなり大胆に誘っていると誤解されそうです。ま、瓢箪から駒という展開になったら万々歳なんですけど。

 

【問2】

1.「近ごろは、いい制汗剤が発売されているみたいだよ」とやさしく教えてあげる

2.「じつは私、わき汗フェチなの。ちょっと嗅いでいい?」と気をつかってあげる

3.「夏の風物詩だね。朝顔やほおずきみたいで風流だと思うよ」と適当にまとめる

4.「えー、どこどこ? シミなんてぜんぜんないじゃない」と見えないフリをする

 

【答2】 1-× 2-△ 3-○ 4-△

 

【解説】

黙ってシミを作っていればいいのに、面倒臭い彼氏です。1は親切な対応ですが、面倒臭いタイプに限ってプライドだけは高いので、間違いなくヘソを曲げるでしょう。もし彼に人間としての度量の大きさがあれば、2は微笑ましく美しいやりとりになります。でもまあ、単に引かれるだけの可能性が高いでしょう。ここは3のように適当にまとめておくのがベスト。4も深いやさしさがこもってはいるものの、きっとムッとされます。

 

【判定】

2問とも「○」だった人には「わき汗マスター」の称号を差し上げます。周囲の人や自分のわき汗と、その調子で自信をもって付き合っていってください。2問とも「×」だった人は、他人のわき汗も自分のわき汗も、十分すぎるほど慎重に扱ったほうがいいでしょう。みなさんが夏を楽しく過ごすにあたって、この検定が少しでもお役に立てたとしたら幸いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

コラムニスト

石原壮一郎

1963年、三重県生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。大人の新しい概念と可能性を知らしめ、以来、日本の大人シーンを牽引している。2004年に出版した『大人力検定』は...

石原壮一郎のプロフィール&記事一覧
ページトップ