現役医師が話題の「コールドプレスジュース」を体験。確かに効果はある!のだが…

ヘルス・ビューティー

桑満おさむ

現役医師が話題の「コールドプレスジュース」を体験。確かに効果はある!のだが…

■コールドプレスジュースってオシャレだけど効果の方は?
コールドプレスジュースでクレンズしよう!! ニューヨークのセレブの間で大流行!! こんな感じの情報がオシャレに敏感な女性の間で流れています。ニューヨークのセレブ(LAのセレブでもいいんだけど)って言葉に敏感に反応してしまう、もちろん拒否反応ですけど、そんなオッサンの考えを持つから、やっと女性ファンが増えたこのブログもまた嫌われることは火を見るより明らかです。

 

NYでもLAでも構わないし、セレブってのも構いません、許します。コールドプレスってのも「Cold Press」なんだろうなと理解できます。でも「クレンズ」ってなんですか? クレンジングのことで、ひょっとしてあの「デトックス」理論の変形なんじゃ、と考えて試してみましたよ、コールドプレスジュース。

 

42_44

 

これが今回、手に入れたコールドプレスジュースの説明書です。

 

それもあの、「ハイクオリティな女性誌の名前がついているお店のコールドプレスジュースを!!」

 

コールドプレスジュース自体、爆発的なブームなのか静かなブームなのかはオッサンの与り知らないところですが、オシャレにダイエットできて、さらにクレンズ(多分デトックス)できるのなら、そして効果があるのならいいことではないですか(かなり理解を示す姿勢の自分が偉い!)。

 

 

■コールドプレスジュースの特徴は…
まず敷居が高いっす、コールドプレスジュースは。販売している場所がオシャレすぎてオッサンは普通よりつかないファッショナブルな街ばっかりなんです。基本的にオッサンに来て欲しくないオーラをだしているコールドプレスジュース取扱店の姿勢がひしひしと感じられます。

 

このクレンズ作用をもつジュースは茶道のように各流派がある様子ですが、六本木ヒルズという買い物はしないけど、たまーに打ち合わせがあるような場所に紛れ込んで、ゲットしました。コールドプレスの定義ですが、

 

「ジューサーで作るジュースは熱が加わるので栄養素がダメになる」

 

という誠に科学的な理由であり、あの「酵素ジュース」「酵素スムージー」のツッコミどころである「酵素は熱に弱い」という点をカバーしています。中には低速で回転させて熱をあまり発生しないでジュースを作る「スロージューサー」ってのもあります。このスロージューサーですりつぶした果物や野菜(普通は食べないような野菜というか植物も入っている)を「コールドプレスジュース」って呼んでいるようです。

 

じゃあ「プレス」はどっから出てくるんだよ、というオッサン、少々お待ちください。粉砕しつつ圧縮する低速ジューサーってのがあってこれで作るのが「コールドプレスジュース」なんです。さらに、

 

「なぜか食物繊維を取り除いている」

 

という特徴もあります。クレンズだから食物繊維たっぷりで例の「宿便」も解決してデトックスという論法ではないようです(この理由はあとで書きますね)。

 

出来上がったコールドプレスジュースは2日から3日以内に召し上がれ、というのは防腐処置がされていないから、理由なき添加物拒否派の方も納得のクレンズ方法ですね(こんな書き方をするから嫌われるんだな、多分)。

 

 

■クレンズの定義をハッキリしようよ
ゲットしたコールドプレスジュースはクレンズ(整腸)してくれるそうです。腸を整えると肌も綺麗になり、体もスッキリして、するすると出て、体重が減る、という嬉しい効果が医療法・薬事法・医師法を意識して各流派のサイト共通のお客様の感想が記載されています。クレンズは「Cleanses」と記している世界的なチェーン店のサイトにも書かれていますので、「腸を綺麗にする、体を綺麗にする」という意味、つまりあの「デトックス」と同様に考えて問題ないでしょうね。

 

しかし、多くのみなさん、特に「女性のみなさんにはそんなに毒素を常に体内に溜め込んでいるんですか?」というこれまた女性に嫌われる発言をしちゃいます。

 

Juice_Detox_and_Juice_Cleanses

「pressed juices」より。これはオーストラリアなんで、NYでもないしLAでもないけど、オーガニック的オーラは感じられます。

 

■気になるコールドプレスジュースの効果は?
まず、数日前からコーヒーやアルコールなどの刺激物は避けるような指示があり、それからコールドプレスジュースライフが始まります。まずは味の方は果物嫌い・野菜嫌いの私でもなんとか許してあげられるレベルです。この瓶を1日6本飲むのがレシピです……。それ以外は口にしてはいけません!! 結果的に確実に体重は減ります。

 

「そりゃそうだよ、ジュースだけで丸一日済ますんだから、体重くらい減るよ」

 

というのが正直な感想です。榎木孝明さんが「不食」で30日間で体重が9キロ減ったそうですけど、コールドプレスジュースは体重減を目標とするなら、たった1日で彼の10日分くらいの効果がありました。

 

いかに通常の生活で余分なもんを食べまくっているのかがよく理解できる、という面ではこのクレンズ方法はいいかもしれません。ようはほとんどカロリーのない食事を丸一日する、って解釈で問題ありませんので、水だけで過ごしてもいいかもしれません……。たりない栄養はサプリで補給しちゃって。

 

不思議なことに下痢にはなりませんし、お腹もゴロゴロしません。この効果は多分食物繊維を取り除いて、刺激によって排便させる「弛緩性便秘」(弛緩性便秘の場合は食物繊維を大量にとって便のボリュームを確保することがポイントですから)に対応する薬と真逆の理論ですね、だから下痢にはなりにくいんです。弛緩性便秘の場合は食物繊維を大量にとって便のボリュームを確保することがポイントですから。

 

「体が浄化されたというより、精神的に浄化された」

 

という危ない方向へ向かいそうな私のコールドプレスジュースでクレンズ生活でした。そのうちカルマもクレンズしまーす、っていう一見おしゃれな精神修養団体が出現することを予言しておきます……。予言ってどこかで言いまくっていれば、そのうちどれかは当たる、古典的疑似科学の手法ですけどね。

オーサーの個人サイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

桑満おさむ

「地元密着型」というコンセプトで1997年目黒区で開業。 専門は泌尿器科ですが、専門以外の病気であっても「五本木クリニックに相談しよう!」と思っていただけるクリニックを日々作りあげています。 美容皮膚科・美...

桑満おさむのプロフィール&記事一覧
ページトップ