「いつか結婚する」が実現する女と、夢で終わる女の違いとは。

人間関係

citrus 田端 裕司

「いつか結婚する」が実現する女と、夢で終わる女の違いとは。

9回裏、2OUT、満塁、ホームランを打てさえすれば、サヨナラ勝ち。アラフォー女子、結婚するには崖っぷち。でも、どうしても、結婚、出産はしたい。できる確率はどのくらいあるだろう。

 

残念ながら、ほとんどないだろう。サヨナラ満塁ホームランを打てる確率と同じくらいではないだろうか。しかし、世の中を見渡せば大逆転ストーリーを生きている人は確実に存在する。

 

結婚適齢期と呼ばれる時代がある。まあ、今どきだと25歳~35歳くらいだろうか。そのくらいだと、結婚して、1人くらいは出産までできると一般的に思われている。

 

実際、多くの人がそのくらいの時期に結婚していく。だいたい30歳前後がピークになるだろうか。そのあとは、緩やかに減少していく。結婚は早い方がいいとか、逆に成熟してからするほうがいいから遅いほうがいいとかいろいろ意見はあると思う。

 

私個人は、どちらが良いとも思っていない。ただ、それは自分のタイミングで、結婚が、相手が向こうからやってくると思っている。ただ、アラサー女子、アラフォー女子の中には、私もそう思っているのに、全然やってくる気配がない、それどころか、周囲にいたはずの男は、どんどん結婚していなくなってしまったという人も多いはずだ。

 

さらに、友人たちも相手を見つけて結婚していく。しかし、結婚したいはずなのになぜか自分はできない。

 

ある友人カップルの話をしよう。数年前、彼女は大手企業で働いていた。けれど、不況でリストラ寸前。アラフォー、彼氏なし。まさに9回裏2アウトである。しかし、今は、年下の夫と子供の3人で幸せな家庭を築いている。ほとんど確率がないはずの逆転満塁ホームランを彼女は叩き込んだのである。

 

別の友人の話をしよう。彼女はアラフォー女子。未婚である。適齢期に妙齢の男子と知り合うだろうなあと軽く思っていた。確かに出会いがないわけではなかった。けれど、未だ独身。正直、もう結婚も出産も諦めたと語っていた。

 

 

この2つのストーリー、どうしてこんなにも違ってしまったのだろうか。答えは、「決めた」か「決めなかった」との違いだと思っている。もっと言えば、「変わりたかった」か「変わらなくても良いと思っていた」かの違いである。

 

正直、「何、言ってんだ」と思ったかもしれない。結婚しようと思っている、婚活もしている。決めているのに結果がでないじゃないかと批判したくなるかもしれない。しかし、やっぱり違いは、「決めた」か「決めなかった」か「変わりたかった」か「変わらなくても良かった」である。

 

今度は、私自身の話をしよう。私は29歳の夏、前の彼女が結婚したことを知った。おせっかいな友人によってだ。彼女と別れてから、2年近くフリーだったのは、彼女に未練があったことが理由の一つだった。

 

別に、出会いがなかったわけじゃない。微妙な関係だった女子はいたし、それ以外にも、食事に行ったりした女の子もいた。ただ一つ言えることは、当時、自分の生活にそこそこ満足していたことだ。

 

しかし、前の彼女の結婚の知らせは、自分の中で言いようがない寂しさをかきたてた。私は地方に住んでいる。地方は都会に比べて結婚が早く、その年に近所の親しい友人たちは全て片付いてしまった。

 

私は、このままじゃダメだと思った。変わりたいという気持ちが、心の底から湧きあがった。自分自身の中で、彼女を作る、結婚するということに気持ちが完全にコミットしたのである。

 

 

すると、不思議なもので、現実が動き出す。今まで見えてなかった世界が見えてくる。結果、3年後、私は、今の妻と結婚していた。まさに、期待していた未来がやってきたのである。

 

これを読んで下さっている方にだって、経験があると思う。心底、叶えたいと思った願いごとは、必ず叶っているということが。もちろん、自分の期待していた方法での実現ではないことがほとんどだ。私と妻の出会いだって、期待していた方向からではなかった。

 

しかし、ルートはどうであれ、願いが実現するなら問題ないと思わないか。大事なことは、心から、彼氏を作る、結婚するということにコミットすることである。とりあえず、「婚活パーティー、行ってます」とか「コンパで彼氏を探してます」では、あなたの願いは叶わない。

 

人は、基本的に変わりたくない生き物だ。仕事がそこそこ充実している。女子会も楽しい。彼はほしいけど、探すのは大変だから、後回しでいっかと思うかもしれない。しかし、ある日、気がついたら、自分一人だった。そんな状況が嫌なら、結婚するということに真正面から向き合ってほしい。

オーサーの個人サイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

田端 裕司

元草食系男子。ぜったいに変な気を起こさなさそうという印象から、いつのまにか、女子にとって「本音を話せる」相手として恋愛相談が集中し「男の本音がはじめてわかった!」との評判があつまるようになる。相談時間が1000時間を超えた頃から、「モテる男子」「モテる女子」の共通項を発見。自身でも実践することで、相手に困ることがないモテ男子に。

現在は、「ハッピーになれる彼氏、彼女と出会える自分の作り方」のコーチングをおこなっている。また、自分と妻で、長期に渡って良好な男女関係を続けるのはどうしたら良いかを実験中。

ページトップ