玄人っぽい名刺交換時の足さばき

ビジネス

For M

名刺交換のコツは足づかい。スマートにこなせれば玄人の仲間入り!?

 

名刺交換のとき、「さすが!」と思える立居振舞いができる人はほんのわずか。私が拝見するところ、相手との距離感の取り方に問題があるようです。まず、「初めまして。○○と申します」とお辞儀をしますが、その際30度の角度で上体を下げられるよう距離をとって行います。

 

続いて名刺の交換ですが、このままの位置ですと離れ過ぎており不恰好になってしまいますので、半歩ほど前に出ます。名刺を交換しながらのお辞儀は15度ほどですので、これで絶妙な距離となるはず。

 

交換後、再度改めて「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」とていねいな30度のお辞儀をするために、もう一度半歩ほど下がります。ここがポイントで、この足さばきができないために、頭同士がぶつかるのを避けてしまい、軽いお辞儀を何度も繰り返してしまう素人っぽい名刺交換となってしまうのです。

 

以上、足さばきに気をつけながら所作を流れるように行えば、スマートかつメリハリがあり、相手に安心感や誠実さをアピールできますね。

 

( 撮影:石井幸久 文:諏内 えみ)

 

※この情報は2014年8月10日現在のものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

For Mの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

For M

For M

現代の男たちに足りないもの、それは「熱」。 仕事・遊び・趣味・恋愛に、何事も全力投球でまっすぐな熱さを持って打ち込む。そんな“熱男”こそ、我々が目指す“現代の伊達男”だ。 For Mでは...

For Mのプロフィール&記事一覧
ページトップ