ドライアイ、スマホ老眼、シミやシワも予防して目ヂカラUP!一日3分の簡単「眼トレ」法

ヘルス・ビューティー

 

スマートフォン、SNS、ブルーライトなどで、気づかないうちに私たちの目はコチコチに。疲れ目、かすみ目、ドライアイ、近視、スマホ老眼……どんどん「目力(ヂカラ)」がなくなってしまいます。

 

実は、目のためにできることは、たくさんあります。「キラキラ輝く目」「人を惹きつける目」「うるおいのある目」を取り戻しましょう。目力がアップすると第一印象がよくなる、信頼される、ポジティブになる、もっと行動的に──。「目は口ほどに物を言う」は本当です。心も体も毎日も驚くほど変わります!

 

 

■「目の大きさ・形」に関係なく、誰にも目力がある

 

一重、二重、奥二重、丸い目、細い目、たれ目、つり目……。目そのものの個性はさまざまですが、目力は目の大きさや形に関係ありません。目が元気に輝いている状態です。 女性の中には、アイシャドウやマスカラ、つけまつ毛などで、目力アップを目指している人も多いかもしれません。でも、メイクなどでパッチリさせる方法は、内側から輝くような本当の目力アップにはつながりません。

 

目の悩みがなくなれば、パッチリと目が開いて、気持ちも晴れやかになります。目力の強さは、心と体の健康状態とイコールなのです。目の悩みは、「眼トレ」やケア、生活習慣の見直しで改善できます。いろいろ試していくうちに、さらに目が健康的になり、目力も確実にアップするでしょう。

 

 

■「ドライアイ」「スマホ老眼」にならないコツ

 

ついついパソコン作業に集中したり、スマホチェックに夢中になったり……ということはないでしょうか? 気がつけば、目はショボショボ……。ふつうは1分間で20回程度のまばたきを無意識にしていますが、パソコンやスマートフォンの画面を見続けると、まばたきの回数が、4分の1から3分の1程度に減ってしまうと言われます。そうなると、ドライアイやスマホ老眼になりやすくなります。予防するためにも、目にやさしい環境でパソコン作業をするようにしましょう。

 

  • 画面と目の距離:50センチから70センチの間にする
  • 画面の高さ:視線がやや下向きになるようにパソコンを置く
  • 画面の明るさ:画面と手元、部屋の明るさに差がつかないように調整する

 

また、スマートフォンも、ブルーライトカット機能を使ったり、画面の明るさの設定を暗めにするなどしてみてください。わずかなことでも、一日に何度も画面を見るので目の疲れ具合が違ってきます。こうした毎日の積み重ねが、大きな差になっていくのです。

 

 

■「目の下のクマを消す」目力アップ眼トレ──「グーパーまばたき」

 

パソコンやスマートフォンを見続けていると、肩こりになるのと同じように、目のまわりの筋肉も緊張し、血流が悪くなっています。静脈のうっ血が原因の目の下のクマは、疲れた印象を与えてしまうので、まさしく目力の大敵。また、乾燥や睡眠不足、ストレスなどで、目元の小ジワが目立つ人もいます。

 

こんなクマやシワに効くおすすめの簡単眼トレは、「グーパーまばたき」。

  1. 目をギュッと閉じ、閉じた目の中で「寄り目」をつくる。その状態を2秒キープ。
  2. 次に目を大きく見開く。その状態を2秒キープ。

1、2を3~5回ほど繰り返します。1日に何度行なってもOK。

 

目のまわりの筋肉全体をほぐし、クマも小ジワも改善します。しかも、まばたきをすることで、ドライアイの予防にも役立ちます。

 

 

■「目力」に、あなたの個性や魅力があらわれている

 

実は私自身、かつては、「どんよりした目」「むくんだ目」「疲れた目」……をしていました。忙しさのあまり自分をかえりみず、睡眠時間は不規則、食事もコンビニエンスストアやインスタント食品ですませることもしばしば。常に体調がすぐれず、イライラしたり落ち込んだりと気持ちも不安定でした。

 

40歳を過ぎて、アンチエイジングドクターとして取材を受けるようになり、雑誌に掲載された自分の姿を見て驚きました。「あれ、これって私? このままではマズイ……」と。一念発起し、「眼トレ」や「目にいい生活」をはじめました。すると、体調はよくなり、メンタルも安定、1年間で15キロのダイエットにも成功! まわりからは、「最近、目が輝いているね。恋でもしているの?」などと詮索される(?)ようになったり、人との出会いや新しい仕事のチャンスが増えたり、目力がアップしたおかげで人生が変わっていったのです。

 

目力は「その人自身が持つパワー」、つまり、個性であり魅力そのものです。ところが、多くの方は忙しい毎日の中で、インターネットやスマートフォンで目そのものを酷使しています。だからこそ、ちょっと意識するだけで、目はもっと健康になります。すると、「見た目」も「気持ち」も「元気さ」も見違えるほどよくなっていきます。

 

『』でご紹介するトレーニングは、誰でも簡単に目力をアップさせる方法です。しかも、1分もかからない、ちょっとした空き時間にできるものばかり。いくつか組み合わせて1日に3分ほど目を大事にしていただくと、着実に目力がアップしていきます。今日できることから、はじめてみませんか。

 

【関連書籍】

『』(三笠書房・王様文庫)

 

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

医学博士

日比野佐和子

医学博士。Y'sサイエンスクリニック広尾統括院長。大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業、博士課程修了。大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授、同志社大学アンチエイジングリサー...

日比野佐和子のプロフィール&記事一覧
ページトップ