迷惑タキビストにならないで!アウトドア派のための「焚き火マナー」10の基本。

ライフスタイル

BE-PAL

森や浜で燃料を集め、火をつけ、自分でコントロールする。

 

焚き火はそれだけで、ひとつの大きな体験だ。

 

子供でも初心者でも、手順をおえば火を起こすのは簡単。一人前のタキビストになるための、10の基本をご紹介。

 

 

1 焚き火をする場所

 

 

多くの場合、河原や海岸での「軽微な」焚き火は容認されているが、管理する自治体ごとにルールが異なる。キャンプ場も直火禁止、焚き火台必須などそれぞれに条件が異なるので、出かける前に確認を。火床の場所はテントや木から4~5m離し、万一に備えて水場も近いと安心。植物が生えているところは避け、砂地や赤土の上を選ぶ。もとが腐葉土の黒土は、土が燃えることがあるので注意すること。

 

 

2 焚き火基本道具

 

 

薪を小割りにするための両刃(繊維、に沿って割りやすい)の鉈のほか、薪から焚きつけを削り出すために。小回りのきくナイフもあるとよい。木のささくれや焚き火の熱から手を保護するのに、耐熱性の手袋(革手袋でもOK)も必須だ。点火具には防水マッチなどを。不慣れなうちはノズルの長いライターが便利。火のついた薪を組み直すための火ばさみも忘れずに。

 

 

3 薪ひろい

 

 

 

針葉樹(左)は繊維の密度が低く、空気が入りやすい。そのため燃えやすいが火もちが悪い。逆に広葉樹(右)は繊維の密度が高いぶん、火つきが悪く、火もちがいい。針葉樹と広葉樹は葉を見れば区別しやすい。できれば両方集め、最初は針葉樹で火を。おこし、安定してきたら広葉樹に代えていくとよい。枝は地面に落ちて湿っているものより、立ち枯れたものがよく燃える。

 

 

4 焚きつけ材料

 

ライターの炎を直接薪に近づけても火はつかない。まずは火口(ほくち)となる焚きつけに火をつけ、小さな炎を作る。少ないと薪に燃え移る前に燃え尽きてしまうので、多めに用意するのが失敗しないコツ。身近なところに良材があるので、探してみよう。

 

 

(右上から)

 

マツの葉
極細の葉は大量に集めるのが大変だが、松脂が含まれるため、着火材に最適。都会の公園などでもすぐ拾える

 

麻ひも
家庭にある荷造り用の麻ひもも、よい燃料となる。編んである物を指でよくほぐし、毛羽立たせておくと火がつきやすい。

 

マツボックリ
マツ葉同様、松脂を含むマツボックリ。乾いていればマッチ1本で着火し、火もちもほどほど。着火材としても燃料としても重宝する。

 

スギの葉
焚きつけの代表選手。茶色く枯れたものを拾うこと。はじめは煙を大量に出すが落ち着くと勢いよく燃え上がり、火力も十分。

 

シラカバの皮
カンバ類の樹皮は東北から中部高地で使われる。樹脂を多く含み、火が強く、火もちがよい。採集は立ち枯れの木や倒木から取ること。

 

 

5 薪の下準備

 

野外で拾える太い薪は、樹種や乾燥状態も不揃いで慣れるまで扱いづらい。それに比べ、市販されている薪はよく乾いており使いやすい。購入した薪はたいてい太すぎるので、火がつきやすいように鉈で小割りにして使用する。また、皮がついたままの木や表面が濡れた木は燃えにくいので、皮をナイフで毛羽立たせておくと、焚きつけからスムーズに火が燃え移る。

 

刃先が定まるように、薪の中心に鉈をおき、 ほかの薪などで背を叩いて木口に食い込ませる。

鉈の頭を叩いて途中まで食い込ませたら、あとは薪ごと振り上げて下に叩き付けて割る。

ナイフで皮をめくるように切り込みを入れる。この部分から火が燃え移りやすくなる。

 

6 薪の整列

 

 

細い薪から太い薪へ徐々に火を移していくのが焚き火の基本。最初は爪楊枝程度の太さのもの、そこから割り箸、鉛筆程度の太さと、どんどん太くしていく。最初はよく燃え上がるようにたくさんの細い薪を投入するが、太くなるほど、一度に加える量は少なくする。写真でだいたい総重量が3〜4㎏。これだけあれば、火を楽しむだけではなく、一家4人分の飯炊きにも十分。

 

 

7 かまど作り

 

 

熱を逃がさず、防風性をアップさせるのがかまど。しかも、火が広がらないようにする防火の働きもある。石と石の間にはすき間を作って空気の通り道を作り、効率よく薪を燃焼させる。4人家族なら直径30~40㎝程度が使いやすい。あまり大きいと効率が悪い。三方を石3つで囲んだり、太い薪を風向きと平行に2本並べ、その間で焚き火をしてもいい。

 

 

8 火をおこす

 

かまどの中央によく乾いた焚きつけ(スギの葉など)を多めに置く。密集させること。

その上に爪楊枝からストロー程度の小枝を同じ方向に揃え、ギュッと束にして置く。

もうひと回り太い枝を斜めに立てかけ、焚きつけに着火。火が広がったら徐々に薪を足す。

 

9 秘密兵器

 

 

 

 

 

火がくすぶったり、煙が大量にでる原因は焚き火が酸欠状態のことが多い。そんなときにはうちわや扇子などで風を起こして酸素を送り込む。ピンポイントに狙いを定める場合は、火吹き竹が便利。コツはなるべく燠おきに近づけて長く吹くこと。新たな薪を添えて吹けば、消えかけた小さな燠からでも、もう一度大きく火を起こすことができる。

 

 

10 焚き火のあとかたづけ

 

立つ鳥あとを濁さず。焚き火は最後まで完全燃焼させるのがマナー。最後まで燃やしきると火床は黒から白になり、目立たなくなる。燃え尽きたら灰の上に水をかけ、熱を完全に奪い取る。直火OKのキャンプ場でも環境に与えるインパクトを最小に抑えるために、以前誰かが火をたいた場所(ファイアスポット)で焚き火をしたい。かまどの石はその目印にもなる。

 

薪は最後まで完全燃焼させたら、穴を掘って灰を入れ、水をかけてから土をかぶせる。

かまどの石を上に積み上げ、終了。こうしておくと、 ここがファイアスポットだとわかる。

 

最後までキレイにして、親子、仲間、恋人と、とっておきの想い出を作ってみてください!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BE-PALの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

BE-PAL

BE-PAL

小学館が発行する1981年創刊のNo.1アウトドア情報誌「BE-PAL」のWEBサイト。「自然を手でつかもう!」をキャッチフレーズに、人生を豊かにする非日常の体験の価値を発信。生活の中に”自然なモノ・コト”...

BE-PALのプロフィール&記事一覧
ページトップ