アパレル店員の飲酒接客は、残念ながら100%救いようがないケースだ

話題

 

今の世の中、「100%アンタが悪い!」と断言できる事件やトラブルのニュースを見つけるのは、案外にむずかしくなってきているのではなかろうか。

 

殺人や傷害や薬物使用……など、法を犯した刑事事件ですら、そのシチュエーションによっては、ささやかながらも被告側への同情の声が聞こえてくることだって、ままある。

 

「一昔前までは(少なくとも公の場だと)沈黙していた類の人たちのさまざまな意見・考え方がインターネットの普及によって一気に噴出した」というのは、その大きな要因として無視できない。結論を模索するための判断材料がこうやって氾濫しすぎているがゆえ、正否のジャッジを下す前に、みずからがフリーズしてしまうわけだ。

 

しかし、イリオモテヤマネコばりの絶滅の危機に瀕しているとは言え、「100%アンタが悪い!」と、心おきなく批難に専念できる“救いようがないケース”も、稀ではあるが間違いなく実在する。今から紹介する案件なんかは、まさにその格好なサンプルだと言えよう。

 

J-CASTニュースによると、……らしい。事のあらましは次のようなものである。

 

「店員がビール飲みながら客に接客してて普通に話しかけてきたんやけど」。9月24日夜、ステュディオス福岡パルコ店を営業時間内に訪れたという男性の一人が、こんなツイートを投稿した。

 

ツイートには3枚の画像が添えられている。1枚は店舗スタッフとみられる男性が缶ビールを手に持っている写真で、残りの2枚は店内のショーケースの上にビールやチューハイの缶が置かれた写真だ。

 

(中略)続くツイートでは、店舗スタッフの様子について「多分全員飲んでた」「ベロベロやった」などと振り返っていた。

 

一連の告発ツイートを受け、ネット上では

 

「接客中にビール飲んでるって前代未聞の異次元レベル…本気で引くわ」

「アルコールじゃなくても見えるとこに置いといて接客されたら嫌だわ」

「うちもセレショだけどあんな舐めた態度で仕事なんてできない」

 

……ほか、ここぞとばかりの集中砲火が浴びせられているという。

 

J-CASTニュースの取材を受け、パルコ本部の広報PR室の担当者は、

 

「営業終了後に常連客を対象にしたリニューアル記念パーティが店内で行われる予定で……(云々。以下略)」

 

……と、苦しい言い訳に終始しているが、コイツはどんな理由があったにせよ100%アウト。絶対にあかんやろ。「はい、ネット住民の皆さ〜ん、ここはちゃんと怒るとこですよ〜」といった感じではないか。

 

千歩ゆずって、記念パーティに招待されたお客さま用のアルコールだったとしても、「缶」ってところが非常に貧乏臭くていただけない。せめて、グラスに注がれたシャンパンくらいは出してもらいたい。出してくれたとしてもスタッフが飲むなんてことはあり得ないんだが……。

 

私は「1%でも自分に非やジャッジへの不安があれば、他人に怒ることができない」人間ゆえ、通常この手のチンコロツイートを見つけたら「隠し撮りってえのも姑息だよな…」みたいな温情の弁をついつい発してしまいがちなんだけれど、今回に関しては別だ。隠し撮り、大いにけっこう! どんどん撮りまくってがんがん告発してください……と、炎上の横から段ボールを扇ぎながら、どくどくと油を注ぎたい。だって、こんなお店でお金払って高い洋服買うの、嫌じゃないですか。だから、こういう情報はもっともっと拡散させて、私たちのお店へと向かう足を踏みとどまらせてもらいたい。以上!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

山田ゴメス

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール
ページトップ