2017年インフルエンザ、オーストラリアでは73人が死亡!!今年の傾向と対策は?

ヘルス・ビューティー

桑満おさむ

■流行の兆し、2017年インフルエンザ対策はワクチン接種が基本なんですけど・・・ 

 

毎年、冬のインフルエンザ(季節性)が流行する時期になると、なぜかワクチン接種反対論が浮上してきます。インフルエンザの予防接種しても効果がない、インフルエンザワクチン接種は副作用が怖い、なかにはインフルエンザワクチン接種を勧めるのは巨大ワクチン業者と医療関係者の陰謀だあ!!なんてことまで言い出す集団があります。

 

健常な成人ならインフルエンザに感染しても重篤な症状にはなりにくいのですが、高齢者や乳幼児は死に至る場合もあります。

 

◎2017年はオーストラリアでは9月までに73名がインフルエンザで死亡しているとの報告があります。

 

ちなみにオーストラリアの人口は2500万人程度です。さらに特徴的なのは

 

◎大流行はあまりしないはずのB型インフルエンザも猛威を奮っている

 

のです。

 

より

緑色が大流行はしないと言われていたB型インフルエンザです。

 

インフルエンザワクチンによる副作用(ワクチンの場合は正式には副反応と呼びます)を喧伝する方々へはいままでさんざん反論を試みました。

 

このような反ワクチン派は一般的にをする傾向があるので手のうちようがありません。エビデンスをもとにワクチンの危険性を訴える、あるいはインフルエンザ治療薬の副作用の多さを主張するのなら、それなりに一理あると考えますが、どうも化学物質忌避を拗らせて「」的な方も多いようです。インフルエンザワクチンの効果等については今まで多くのブログを書いてきましたので、今回は2017年インフルエンザ流行をどのように防ぐかを中心に述べてまいります。

 

注意:インフルエンザワクチン接種はアレルギー等がある方の予防方法としては適切ではありません。 

 

 

■インフルエンザ予防対策の一番はワクチン接種なんだけどなあ・・・

 

今まではうがいがインフルエンザの予防法の一つとされていましたが、これ実はあまり効果ないとの研究結果がでていますので、でも「うがい」は「インフルエンザ(季節性)に感染しないためにはどうすればいいのですか?」からは消え去っています。

 

うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。

重要視されているのが手洗い、前掲の首相官邸サイトにも正しい手洗いの方法がイラスト入りで掲載されていますので、ご覧下さいませ。

 

◎インフルエンザに感染して苦しまないためにはワクチン接種が一番

 

なんですけどねえ。どうしてもワクチンは嫌って人は手洗いを十分に行って下さいね。手洗いによってご自分も感染から予防できますし、自分が感染したら次の感染源となって第三者に移すことにもなりますから。

 

 

■冬じゃなくてもインフルエンザって流行しているよ

 

イメージとしてインフルエンザって冬に流行すると思っている方多数だと予想します。南半球と北半球では冬と夏が逆になっているから、年中インフルエンザが流行している、これは半分正解で半分間違いなんです。

 

実はインフルエンザが気候によって流行するのは温帯地方の特徴であって、熱帯地方では年中インフルエンザに罹患する危険性があります。には2017年のインフルエンザの世界の流行状況について

 

南半球温帯地域と南アジア、東南アジアの一部の国では、高いレベルでインフルエンザの活動が報告され続けていました。中米、カリブ海沿岸諸国のいくつかの国でも、引き続き、インフルエンザの活動が報告されました。(一方)北半球温帯地域では、インフルエンザの活動は低調なレベルにとどまっていました。世界全体では、インフルエンザA(H3N2)ウイルスが伝播しています。

と書かれています。海外に出張や旅行をしたことによってインフルエンザに感染するリスクは年中あるということをぜひ知っておいて下さいね。WHOの2017年8月6日までの世界の流行状況はこのようになっていて、南半球はもちろんのこと、熱帯地方では常にインフルエンザ感染が報告されていることがわかります。

 

より

■さあどうする2017年のインフルエンザ対策 

 

今年猛威を奮っているインフルエンザでの死亡者の81%はインフルエンザA型のH3N2であったとCNNは報じています(CNN「」より)。さらにCNNはこんなことも報じています。

 

インフルエンザのワクチンは毎年、南半球向けと北半球向けにA型とB型を組み合わせてつくられる。ニューサウスウェールズ州衛生局によれば、今年のワクチンに含まれる4種類のウイルス株は、流行しているウイルスとうまく合致していると思われる。しかしH3N2株に対するワクチンは、うまく合致していながら感染予防の有効性が低いことが分かっているという。

死亡者を多く出しているH3N2に対するワクチンの有効性が低いという文言が独り歩きしだした時の反ワクチン派のドヤ顔が頭に浮かぶのが非常に不愉快です。今年のインフルエンザ予防接種に日本で使用されるワクチンは 

 

  • A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
  • A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)
  • B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
  • B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)


の4種類が成分になっています。

 

となると、インフルエンザA型におけるオーストラリアで効果が低いとされたH3N2の効果に疑問がでてくることになってしまいます。私が調べた範囲の今現在はなぜH3N2株に対して効果が薄かったのかの理由はわかっていません。しかし、予想外に流行しているB型に対してはワクチン接種は効果がありますし、A型に対しても全く効果がなかったわけでもありません。感染しない、感染を拡大しないためにはワクチン接種が予防法の第一選択であることにかわりはありません。

 

目黒区ではインフルエンザワクチン接種を10月から開始しますので、早めの接種をお勧めいたします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

桑満おさむ

「地元密着型」というコンセプトで1997年目黒区で開業。 専門は泌尿器科ですが、専門以外の病気であっても「五本木クリニックに相談しよう!」と思っていただけるクリニックを日々作りあげています。 美容皮膚科・美...

桑満おさむのプロフィール&記事一覧
ページトップ