「下流老人」「老後破綻」は特別ではない。高齢の生活困窮者は予想外に多い

マネー

石川 智

「下流老人」「老後破綻」は特別ではない。高齢の生活困窮者は予想外に多い

今年の流行語大賞。この候補にノミネートされていたのが「下流老人」でした。

 

さすがに、この言葉の意味するものは「重たい背景」ですから、受賞をあえてしなかったのかなぁ、なんて穿った見方もしてしまいました。それくらいインパクトがあったのも事実だと思います。

 

この下流老人や老後破綻という言葉、皆さんはどう受け止めているでしょうか?

 

「大げさな!」「私には無関係」と思われる人もいるでしょうが、実際に私が経験したことから、ご判断いただければと思います。

 

私の仕事は、「家計の専門家」、ファイナンシャルプランナーです。

 

いわゆる「現役世代」の家計の見直しアドバイスや、保険相談などを主な仕事としてきましたが、ここ数年、縁があり、終活の講演会で講師をしてきました。

 

このような終活講演会には、退職した方から80代までの「元気なお年寄り」が沢山いらっしゃいます。多い時は150人ほどの参加者を前に、面白おかしくお話しさせていただくわけですが、皆さん身を乗り出して「終活」に関することを学んで下さいます。そのパワーたるや、私もタジタジになるほどです。

 

今年も終活講演会を何本も行ってきたわけですが、それと平行して新しく取り組み始めた仕事もあります。それが「生活にお困りの人への家計アドバイス」です。

 

地元の社会福祉協議会をお手伝いする形で、この仕事をさせていただいているのですが、この現場でショックを受けることがよくあります。

 

それが、「高齢者の生活困窮者が、予想外に多い」という事実なんです。

 

 

例えば、70代で生活保護になる人、80歳近くになり貯金が0になってしまった人、60代で税金の滞納や多重債務に苦しむ人などなど……。私たち40代が、幼い頃に抱いていた、悠々自適の「お年寄りの生活」とはかけ離れた人が、「普通に」いるという、このことを、皆さんはどうお考えになるでしょうか?

 

そんな方たちのように生活に困窮している高齢者もいれば、私の講演会で楽しそうに過ごす高齢者もいる。

 

このギャップを「家計の専門家」として「それは極端な例でしょう!」とは、とても言えないのです。

 

なぜならば、生活に困窮している人がそうなったきっかけは、本当に些細なことからというケースが少なくないからです。

 

誰もが下流老人や、老後破綻するとは決して言い切るつもりはありませんし、不安を煽るつもりもありません。

 

しかし、今の現役世代、特に40代、50代の人に言いたいことは、「終活には2つのパターンがあり、どちらのパターンにあなたが落ち着くかは、高齢者にならないとわからない」ということです。

 

ですから、終活世代になる前に、

 

「できる限りの経済的準備・家計管理能力」

「病気になかなかならないような健康的な身体」

「仮に高齢期に一人になっても、普通に生活できるような日常生活のスキル」

 

を、必ず、手に入れて欲しいのです。そして、これこそが、本来するべき「退職準備」ではないかと思うのです。

 

そんなことを流行語大賞のニュースを見ながら考えてみました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

石川 智

FP-RECO ご当地FP。1966年高知県生まれ。高知学芸高校、亜細亜大学を卒業後、トヨタビスタ高知(現ネッツトヨタ南国)に平成4年に入社。 当事は珍しかった顧客満足度を高める営業スタイルを7年間にわたり勉強・実践...

石川 智のプロフィール&記事一覧
ページトップ