並んでも食べたい!老舗パン屋「ペリカン」直営の「ペリカンカフェ」の至極のトーストメニュー5選

ライフスタイル

食楽web

食楽web

ご存知「パンのペリカン」は、浅草・田原町で昭和17年から続く老舗のパン屋。ペリカンといえば「ロールパン」「食パン」が有名で、パン好きの間でこの店を知らない人がいないほどの名店です。今も1日でロールパン4000個、食パン400本が売り切れるというのですから、その人気のほどが十分わかっていただけると思います。

 

4代目主人の渡辺陸さんの著書『パンのペリカンのはなし』(二見書房)を読んでみると、「時代によってパンの届け方のスタイルを変えている」という話が出てきます。その新たな届け方のひとつとして、2017年8月末に直営カフェがオープンしました。その名も「ペリカンカフェ」。こちらは陸さんの母である渡辺馨さんが切り盛りしています。

 

16種類のフードメニューのなかには、ペリカンの食パンを使ったトーストやサンドイッチがずらり。行列をしてでも食べたいイチオシメニューをご紹介したいと思います!

 

 

■絶妙な甘じょっぱさがクセになる「小豆トースト」

 

ペリカンカフェで使用されている食パンを使ったメニューは全部で12種類あります。生食のサンドイッチとトーストがあり、トーストは特注の炭火焼き台を使用しています。メーカーと一緒に試行錯誤を重ねる中で、“最適な炭火と焼き網の距離”を見つけて作ってもらったそう。

 

この台では1日中トーストが焼かれており、店内にパンの焼ける香ばしい香りが立ち込める。

 

格子状のおいしそうな焦げ目はもちろん、遠赤外線で焼き上げるから、表面はカリっと、中はふわっと仕上がるのがポイントです。

 

そんなトーストメニューのなかで、「こんなの初めて!」と筆者が感じたのが「小豆トースト」。喫茶店などでもたまに見かけるシンプルなメニューですが、そんじょそこらの小豆トーストではありません…!

 

小豆トースト 480円

 

食パンの厚みは約3cm。ペリカンで販売されている「角食1斤」サイズの食パンをカットしており、その厚みだけでも一気に“ご馳走感”が増します。

 

さっそくひと口食べてみると、サクふわの食パンと甘さ控えめな粒あん、ホイップされたなめらかなバター、メープルシロップが絶妙に絡み合い、何とも言えない甘じょっぱさが楽しめます! この小豆は毎日お店で炊いているそうで、本当に甘さがちょうどいいんです。

 

粒あんの程よい甘さとホイップバターの塩気が、トーストのおいしさを引き立てる。

 

そして、なんといってもトースト自体にむぎゅっとした歯ごたえがあり、噛めば噛むほどに小麦の甘みが感じられます。トーストしてあることによる香ばしい風味も食欲をそそりますし、こんなに日本人の舌に合うと思える食パンを食べたのは初めてかもしれません。

 

シンプルなトーストが楽しみたい人は、「炭焼きトースト」(単品320円/ドリンク付き540円)を食べてみてください。ペリカンカフェオリジナルの「ブレンドコーヒー」(単品430円)は、ペリカンのパンに合う軽さと酸味を意識してブレンドされており、トーストやサンドイッチと一緒に食べたときに主張しすぎません。コーヒーが苦手な人は、オリジナルの「ブレンドティー」(単品450円)を頼んでもいいでしょう。

 

ブレンドコーヒーは、東京・築地にある「ライブコーヒー」の焙煎豆を使用。すっきりした味わいが特徴だ。 

 

■アルコールにもぴったりな「黄色いチーズトースト」

 

ペリカンカフェは、チーズトーストにもこだわっています。「白いチーズトースト」と「黄色いチーズトースト」の2種類があり、白いチーズトーストはモッツァレラチーズがベースです。今回はチェダーチーズをメインにした「黄色いチーズトースト」をいただきました。

 

黄色いチーズトースト 540円

 

ひと口食べてみると、ただチーズが載っているだけではないことがわかります。そう、チェダーチーズとウスターソース、マスタード、バターなどを一旦パテにしてから、食パンに塗ってトーストしているんです。

 

とろりと溶けたチェダーチーズは見た目も香りも食欲をそそる。

 

これは英国風のチーズトースト「ウェルシュラビット」というメニューなのだそう。筆者も初めて食べたのですが、いろんな味が複雑に絡み合って、次々に食べ進めたくなる中毒性すら感じます。

 

個人的にはカリッと焼けたパンの耳と、そこにはみ出したチーズのカリカリもたまりません。しっかりした味付けなので、白ワイン(480円)やビール(540円)と一緒に注文しても良さそうです。

 

 

■厚切りハムが贅沢な「ハムカツサンド」

 

食べていて懐かしさを感じたのが「ハムカツサンド」です。そして、ただ懐かしいだけでなく、しみじみとおいしいと思えるのも、ペリカンの食パンを使っているからこそ。

 

ハムカツサンド 650円

 

ハムカツは、地元の「浅草ハム」のロースハムをパンと同じくらい分厚く切って揚げてから、少し酸味のある自家製のソースを絡め、千切りキャベツとともにサンドされています。使用しているマヨネーズも自家製で、ハムカツに使われるパン粉もペリカン製。

 

こってりしているように見えますが、実際に食べてみるとソースのおかげで非常にさっぱりしています。また、厚切りのハムカツは食べ応えがあり、思わず食べながら笑みがこぼれそうになる贅沢感が味わえます。

 

 

■甘いだけじゃない「パンの耳揚げ」は初めての味わい

 

パンの耳が好きな人にぜひ食べてほしいのが、「パンの耳揚げ」。シンプルにパンの耳を揚げて味付けしたものなのですが、これがなかなかにオンリーワンなおやつなんです。

 

パンの耳揚げ 320円

 

それもそのはず、一見するとシナモンシュガーがかかっているのかと思いきや、実はカレー粉と砂糖がまぶされています。そして、この組み合わせが想像以上にクセになる! 最初は甘さを感じるのですが、そのあとをカレー味が追いかけてきて、なんとも言えない優しい味になります。

 

ビールに合わせるのもいいですが、同じスパイスつながりでジンジャーエール(単品450円)に合わせても良さそうです。

 

 

■華やかな見た目の「フルーツサンド」はクリームも絶品!

 

インスタ映えも意識したという「フルーツサンド」は、生の食パンにたっぷりのクリームとフルーツを挟んだひと品です。こんなに厚みのあるフルーツサンドはなかなか見かけませんよね。

 

フルーツサンド 860円

 

使用されているフルーツは、イチゴ、キウイ、ドラゴンフルーツ、バナナ、巨峰、黄桃など。ひと口食べるごとにいろんなフルーツが楽しめるようになっています。

 

また、特筆すべきはフルーツの隙間を埋めるクリーム。これは生クリームとフロマージュブランを混ぜ込んでおり、軽い口当たりのなかにしっかりコクも感じられます。普段フルーツサンドの生クリームのくどさが苦手な筆者も、このフルーツサンドはおいしいとしか言いようがありません!

 

日替わりのサンドイッチ、トースト、スープも揃う。

 

平日のランチタイムや土日は行列が絶えない同店ですが、平日の朝8時から11時、16時から17時は並ばずに入れることもあるそう。変わらない味を守り続けるパンのペリカンが提案する新しいパンの食べ方を、ペリカンカフェで体験してみませんか?

 

 

●SHOP INFO

 

店名:ペリカンカフェ

住:東京都台東区寿3-9-11

TEL:03-6231-7636

営:8:00~18:00(ラストオーダー 17:00)

休:日・祝

 

●著者プロフィール

取材・文/今西絢美

編集プロダクション「ゴーズ」所属。デジタル製品やアプリなどIT関係の記事を執筆するかたわら、“おいしいものナビゲーター”として食にまつわる記事も執筆中。旅先でその土地ならではのローカルフードを探すのが好き。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

食楽webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

食楽web

食楽web

食べ飲み歩きを愛する30〜50代の男女に向けた、美食と酒のウェブマガジン。食にまつわるトレンドがめまぐるしく変化する昨今、レストラン・レシピなどの最新情報を、タイムリーに発信中。編集部による徹底リサーチに...

食楽webのプロフィール&記事一覧
ページトップ