【働く女子の「モテ道場」】バリキャリ女子には何が足りない? 「好きじゃない人に好かれる」問題の本質とは

人間関係

植草 美幸

 

男性の場合、「仕事がデキる=モテる」の構図が当てはまります。女性が結婚相手に求める条件の筆頭が「経済力」なので、それも当然。ただ、女性の場合、似ている部分はあっても、まったく違うところがあります。私は立ち上げた結婚相談所で、60~80%の成婚率を誇る現役婚活アドバイザーです。以前、異業種でバリバリのキャリアウーマンとして働く中、「世の中には仕事ができても恋愛のできない女性が多すぎる!」と感じ、結婚相談所にビジネスチャンスを見出しました。そんな私が、仕事と恋愛とで考え方を分けるべき部分を解説します。

 

 

■「好きじゃない人から好かれて、好きな人から好かれない」のは当然

 

「好きな人から好かれないのに、好きでもない人からは好かれちゃう」

 

結婚適齢期の女性、とくにバリキャリ女子の皆さんから、しばしばこんな言葉を聞きます。でも、それってよく考えれば当たり前のことです。むしろ、理由が分からないのは戦略的思考が足りてない証拠。まず、「好いてくれない好きな人」ってどんな人でしょうか? カッコいい人、仕事ができる人、尊敬できる人、偶然出会った人……いろんなタイプの人がいるでしょう。でも一つだけ共通しているのは、1ミリもこっちを向いてない「片思い以前」の相手ってことではないでしょうか。そもそも「片思いの好き」なんて、ただの妄想です。あなたが一方的に「好き好き」と思い焦がれているだけで、相手のことをよく知りもしないのですから。

 

同じ理由で、好きじゃない人に好かれるのも当たり前です。あなたは相手のことを知らないし、興味がない。だから、相手はあなたにモーションをかけてきます。これで「好きじゃないのに好いてくる」状態になります。

 

実は恋愛って、「好きじゃない人から好かれて、好きな人から好かれない」のが当たり前。むしろ、それを前提にどうするのか、という話なんです。

 

 

■黙っていても自分を好きになる人は自分と「同レベル」

 

そもそも「好きな人に好かれない」人たちの主張をよく聞くと、「私は決してモテないわけではないけど、格下の男と付き合う気はないのよ!」という本音が見えます。

 

そのくせ、「なぜこんなに手あたり次第なのかしら」って考えるんですよね。自分がどう見えているのか、自分に何を求められているのか、知らなさすぎる人が多い。今の時代、ビジネスだって気合と気力だけでガーッとやっても、たいてい徒労に終わりますね。マーケットを見極め、自分の餌を好む魚がいるところで釣りをするべき。餌を変えるのか、釣り場を変えるのか。いずれにしても「釣れるところ」で釣らないと意味がないのです。

 

結婚相談所で日々たくさんの恋愛相談を受ける中、先日、こんなことがありました。彼女は、外資系の会社で働く有名大学卒業の28歳。大手企業に勤めているわけですが、恋愛経験がほとんどないのに、なぜか上から目線なんです。「自分と同等以上の男じゃないと無理。子会社以下の連中と結婚なんてありえない!」というエリート至上主義。それなのに、条件の良い相手を紹介すると、「好きになれない、恋愛対象にならない!」。そんな彼女に、「アラサーにもなって恋愛経験もロクにないのに、仕事も恋愛もバリバリの『デキリーマン』なんて捕まえられないわよ!」と助言をしていたのですが、結局4歳年上の先輩社員に恋をしてしまいます。

 

なんとか食事デートを取り付けてきたけれど、話を聞いているとどうも恋愛関係とは思えない雰囲気。「2回目のデートもOKしてくれたから絶対に私のことが好きなんだ」と豪語していましたが、結果、3回目のデート冒頭で撃沈! 「かわいい後輩だとは思っているから断れなかったけど、彼女とは思えない」ですって。そもそも同じ部署の年下女性をここまでストレートに振りますか? おそらく、何度もNGサインを出していたのに、まったく気づかなかったのね……。

 

あえて言いましょう。多くの場合、黙っていてもあなたのことを好きになってくれる人は、あなたと同レベルです。「こんな格下男と恋愛なんて無理!」と言う人は、まずその現実を認めましょう。好きな人に好かれないのは、「格上の人を射止めたいと思っている」ということ。別に、自分の理想を下げて、「格下の男にしておきなさい」と言っているわけじゃありません。今自分はどこにいるのか、まず身の程を知りましょうというわけです。

 

そして、格上の男を狙うなら、戦略を立てなければいけません。格上の男が連れて歩くのはどういう女性か、徹底的に研究しましたか? ありのままじゃダメ。ターゲットに合わせて自身をチューニングしていく、自分を変える覚悟があるならね。

 

 

■あなたは結婚したいのか、それとも恋愛したいのか

 

追いかけて、追いかけられて進んでいく恋愛のイロハがわかったところで、もう一つ大事なことをお聞きします。それは、あなたが結婚したいのか、恋愛したいのかということです。結婚適齢期になり、「好きな人から好かれないのに、好きでもない人からは好かれる」なんて、いつまでも恋愛を先延ばしにしている場合ではない。だから、今まさにボヤいているわけですよね。

 

前述のとおり、恋愛は好きな人を追いかけるところからスタートします。こっちを向いてくれない人を追いかけ、振り向いてくれたら両想いになって、お互い好きになったことを確認でき、やっと付き合うわけです。だから、恋愛結婚するには平均4年半かかると言われています。そして、頑張って両想いになったときが恋愛のピーク。そもそも恋愛には目的がないんです、気持ちの話ですから。付き合って結婚したらいちばん良いけれど、もしかしたら、不倫だってセックスフレンドだって良いかもしれない。だって好きなんですから、それが恋愛の本質でしょう。

 

婚活しながら婚活外で出会った相手と恋愛するケースは、実は昔からよくあります。メイクや服装が垢抜けて、婚活アドバイザーに恋愛指導を受け、たくさんのお見合い相手とコミュニケーションをとるので当然。少しずつ恋愛レベルが上がっていますからね。

 

一方、婚活でぶち当たる壁が、「どうしよう、OKをもらったけど、相手のこと好きじゃないです」という気持ち。今まで恋愛として実践してきたこと、もしくは「恋愛とはこういうもの」だと習ってきたことと違うから、びっくりするのでしょう。結婚を見据えた恋愛は、ただの恋愛とは違います。結婚相手の「見定め期間」です。出会った相手を結婚相手として見定められたら、イチから関係を築き、結婚生活をピークにもっていくのが目的だからです。

 

恋愛と結婚は似て非なるもの。考え方が違うからこそ、恋愛脳から結婚できる脳にマインドチェンジするのが必要なんですね。そして、その相手は、あなたのことを好きな人でしょうか。あなたが好きになる人でしょうか。一緒にいてドキドキする相手でしょうか、結婚生活の条件を備えた人でしょうか。まずは一度、考えてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

植草 美幸

ファッション発信基地・青山で 1995年に、アパレル業界に特化した人材派遣会社株式会社エムエスピーを創業。その後2009年にその人材派遣業で培ったマッチング能力・人材発掘能力を生かし結婚相談所マリーミーを設立...

植草 美幸のプロフィール&記事一覧
ページトップ