オードリー若林「エンジョイハラスメント」とはよくぞ言ってくれた! オンでもオフでも楽しさを押し付ける風潮に辟易

ライフスタイル

 

賢明なるcitrus読者の皆さまは「エンジョイハラスメント」なる言葉をご存じだろうか?

 

日刊大衆によると、という。

 

当番組は、さまざまな分野で活躍中の女性が登場し、その仕事ぶりやプライベートに密着するという内容で、この日の放送では、ファッションブランド『H&M』のPRマネージャー・室井麻希さんの多忙な生活をフィーチャー。室井さんは、華のある仕事は同じチームメンバーに任せるスタイルで、みんなが楽しんで仕事をすることを一番に考えている……のだそう。

 

だが、「朝起きて“会社に行きたくないな”と思わないでほしい」と語る室井さんに対し、若林がこう反論。

 

「朝起きて“仕事楽しいな”みたいなのを、俺は“エンジョイハラスメント”って呼んでいる」

 

「“だりぃな”と思いながら仕事の現場に行って、ちゃんとやって、“これで良かったかな?”くらいで帰ってもいいじゃん」

 

実際、若林はネタをつくる作業が「全然楽しくない」と語り、ライブが終わったあと、「まぁ良かったかな」と思う程度でやっている、と自身のスタンスをも語った……ようである。

 

この若林発言はネット上でも賞賛の声が多い様子で、私も彼が力説する「仕事との距離感」には猛烈に同意する。

 

まず、原稿書くのが楽しいだなんて一度も感じたことない。まだ趣味で描いていたころはあれだけ楽しかったイラストも、仕事として発注されたら机に向かうのが嫌になってしまう。

 

仮に、私が大ファンの女性タレントにインタビューができることになったとしても、現場に到着するまでのメンタルは「嬉しいな!」ではなく「めんどくせえなぁ…」だ。大ファンのAV女優と、インタビューどころかセックスまでできるのなら、さすがに「楽しみ〜!」になるのかもしれないけど、プロのAV男優ってことになったら、そう易々と“エンジョイ”するわけにもいかないだろう。

 

仕事はもちろん、プライベートも例外ではない。とくに最近は、休日のオフタイムでも“リア充”をやんわりと強要する風潮が顕著化している気がする。いいじゃないか。別に、自転車に乗って街や高原を散策したり、ちょっとマニアックなスポーツにチャレンジしたり、お洒落カフェで食べ歩きしたりしなくても……自宅で寝だめでもくわえ煙草でパチンコ三昧でも全然かまわないではないか。

 

……みたいなことを書いていて、ふとわかったことがある。2週間ほど前に、ここcitrusにアップした『』というタイトルのコラムで、私は

 

Googleをはじめとする、外資系のパソコン・スマホまわりで稼ぐ企業の広告が、なんとなくいけ好かない。

……と書いたが、その「なんとなく〜」の正体が、やっと判明したのである。そう。これら一連の広告がかもし出す「プライベートのエンジョイハラスメント」感が、私にはどうしても受け入れられなかったのだ。

 

一挙に心のモヤモヤが吹っ飛んで、気分は爽快! 若林さん、素晴らしい天啓を与えてくださり、本当にありがとうございましたm(_ _)m

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ