女性陣からわき起こる「男が女を守るって何?」という疑問

人間関係

亀山早苗

 

■守ってもらう必要はない

 

「オレがきみを守るよ」という言葉、言われたら目がハートになる女性は今もいるかもしれない。だが、大人の女性たちの間では、「男が女の何を守るの?」という話になっている。

 

「たとえば、『パートナーの名誉を守るための手助けをする』というならわかるけど、一方的に男は女を守るものだと言われると、その裏に『だから黙ってついてこい』というニュアンスが見えますよね。それを今の時代、よしとする女性がどのくらいいるのかなと思ってしまいます」

 

ナツミさん(33歳)はそうつぶやいた。彼女自身、かつてそういう男性と付き合ったことがあるのだという。

 

「オレはきみが大事だから、世間の汚いところを見てほしくない。だから就職なんかしないで結婚しよう、と当時付き合っていた人に言われたことがあるんです。学生時代、バイトしていた先の社員でした。私にしてみたら、『はぁ?』という感じ。私の人生を勝手に決めないでよと。速攻で別れましたけど」

 

子どもは親が守ってやらなければ生命が維持できない。だが恋愛の場合、相手は大人である。完全に庇護するのは無理だし、それは支配につながっていく。

 

 

■何から守るのか

 

芸能人の場合、心ない中傷やメディアからの追及などから、「きみを守る」ということはあるかもしれない。だが、一般的に「オレがきみを守るよ」と言ったとしたら、それは非常に漠たるものでしかない。

 

「女性を守れる強い男性を意味するのか、それは体力なのか精神力なのか……。まるきりわかりませんよね。男性が自分に酔うために言っているとしか思えない」

 

ナツミさんはそう言って笑う。ただ、そういう気概をもつことで、「男が男でいられる」という側面はある。それがいいか悪いかは別としてだ。

 

「頼りたい女性と頼られたい男性がカップルになるのはいいけど、女性がみんな『守ってもらいたい』と思っているわけではない。女性はそういうものだと思い込まないでほしいですよね」

 

ナツミさんの意見は、多くの女性が感じている本音だ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

亀山早苗

明治大学文学部演劇学専攻卒業後(専攻は歌舞伎)、雑誌のフリーランスライターに。 ライター歴、もうじき30年。離婚歴1回の現在独身。長い間、男女関係に興味を持ち続け、さまざまな立場の男女に取材を重ねてきまし...

亀山早苗のプロフィール&記事一覧
ページトップ