「SMAP」について語るのはもう終わりにしよう

エンタメ

 

citrus編集部から「しばらく世の中はSMAP話が続くと思います。なので『私が考えるSMAP論』みたいな感じで、ゴメスさん視点から今回の騒動を論じていただけないでしょうか」という依頼をいただいたのだが、正直なところ私は困っている。

 

なぜなら、ゴメス的にSMAPの話題は「すでに終わっている案件」であり、私は今、どちらかと言えば、そーいう脳天気なことをもっともっと書きたいのだ。つまり、この段階でSMAPに関して私が唯一、世に問いたかったのは真面目な話、先日ここcitrusでアップした「」のみ、以上!──なわけで、より嘘偽りない個人の本音を言わせていただくと「なんで五輪や高校野球真っ盛りなこの時期に解散? 迷惑な…」だったりする。

 

今年1月に“独立騒動”が報じられて以来、「私のSMAP論」は一貫してブレていない。

 

SMAPの育ての親的な敏腕マネージャーがジャニーズ事務所退社を決断する→その敏腕マネージャーはSMAPも一緒に引き抜いての“独立”を企てる→SMAPが引き抜かれることを避けるためジャニーズ事務所側はあらゆる抵抗手段を試みる→キムタクのみがジャニーズ残留を表明する→「SMAP」としての存続が困難となり、4人が独立後「SMAP」の名前を使うことも不可能になる→「SMAP」にこだわる造反4人組(おもに中居)がやむを得ず“残留”を決意する→禊ぎとしてジャニーズ事務所側から5人揃っての公開謝罪を強要される

 

キムタクが敏腕マネージャー以上にジャニーズ事務所への恩義を重んじたのは、それはそれで正しいと思うし、「公開謝罪」はたしかに見ていて痛々しかったが、トップみずからが“ドル箱商品”の社外流出を食い止めようと知謀策略を張り巡らせるのも、ある意味「企業として健全な在り方」だとも思う。

 

そして、そんな魑魅魍魎が巣くう“大人の駆け引き”が錯綜するなか、“一社員”でしかないメンバーそれぞれが翻弄され、ときに“判断ミス”を犯してしまうのも無理はない。キムタクも中居クンも慎吾クンもジャニーさんもメリーさんも……誰も悪くない! あえて「悪者」を挙げるなら、SMAPまでを巻き込んで騒動を膨らませてしまった敏腕マネージャー? これが私の持論である。

 

そりゃあ、私なりにSMAPが解散してしまうのは残念だ。「SMAP」ってグループ名は響きもすごくカッコイイし、数あるジャニーズグループのなかで、メンバー全員のフルネームを漢字で書けるのは、私の場合いまだSMAPだけ(草彅剛の「なぎ」は除く)だし、どのメンバーもイラストレーター的には描きやすい顔ばかりで、容姿だけじゃなく銘々のキャラだって抜群に立っている。

 

ただ、ここまでこじれちゃったら、さすがにもうダメだろう。『スマスマ』で5人が顔を突き合わせているときの、思わずチャンネルを変えてしまいたくなるような“妙に張り詰めた空気”からも「もはや修復できる段階ではない」ことくらい、我々“素人”ですら読み取れる。だったら、いっそ解散しちゃったほうがマシなのでは……と私は薄々感じていた。現に、この“最終決定”を聞き、私同様に内心ホッと胸をなで下ろしている視聴者も殊のほか多いのではなかろうか?

 

もし、SMAP各メンバーの「ソロとしての将来」を本気で思いやる気持ちが一片でもあるならば、一日でも早く彼らを「SMAP」の呪縛から解き放つため、有象無象なゲスの勘ぐりはほどほどに、「長い間、ご苦労さまでした」の一言で、“フェイドアウト”を促して差し上げるべきだと私は考える。テリー伊藤も言っていたとおり「25年もやっていればなんらかのトラブルも生じてくる」のが、むしろ自然なのだ。

 

……ってなわけで、SMAPへのささやかなるオマージュの意を込め、私がメディア上でSMAPについて語るのはこれでおしまいにしておきたい。18日のバドミントン女子ダブルス決勝が楽しみでしょうがない。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ