「家族が笑っているから幸せ」「両親が生きているから幸せ」…そんな“世界一幸せな国”に愛された日本人とは?

エンタメ

citrus 編集部

(C)ytv

向井理がナビゲーターを務めるドキュメンタリー『ブータンが愛した日本人 向井理が見た、幸せの国のキセキ』が2月4日(日曜日)15時~16時25分に放送される(読売テレビ・日本テレビ系)。この番組は海外で偉業を成し遂げ、その国の人々に愛され続ける日本人を掘り下げていくシリーズ第3弾。2016年放送「キューバが愛した日本人」、2017年放送「ドイツが愛した日本人」は、高い評価を受けた。
 

(C)ytv

今回スポットを当てる人物は、ブータン王国に農業技術を伝授し、国王から「最高に優れた人」を意味する“ダショー”の称号を与えられた日本人・西岡京治。1964年に海外技術協力事業団の専門家としてアジア最貧国の一つで食糧自給が困難だったブータンに派遣された西岡は28年間にわたって支援活動に従事し、大きな農業革命をもたらした。彼が伝えた農業技術は、現在のブータン国民の生活を支えている。

 

ブータンで西岡の足跡を追った向井が、現地で感じた思いや番組の見どころを語った。

 

 

 

■決して怒らず、決して日本語を話さない日本人

 

(C)ytv

「西岡さんがいかにブータンに貢献し、人々に愛されているかと肌で知ることができました。西岡さんが開発した村の人たちはもちろん、町の市場では西岡さんが伝えた作物を育てて市場に並べているという人もいて、西岡さんはブータンの人々の生活に根付いていました。西岡さんと直に接した方々にもお話を聞くことができました。その方々によると、西岡さんが怒ったところをまったく見たことがないそうなんです。『西岡さんに何か日本語を習いましたか?』と尋ねたら『西岡さんはすべてブータンの言葉で話すので日本語を聞いたことがなかった』と言われました。普通ならコミュニケーションを取る上で言葉の壁があるはずなのに、それを最初からなくすように努力されていたのは、すごいことだと思います。あと、西岡さんは一時的な支援ではなく、自分がいなくなってもブータンの人々が自活できるように技術を根付かせることを目標にしていた人なんだということを強く感じました」


また、向井は「世界一幸せな国」と言われるブータンの若者たちに話を聞き、彼らならではの幸せの価値観を感じたという。


「失業していたり、学校に行けなかったり、好きな仕事に就けていないといったネガティブな問題を抱えている人は多いです。でも『幸せですか?』と聞くと、皆さん『幸せです』と言うんです。僕はお祭りの時期に行ったんですけど『お祭りに参加できることが幸せ』という答えや『家族が笑っているから幸せ』『両親が生きているから幸せ』という答えが返ってきました。それは、彼らには“幸せは自分一人だけのものではない”という考え方があって、僕ら日本人の思考回路とはちょっと違うんだなと思いました。家族の結び付きがすごく強いということもあるでしょうね」

 

 

■勤勉で実直…日本人のアイデンティティを象徴している

 

(C)ytv


初めて訪れたブータンで触れる文化も、向井にとっては興味深いことが多かったようだ。


「行く前から食べ物が辛い国とは聞いていて、実際に辛かったんですけど(笑)、そんなに辛過ぎず、おいしかったです。基本的に米が主食で、米が好きな僕には合っていたのかもしれません。ちょっと太って帰ってきたぐらいです(笑)。あとは、どこに行っても仏教の思想が感じられました。人々の考え方が、仏教に則っているんです」


「キューバが愛した日本人」に続いて、このシリーズには2度目の出演となる向井。異国の地で粘り強く努力を重ねてその国の人々に愛される存在にまでなった日本人の功績を、日本人の一人として多くの視聴者に伝えたいという思いは強い。


「西岡さんが亡くなった時、西岡さんの奥さんに前国王からかけられた言葉があって、そこに西岡さんの生き方を物語るものがあり、番組の締めのコメントに引用させていただいています。キューバに行った時にも感じたことなのですが、人の思想や努力はずっと残るんだと今回強く感じました。西岡京治という日本人が、敬虔な仏教国家であるブータンで認められた唯一の外国人であることをすごく誇りに思います。勤勉で実直で、その国を心から愛し、自分の生活を捧げ、さらにその国を発展させた西岡さんは、ずっと将来のことまで考えて、当初考えていた以上のものを残しています。そこには、日本人のアイデンティティが象徴されているような気がします。ブータンで“ダショーニシオカ”と言ったら通じる人もいるくらい、ブータンの人は日本人に対して好意的です。それは西岡さんのような人がいたお蔭であって、それは日本人として大事にしたいと思います。普段あまり行くことができない国ではあるかもしれませんが、そういう所で自分たちの国の先人たちがいるということを誇りに思っていいのではないでしょうか。グローバリズムの中で他の国と接することが多くなり、改めて日本人のアイデンティティを感じていただける作品になったと思っています」

 

(C)ytv

 


『ブータンが愛した日本人 向井理が見た、幸せの国のキセキ』
2月4日(日曜日)15時~16時25分
ナビゲーター:向井理
読売テレビ・日本テレビ系放送

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ