各方面に失礼すぎる!オリラジの「究極の変態写真集」

エンタメ

ジェンダー問題に関しては、

 

「あまり敏感に反応し過ぎない」

 

のが、私の一貫した姿勢であるが、そんな私ですら「コイツはやっぱあかんやろ!」と、ので、ここに報告しておきたい。

 

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦と藤森慎吾が「同性どうしの同棲」を演じた写真集が9月2日に発売される。

 

「もし、オリエンタルラジオのふたりが一緒に暮らしていたら…」という設定のもと、中田と藤森が「ふたり暮らしの一週間」をBL(ボーイズラブ)風に演じた、オリラジ初の写真集なのだそう。

 

「オリラジのディープなファンは写真集が欲しくなるほどオリラジの外見が好きなのか?」「中途半端なハンサム二人の際どいカットで構成された写真集がどれくらいの需要を生むのか?」とツッコミどころは満載だったりするのだが、そこはまあ今回置いておいて、問題となっているのは、版元(KADOKAWA/角川書店)が同写真集を「究極の変態写真集」という文言で打ち出していることで、それに対し「同棲している同性=変態ということなのか?」「同性愛者差別ではないか」……などの疑問や批判の声が一部で上がっているのだという。

 

このような事態を重く見た写真家の青山裕企氏とKADOKAWA文芸編集部は、以下のような釈明をする。

 

(「一応の誤解のないように」としてから)「究極の変態=同性同士の同棲という意味ではなく、端的に言えば、青山=変態的な視点という意味なので、よろしくお願いいたします」(青山裕企氏ツイッター)

 

「本書の製作において『同性どうし』“だから”『変態』という意識はみじんもありません。『変態』ということばは、『青山さんの写真表現』に依るものです」(KADOKAWA文芸編集部(公式)ツイッター)

 

いかにも後付け的な恰好悪い言い訳で、おそらく軽いノリから単に「変態」という言葉の強さをセールスポイントとしてチョイスした感はプンプンただよってくるが、百歩譲って最初からこの「変態」を100%「青山(さん)」にかけていたつもりならば、あまりにも言葉足らずだと断じざるを得ない。「キャッチコピーは長文になればなるほどインパクトは薄くなる」という理屈もわからなくはないけど、せめて

 

「究極の変態写真家が撮る今までにないオリラジ」

 

くらいの説明的な言い回しは必要だった。つまり、青山なにがしという写真家の世間的知名度を、発信者サイドが読み間違ってしまっているのだ。

 

たしかに“その世界”では有名なヒトなのかもしれない。だが、一応ギョーカイの傍らに所属する私でも「名前は聞いたことあるような、ないような…」程度の認識だったりする。ゆえに「変態=青山」が頭の中で直結しない。一般の人たちだったらもっと無理だろう。これが仮に篠山紀信だとかアラーキーだとか加納典明クラスでも直結しないと思う。だって、カメラマンはタレントじゃないのだから。大半の市民が、普通の日常生活を送るにあたって「この写真集は誰々が撮りました」なんて“注意書き”は、基本“いらない情報”なのである。

 

「変態」が「同性どうし」ではなくキチンと“本人”に直結するクラスの知名度とイメージを持つのは、もしかすると日本では江頭2:50くらいなのではなかろうか? それでもテニスやバドミントンで言う「チャレンジ」レベルの、ギリギリ「アウト・セーフ」の当落ラインといったところ……という現実に変わりはない。

 

そもそも、「変態」という言葉を安直に“褒め文句”として捉え、ノーガード状態で多用する昨今の風潮が気にくわない。BL程度で「変態」を自認するのは、「公然露出」や「夫婦交換」や「流血」や「食糞」ランクの行為を当たり前のように性行為に取り入れる、高い極みに到達した“ホンモノの変態”に失礼だ、と私は声を大にして訴えたいのだ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ