紅白出場、CM出演…竹原ピストルがここまでブレイクしたのは“超体育会人間”だったから!?

エンタメ

citrus 編集部

お笑いタレントのみに留まらず、司会・俳優・脚本家・作詞家……ほか、多彩な顔を持つバカリズム(41)がメインMCを務める話題のトークバラエティ番組『バズリズム02(バズリズムツー)』(日本テレビ系/毎週金曜日24時59分~25時59分。ミュージックサポーター:マギー、進行:日本テレビアナウンサー・佐藤梨那)。

 

(C)NTV

番組内では、毎回ゲストに迎えるアーティストの音楽活動(=A面)だけではなく、「普段は絶対に見せない音楽以外の熱い一面(=『アッチ側』という名のB面)をダダ漏れさせること」を主旨とし、出演アーティストの新しい魅力を再確認できる、充実の内容となっている。今回のゲストは、俳優としても活躍するシンガーソングライターの竹原ピストルさん(41)。

 

『バズリズム02』連動企画

【バズリズム×citrus】vol.13~竹原ピストル編~

2月9日(金)24:59~(地域で放送日時は異なります)

(C)NTV

飛躍の年であった去年は、ドラマ主題歌・CM出演……さらには紅白歌合戦にも初出場。その「ギター一本で感情を刺激する」と評されるパフォーマンスに、SNS上では「心の底から熱くさせてくれる本物のうた」「もっと浴びたくなる優しい言葉」……ほか諸々、“やられる人”が続出。無骨でありながら、どこまでも真っ直ぐなノドで世間をわしづかみにしているアーティスト──そんな竹原ピストルさんのB面は、「体育会系が出そうだけど抑えている人間」。思わず「体育会系ですね~」とバカリズムが唸ってしまうほどの礼儀正しい体育会系を匂わせるお辞儀を繰り返しながら、早くも体育会系が抑えきれない状態で登場。

 

「なにかを人に伝えるのが苦手なのでカンペを参照させていただいて…」と、見た目とは裏腹にかわいらしい一面を覗かせる竹原さん。バカリズム・マギー……と、たった2人しかいない共演者までメモしてくる律義さで、章立てしながら(各章ごとのタイトルが、またユニークでユーモアたっぷり!)、ご自身の“B面の由来“を丁寧に解説。

 

(C)NTV

序章の「私はこうして私になった」では、竹原さんがどうしてここまでゴリゴリの体育会系になってしまったのか、ボクシング部時代のエピソードを交えて……。先輩の、とある粗相で眉毛からつ〜っと血が垂れるほどのケガをしてしまったときも、「いてっ!」とは言えず(←「タメ口だから」という理由)、「押忍」の一言でじっとこらえるのが日常茶飯事の、超硬派な環境のなかで大学生活を過ごしたのが、その理由……なのだそう。

 

そして、第二章は「教育の恐ろしさ」。たしかに礼儀は大事だけれど、その行き過ぎた“教育”から解放された大学卒業後、バイト先で世間と自分との“常識”のギャップにはじめて気づいた……と告白。あまりの過剰な挨拶や相づちに、周囲からは「ウザい」「そーいうのやめて」とクレームが続出──そこでようやく全身に染みついた体育会系気質を封印したんだとか……。

 

しかし、今でさえついつい持ち前の体育会系気質がうずくときもあるようで(第三章「後遺症との戦い」より)、大好きで尊敬している先輩と久々に飲んだりしたら、「本気出しちゃおうぜ!」といった“魂の叫び”と葛藤してしまうのだという。酒の席がお開きになりそうなことを察知したら、迅速に車を呼び、後部ドアの開閉後あいさつをして、車が見えなくなるまで頭を下げ続けるのが理想らしい。「そこまでいったら後輩ではなく、若い衆でしょ!」「体育会系じゃなくて任侠の世界でしょ」とさり気なくツッコミを入れるバカリズムに大いなる共感を覚えてならない(笑)

 

体育会系をストレスなく(?)存分に発揮しまくることができる、一番居心地のいい環境は、結局「ボクシング部のOB会」なのだと竹原さんは語る。どんな状況でも周囲をしっかりと観察しながら、その都度その都度に先を読んだ行動を取る──常に、習性として人の気持ちを考えて動く、体育会系で培ってきたB面こそが、我々のハートを虜にして離さない、ソウルフルなA面の源泉となっているのだろう。

 


(C)NTV

【番組概要】
アーティストが兼ね備える「集中力」や「のめりこみ」は、当然「音楽」に注がれる。だからこそ、一流に駆け上る。そのパワーは、別の分野にも注がれていることが実は多い。しかも、本人は全然フツーと思っていても、周りから見ると驚きに満ちていて…!
 
番組では、誰もが知っているアーティストの音楽活動=A面だけでなく、人知れぬ意外な性質=B面をピックアップ。観終わると、思った以上に、思いのほか、アーティストの魅力に気付き、アーティストが好きになってしまうのです!
 
【放送日時】
毎週金曜深夜
※各地域で放送日時は異なります。

 

【公式ホームページ】


【MC】バカリズム
【ミュージックサポーター】マギー  
【進行】佐藤梨那(日本テレビアナウンサー)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ