いざというとき切り札に! 難しい場面を切り抜けられる必殺フレーズ

人間関係

citrus 編集部

想定外のシチュエーションでとっさに言葉が出ない、本当の気持ちがうまく伝えられない、いつも言われっぱなしでつらい…とお困りの方はいませんか。よく困りがちな場面でも、あらかじめ言葉を用意しておくとスムーズに発言できるものです。普段からシミュレーションしておくとフレーズをご紹介します。

 

 

 

「言いづらい」が原因で、ストレスを溜めたり事態をさらに深刻にしたりしているケースは山ほどあります。「言いづらい」を乗り越えるコツをつかむために、具体的なシチュエーションをあげつつ、繰り出したい7つのフレーズをご紹介しましょう。

 

 

 

 

自分の主張をきちんと伝えて、それでいて無駄に事を荒立てない――。たとえ相手にとっては耳が痛かったり面倒だったりすることでも、怒らせずに聞く耳を持たせるには、どうすればいいのか。3つのステップで考えてみましょう。

 

 

 

 

小さく困らされるのが、どうでもいい話を延々と続けられる状況。よく遭遇するのは、こっちの興味をまったくそそらない自分語りでしょうか。「どうでもいい自分語り」を例にあげつつ、どうでもいい話の腰の折り方を考えてみましょう。

 

 

 

 

ホメられて嫌な気持ちになる人はいません。しかし、明らかにお世辞と分かれば相手は微妙な気持ちになりますし、言う方にもストレスがたまります。どんなときでもどんなものでもホメることができれば安心です。

 

 

 

 

ムカつくことを言われ、うまく言い返せずにストレスがたまった経験はありませんか。理論や道徳が通用しない、常軌を逸した相手に対して使いたい迎撃フレーズをご紹介!「常識的ではない力技」も含まれますので、使用する際には自己責任で。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ